Archive for: 釣り

「調子が戻ってきた海釣り」

// 2021-06-11 // 釣り

例年は6月・7月が美味なイサキ釣りの季節ですが今年は温暖化の所為か5月からイサキ釣りができました。昨年のイサキ釣りは超不調でした。
今年もあまり期待せずに行きましたがスタートからポツポツ釣れます。しかも、超特大の40センチオーバーで腹パンのイサキばかりです。お腹には卵か白子が一杯なはずです。美味しそうです。下の写真の様にイサキはいつ見ても目がクリクリでとても可愛いですね。

さて、この日は6名で乗船しましたがトータルイサキが33尾、その他にも特大のサバ、ウマヅラなどが釣れました。私はイサキを7尾とウマヅラ1尾釣りました。

釣り終了後は強運庵で釣果を賞味します。まずは刺身、そして塩焼きです。今年のイサキは久しぶりに脂がのっていてとても美味しいです。そして、白子をアルミホイルで焼いて食べました。とてもクリーミーで美味しいです。

さて、イサキを自分で捌いて昆布締めと炙りと煮つけを作りました。そして、卵は煮つけ、白子はソテーで食べました。サバはシメ鯖の炙りと煮つけで食べました。下の写真は右がシメ鯖の炙りで左がイサキの昆布締めです。言葉では表現できないほどの絶品です。

今年は後3回イサキ釣りに行く予定です。

今日の所感: 旬の魚は最高です。

SMCグループの「キャッシュを増やす塾」を是非体験してください。
この塾に参加すればドンドンキャッシュが増えて良い会社になっていきますよ。
cashbnr

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正

「渓流釣り梅雨本番」

// 2021-05-28 // 釣り

例年より3週間も早く梅雨入りしました。渓流釣りにとって梅雨入りは大チャンスです。川が増水して渓流魚の活性が上がるのです。
さて、久しぶりに高山方面へ遠征してきました。普段行く源流域ではなく中流域へ行ってきました。中流域での釣りは上手に仕掛けを流さないと釣れません。普段はあまり仕掛けを流さないのでギクシャクした流しであまり魚が釣れません。それでも大きなプールのポイントへ来ると極秘釣法で大爆釣します。

上の写真は24センチのヤマメと23センチのアマゴです。何とこの川はヤマメとアマゴの混生域でした。これらの魚は刺身と昆布締めで食べました。しかし、不得意な釣りで釣果は15尾と低調でした。
さて、翌週です。前日の大雨で大増水しています。川を上ることが出来ず、堰堤などをピンポイントで釣り歩くことにしました。
下の写真は大増水した堰堤です。手前の石に座って真ん中の石裏を極秘釣法で狙います。

大増水で魚の活性が上がっているはずです。最初はアタリも小さくなかなか釣れませんでした。しかし、10分ぐらいすると頻繁にアタリが出るようになってきました。極秘釣法で活性もピークになります。何と6連荘でアマゴが釣れました。最大は23センチのアマゴ、イワナは25センチが釣れました。結局この堰堤でイワナ14尾・アマゴ12尾釣りました。大爆釣でした。

さて、梅雨本番、尺イワナ・尺アマゴを釣るぞ~!!

今日の所感: 尺イワナ・尺アマゴを釣り上げます。

SMCグループの「キャッシュを増やす塾」を是非体験してください。
この塾に参加すればドンドンキャッシュが増えて良い会社になっていきますよ。
cashbnr

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正

「続いている絶不調の海釣り」

// 2021-05-07 // 釣り

月1回の海釣りが相変わらず絶不調です。4月の海釣りも40センチ弱のヒラメ一枚で終了しました。下の写真、右がヒラメを持っている私です。

しかし、復調の兆しはあります。3月までは貸し切りの釣り船全体が絶不調でした。最悪は乗船者全員が坊主もありました。しかし、今回は4名が1メーター前後の超太った鰆を釣りました。下の写真右が美人の曽我さんです。釣りを始めて1年半ですが毎回、大物を釣ります。美人好きな魚が多いのかな。曽我さんはとにかくツキがありますね。

私は鰆が釣れませんでしたが、5月は大物を釣るぞ!!
さて、釣ったヒラメは久しぶりに自分で捌きました。

ヒラメは背中の真ん中に包丁を入れ左右に分けて背骨から切り離します。同じようにお腹側も左右に分けて背骨から切り離して5枚におろします。

上の写真のようにほぼ完璧に捌けました。4つの短冊には上手くエンガワも残り美味しくいただくことが出来ました。このヒラメは刺身と昆布締めで食べました。もう少し大きければ腹側をムニエルで食べると最高だったのになあ。

今日の所感: 自分で釣った魚をハイボールで食べると最高の幸せです。

SMCグループの「キャッシュを増やす塾」を是非体験してください。
この塾に参加すればドンドンキャッシュが増えて良い会社になっていきますよ。
cashbnr

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正

「これも絶不調の渓流釣り」

// 2021-04-14 // 釣り

2週間ぶりに4月3日に渓流釣りに行きました。今年は絶好調だったので意気揚々と行ったのに全く当たりがありません。極秘釣法を駆使しても全く当たりません。最初の川では私も水野君も坊主でした。
そこで、1時間30分ほどかけて大きく川を移動していつも行く川へ行きました。9時30分ごろに着き、釣り開始です。何と、この川でもアタリが全くありません。3時間ほど釣って私がアマゴ1尾、水野君は相変わらず坊主でした。
そして、最後の頼みのホームグラウンドで釣りを始めました。私はその川で13尾、水野君が6尾釣って終了となりました。

私は上の写真の通り、最終的にイワナ2尾とアマゴ12尾でした。写真の右上のイワナが24センチでしたので刺身にして食べました。
ここ5年間ぐらいでこれほど調子が悪い日はなかったので2日後の4月5日に仕事を早めに終わらせて半日だけホームグラウンドで釣りをすることにしました。
最初は調子よく釣れましたが途中から釣れません。特に下の写真のような白泡から瀬の流れで全く釣れないのです。

大きな淵やプールではポチポチ釣れますが思うように釣れません。それでも浅~い滝壺で強烈なアタリがあり27センチのイワンを釣り上げることが出来ました。このイワナは炙り刺身で美味しくいただきました。

この半日の釣果はイワナ2尾・アマゴ13尾でした。やはり、釣果は今一でしたね。
今日の所感: たまには不調もありますね。

SMCグループの「キャッシュを増やす塾」を是非体験してください。
この塾に参加すればドンドンキャッシュが増えて良い会社になっていきますよ。
cashbnr

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正

「絶不調の海釣り」

// 2021-04-02 // 釣り

私は1ヵ月に3回渓流釣りへ行き、1回は海釣りに行くようにしています。渓流釣りはドンドン進化して好調なのに、海釣りは絶不調です。
3月27日に5時集合で海釣りに出かけました。最近は海釣りは釣れない予感がしてあまりワクワクしません。
さあ、出船です。1時間以上かけて大山沖へと向かいます。

11名乗りの船を6名で貸し切って三蜜を避けての釣行です。波も無く天気も良さそうです。途中で朝日も登り、絶好の釣り日和です。

さあ、大山沖について、釣り開始です。活きたイワシで泳がせ釣りです。やってみますが全く当たりがありません。今日も嫌な予感がします。
1時間ほどしてアタリがありましたが魚がのりません。イワシに歯型の傷がつくだけです。恐らくヒラメだったんでしょうね。
そして、釣り開始3時間でやっと強烈な当たりがあり、やっと魚がのりました。しかし、何となく簡単に上がってくるので魚は小さそうです。
上がってきました。待望のヒラメです。しかし、小さいです。計測してみると35センチしかありませんでした。

この日の海釣りはこの1枚のヒラメで終了となりました。6名のうち坊主が2名、私を含めた3名が1尾、何と美人の曽我さんだけが4尾も釣りました。やはり、船頭の言うことを忠実に守っているから釣れるのかな? それとも魚も美人が好きなの?

今日の所感: 船宿を変えてみようかな?

SMCグループの「キャッシュを増やす塾」を是非体験してください。
この塾に参加すればドンドンキャッシュが増えて良い会社になっていきますよ。
cashbnr

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正

「小坂めぐり」

// 2021-03-17 // 釣り

今年初めて、小坂へ釣りに出かけました。増水していて釣りの環境には最高と思って出かけました。ところが、いつも釣れる堰堤でまさかのボウズです。これはやばいと思い、川を変えて、別の堰堤に入って極秘釣法で一気に14尾釣って帳尻が合いました。

上の写真の様に如何にも釣れそうなのに何故か釣れません。まだまだ、冬という感じですね。そこで、この川に見切りをつけて大きく移動します。下の写真の様に小さな川ですがここで大爆釣します。

約3時間でイワナ20尾、アマゴ20尾、ニジマス21尾釣りました。一つの淵で18尾釣った場所もありました。これも極秘釣法のお陰ですね。この日のトータルはイワナ24尾、アマゴ34尾、ニジマス21尾で合計79尾でした。
さて、帰ってきて長谷川君と水野君と釣果を賞味します。下の写真は左からアマゴ3尾、イワナ3尾、ニジマス3尾です。3種の魚種の食べ比べをします。18センチ前後の魚を炭で塩焼きにして食べます。絶品ですね。

続いて刺身です。下の写真左からニジマス・アマゴ・イワナです。

刺身でも塩焼きでも私はイワナが一番好きですね。骨酒にされるだけあって独特の味がありますね。

今日の所感: 自分で釣った魚を食べるのは最高ですね。

SMCグループの「キャッシュを増やす塾」を是非体験してください。
この塾に参加すればドンドンキャッシュが増えて良い会社になっていきますよ。
cashbnr

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正

「久しぶりの尺イワナ」

// 2021-03-10 // 釣り

2月16日に渓流釣りが解禁して絶好調が続いています。3月2日に仕事を休んで土砂降りの中一人で渓流釣りに出かけました。暖かくて雨が降っているので結構釣れます。

上のプールで極秘釣法で何と八連続魚が釣れます。下の写真が28センチのイワナです。もしかして、尺(30センチ)あるか測ってみますが2センチ足りません。残念。

それでも、この時期でこの丸々と太った体に驚きです。さ、これは刺身で食べます。水野君に捌いてもらいました。下の写真です。体高があって海の魚のような刺身ですね。

しかも、刺身を刺身醤油につけると脂が浮きます。お~、2月が暖かかったのでよく餌を食べていたんですね。
さて、土砂降りでドンドン水かさが増えてきます。危険なのでそろそろ止めようかと思っていた時に強烈な引きが来ます。普段は岩の下に隠れている大イワナが増水で活発に餌を食っていたようです。

上の28センチより痩せていましたが31センチありました。今回も剥製にします。今年も何尾の尺越えが出るかとても楽しみです。

今日の所感: 意外に川魚も刺身が美味しいですよ。

SMCグループの「キャッシュを増やす塾」を是非体験してください。
この塾に参加すればドンドンキャッシュが増えて良い会社になっていきますよ。
cashbnr

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正

「2021年初渓流釣り」

// 2021-03-03 // 釣り

2月16日に長野県下伊那漁協が解禁しました。早速、平日でしたが解禁初日に渓流釣りへ行ってきました。午後から仕事があったので6時30分から11時まで釣りをしました。しかし、当日、下の写真のように猛吹雪です気温はマイナス1度とあまり低くありませんが吹雪の風が肌を刺します。

そして、スタートは魚の食いも渋く2時間半で3尾しか釣れていませんでした。あまりの寒さに止めようかと思っているときに下の写真のプールで極秘釣法が大炸裂しました。

最初、仕掛けを投入すると全く反応がありません。極秘釣法を継続しながら3度目に投入するとコツンとアタリがありました。そして、次もアタリがあります。3度目に20センチほどのイワナを釣り上げました。するとその後3連荘でイワナを釣りました。極秘釣法で魚の活性がピークに達します。その後もアマゴも連発して1時間ほどで11尾を釣り上げました。恐るべし、極秘釣法です。初釣行から効果絶大でした。
結局、4時間半でイワナ6尾、アマゴ15尾釣りました。イワナもアマゴも20センチ前後で大きさには少し不満が残りますが、釣果としては満足をしました。

次の釣行では数プラス大きさを追究します。

今日の所感: 今年も渓流釣りに専念します。

SMCグループの「キャッシュを増やす塾」を是非体験してください。
この塾に参加すればドンドンキャッシュが増えて良い会社になっていきますよ。
cashbnr

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正

「絶不調の海釣り」

// 2021-02-10 // 釣り

2021年12月29日5名で行った海釣り、2名は坊主、私は下の写真のワラサ1尾だけ。それでも、この1尾でお正月は刺身三昧でしたけどね。

210210_01

さあ、2021年初釣りに6名で行ってきました。ところが6名全員坊主です。これは衝撃でした。いつもの船宿を変えた方が良いかも?
そこで、あまりにも寂しいので多治見のタチヤで魚を買って帰ろうと思い、立ち寄りました。しかし、真鯛やハマチはありません。何と、マグロがあるではありませんか。名前はメバチマグロだったかな?

210210_02

50センチぐらいなので、まだ子供でしょうね。それでもトロの部分があります。

210210_03

上の写真、左上がトロです、左下が赤身、右が炙りです。お~、意外に美味しいです。しかし、丸々と太っていたので意外に量が多く、5日連続のマグロの刺身を食べることになってしまいました。
因みに捌いたのは私ではなく丸仙の水野君でした。この時、水野君がウサギのスペア―リブを持ってきてくれたので美味しくいただきました。

210210_04

今日の所感: 釣りにもスランプがあるの?

SMCグループの「キャッシュを増やす塾」を是非体験してください。
この塾に参加すればドンドンキャッシュが増えて良い会社になっていきますよ。
cashbnr

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正

「自然からの恵み」

// 2021-01-22 // 釣り

釣り仲間の水野君は猟師でもあります。鉄砲の免許を持ちシカやイノシシを捕って、その肉を毎年分けていただいています。本当に自然からの恵みです。
さて、正月明け、水野君のfacebookに2回連続、鹿が罠にかかったとアップされていました。最初が1歳の雄、2度目が1歳の雌でした。下の写真は雌の写真です。

210122_01

翌日の14時から解体ショーをやるとのことでしたので、私は解体後にお肉をいただきに行くことにしました。土岐市の田舎にある丸仙化学工業所の工場に行ってみると先客が二人いました。SMCグループのお客様です。エスケーテクノの佐溝社長と奥村タイルの奥村社長です。平日にもかかわらずお暇なお二人です。(私も行ったので人のことは言えませんがね。)そういえば、お二人ともそして水野社長もSMCグループの先行経営(MAS監査)のお客様だから業績も良いはずですね。
さて、下の写真は解体後のお肉です。

210122_02

私はロースとスペアリブとハツ(心臓)をいただいてきました。これらの肉は家族と一緒に強運庵で美味しくいただくことにします。
シカ肉はとても美味しいですが脂があまりありませんので淡白です。私は牛肉でもフィレ肉よりサーロインの方が好きです。脂身が甘くて大好きです。だから太るんですね。
さて、脂がのっていると言えばイノシシですね。イノシシ肉の脂身は最高です。豚とは全く違う香ばしい脂身です。
下の写真はイノシシを捕獲する檻です。

210122_03

イノシシさん、呼んでますよ!!

今日の所感: 自然の恵みは最高です。

SMCグループの「キャッシュを増やす塾」を是非体験してください。
この塾に参加すればドンドンキャッシュが増えて良い会社になっていきますよ。
cashbnr

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正