「2019年初渓流釣り」

// 2019-03-01 // 経営, 釣り

2月16日下伊那漁協の解禁日に合わせて初釣行に行ってきました。今年は殆ど雪がないので楽な釣行でした。まずはスタートの大淵で25センチのイワナをゲットです。今日は釣れる予感です。そして、開始1時間で大きな引きです。細くて柔らかいハヤ竿で何と尺イワナを釣り上げました。少し痩せていますが32センチの大イワナです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さて、次々に大きな魚が釣れます。アマゴも24センチが釣れました。昨年9月大雨であまり釣れなかったので大きな魚がかなり残っているようです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この日は最終的にイワナ13尾、アマゴ12尾のまずまずの釣果でした。上の写真右の上から2番目のイワナも27センチありました。左の1番上のアマゴが24センチです。刺身サイズ、燻製サイズのオンパレードでした。
さて、釣り終了後は強運庵で釣果を賞味します。まずは昨年9月以来の生魚の塩焼きです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さて、20センチ以下の小型の魚は唐揚げです。外はパリパリ、中ジューシーの唐揚げは絶品です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして、最後はイワナの昆布締めの刺身です。これも絶品ですよ。甘くて美味しいです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さて、今年もスタートした渓流釣り、何尾尺超えが出るのか?楽しみです。強運庵の壁に飾ります。
さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)

社長ブログランキングに参加しております。
応援していただける方はクリックお願いします。