Archive for: 日常

「麻弓とはせ川寿司」 

// 2019-08-21 // 日常

東京でリクルートに勤めながら結婚生活をしている三女の麻弓が名古屋出張の時に自宅に泊まっていました。その間に体調を崩して入院、3週間近く、自宅で療養していました。そして、ほぼ全快したので快気祝いに多治見のはせ川寿司へ行ってきました。7年ぶりでしょうか?とにかく移転してから初めてです。

190821_01

店舗はとても綺麗で新鮮でした。今回はカウンターに座りました。下の写真右から奥さん、麻弓、私です。

190821_02

まずは多治見で一番美味しいタコから食べます。タコはアナゴの煮汁で煮ているから美味しいそうです。それにしても美味しいですね。その後もトロ、ウニ、赤貝、シメサバ、アナゴなどを次々に食べ行きます。

190821_03

飲み物は最近は芋焼酎のソーダ割りです。意外にさわやかで美味しいんですよ。
しかし、寿司屋は刺身ばかりでやはり飽きてきます。煮魚や焼き魚がもっと豊富にあると良いですね。でも、蜂の子(へぼ)はありました。
いずれにしても三女麻弓が全快して良かったです。
さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)

「ザ・ファブル & ほその」 

// 2019-07-17 // 日常

岡田准一の「ザ・ファブル」を見てきました。アクションものでしたが、楽しく見ることができました。岡田准一の体が筋肉もりもりでビックリです。役作りに体型まで変えてしまうのですね。流石プロです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

非現実の映画は映画館で見ると映画に入り込んでとっても楽しいです。見ているうちにいつの間にか自分が岡田准一になっていきます。
さて、映画を見た後は久しぶりに「ほその」へ行きました。「ほその」は森均先生に教えていただいた料理屋です。こだわりの味が最高です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まずは刺身からです。鯛の昆布締めです。やはり、プロです。私たちが作る昆布締めと何かが違います。昆布は我々の使う物の半額だそうです。何が違うのだろうか?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さて、続いて、牡蠣の塩辛です。前回食べてみてやみつきになってしまいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして、最後の奥さんとのツーショットです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この日は山崎ハイボールを飲んでいました。
さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)

「還暦祝い 第5弾」 

// 2019-07-08 // 日常, 経営

還暦祝いシリーズ最後です。SMCグループの6月は親孝行月間です。毎年、次女の詩央里に食事に連れて行ってもらっています。今までは、イタリアンなどです。今年は魚関とのこと、結構、高いので大丈夫かなと思いながら詩央里の車に奥さんとのりました。魚関について部屋へ案内されました。う~ん、この部屋は3人にしては少し大きいなあと思いながら襖を開けると何と長女江莉果と三女麻弓、だんなの晃久君がいるではありませんか。事務所に続いて騙されてサプライズでした。

190708_01

上の写真、赤いチャンチャンコに赤い帽子が私です。左が奥さん、右が次女の詩央里です。後右から長女の江莉果、三女の麻弓、晃久君です。三女夫婦はこの日のために日帰りで東京から多治見まで来てくれました。
この日の魚関、色々な配慮をしていただきました。いつも、記念日には魚関を使っています。魚関の村手君の料理気遣いが大好きです。村手君からは「AKA」ではなく「AO」というウイスキーを差し入れていただきました。美味しかったですね。

190708_02

さて、デザートが感動のスイーツでした。似顔絵は今一ですがお愛嬌ですね。

190708_03

さて、家族からのプレゼントです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

赤霧島、響、似顔絵、帽子、Tシャツ、家族写真です。似顔絵は強運庵に飾ろうかな。
さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)

「還暦祝い 第4弾」 

// 2019-07-05 // 日常, 経営

6月9日のサプライズ還暦祝いの時にSMCグループのスタッフから頂いたプレゼントとメッセージが下の写真です。凄いでしょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

必ず、赤色が入っていることが条件のプレゼントだったみたいです。並べてみると赤色が目立ちますよね。
焼酎やお酒のつまみ、お酒を飲むグラス、お酒にかかわるものが多くありました。その他には何と「赤ふん」(ちなみに美人の山本さんからです。一度、私がつけている姿を見せたいものです。)赤のポロシャツ、赤のタオル、赤Tシャツなど。変わったものには赤みそがありました。そして、敏康からのSHIMANOの釣り用のキャップです。これは早速使いますね。これ以外にもキーホルダーやぺヤングソース焼きそばなどなど、沢山のプレゼントです。そして、素敵なメッセージを有難うございました。
さて、続いてSMCグループからのプレゼントです。焼酎4本と焼酎サーバーです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最近はウイスキーのハイボールの他に芋焼酎のソーダ割りを好んで飲んでいるのでこのようなプレゼントなんですね。上の写真の右から2番目が「康正」焼酎です。このラベルに記載されている原材料はサツマイモではなく「強運」となっていました。ユーモアがあって楽しいですね。

岡本税理士と西川税理士が中心となって企画してもらった還暦祝いパーティーとプレゼント、本当にありがとうございました。最高の還暦祝いでした。
還暦祝いがこんなに楽しく素敵なので120歳の2度目の還暦祝いまで元気で迎えたいものですね。

さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)

「還暦祝い 第3弾」 

// 2019-07-03 // 日常, 経営

さあ、還暦祝いのプレゼントをご紹介します。今回はお客様をはじめ関係者の方々からのお祝いです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

全部紹介しますね。右上から丸仙化学の水野社長からのスポーツウエアー、その左がQGMの渡辺社長からオシャレなパーカー、可児設備の可児社長からウイスキー、社労士法人とうかいの久野社労士と石黒君から白州12年物、SMCグループ埼玉支店長の内田さんから康正焼酎1升ビン、可児設備の可児社長の奥さんからの西郷どん焼酎です。奥さんは私の強運人事塾の塾生です。
そして、C-POWERの肥田社長と真理子さんからおつまみ詰め合わせとその下が「嫌われる勇気と幸せになる勇気」の自作パロディー本です。その右がQGMの平野さんから康正焼酎と還暦焼酎です。お酒が多いですね。

さらに加藤製作所の加藤社長から超高級な「グレンモーレンジ アルタ」と七笑100本限定「蔵の隠し酒」です。どちらも飲むのが楽しみですね。
その隣がビンテージ白ワインです。スピリタスの野原さんから頂きました。何と1959年私の生まれ年の白ワインです。何と60年前製造のワインです。
その隣がイプシロンの角田先生からのルーペです。最近、細かい字が良く見えないので助かります。その上が森先生夫妻からの赤いお花、その右が太豊工業の安田社長からローヤルウイスキーとブルガリ香水、そして、最後がその下の飯田史彦著「完全版 生きがいの創造」を船井総研の宮井さんから頂きました。ラブレター付です。この書籍は15年ほど前に読んだ本ですが、もう一度読んでみようと思います。

皆さん、本当に素敵な還暦祝いを有難うございました。

さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)

「還暦祝い 第2弾」 

// 2019-06-28 // 日常, 経営

6月8日・9日の奥さんとの旅行を終えて自宅へ帰ってきました。9日の夕食は奥さんのおごりで外食の予定です。どこに行くかも聞いていませんでした。奥さんの運転で着いたのはPAL朝食会の会場「ル・シュール」です。予約をすると開店するお店です。50名程度入る店なので二人では大きすぎるなあと思いながら、お店に入るとSMCグループの40名ほどの社員が待っていました。サプライズです。全く気付いていませんでした。

190628_01

10年以上勤務していただいている馬渕さんと横井さんに拉致されて席へと案内されました。赤いチャンチャンコと帽子を被らされてのスタートです。参加者全員が赤色が入った還暦祝いプレゼントとメッセージを持って私の隣に座ってメッセージを伝えます。下の写真は盟友加藤敏康からメッセージを受け取っているところです。感動で私ではなく敏康が泣いています。敏康らしいですね。

190628_02

お祝いとメッセージを40名から受け取りました。出席できなかった人の分もいただきました。感動でしたね。
さて、パーティーではSMCグループ恒例のゲームです。哺乳瓶で牛乳を早飲みゲームです。涎掛けをかけての勝負です。哺乳瓶にはみんなミルクが入っていますが私は飲めないのでハイボールが入っていました。

190628_03

さて、下の写真はSMCグループの原動力であるお姉さま方とのショットです。

190628_04

全員の年を合計すると500歳は超えていますね。でも、この方々の力でSMCグループは成り立っていますね。
さて、糖尿病の私には毒なケーキです。私の似顔絵つきです。

190628_05

そして、最後に参加者全員の記念撮影です。全員最高の笑顔でした。

190628_06

とっても素晴らしい仲間に祝福されての還暦祝いでした。最高の一日となりました。SMCグループの仲間たち、本当にありがとうございました。
さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)

「還暦祝い 第1弾」 

// 2019-06-26 // 日常, 経営

6月8日で60歳、還暦になりました。還暦には赤いチャンチャンコが定番です。何故、赤なのかご存知ですか?赤ちゃんで生まれて12干支が5周回ると元に戻ります。つまり、還暦の赤は赤ちゃんの赤なのですね。60歳で赤ちゃんに戻るのです。
さて。6月8日・9日と日本一お湯が良い昼神温泉へ奥さんと1泊2日の旅行へ行ってきました。
温泉旅館は玄竹です。古い高級古民家を改装した風な高級温泉旅館です。

190626_01

泊まる部屋は個室露天風呂付きの最高級の部屋です。

190626_02

今回の旅行は渓流釣りをしながらの旅行です。昼神温泉に近い園原で渓流釣りも楽しみました。
さて、玄竹は接客は並ですが、食事は最高でした。長野県の地元で採れた野菜や魚や肉を使う拘りの食事です。下の写真は刺身です。右のオレンジの刺身が長野サーモンです。アッサリして美味です。左下が長野名物の馬刺しです。そして、左がイトウです。

190626_03

そして、メインディッシュの肉料理です。ブランデーで焼いての料理です。凄い炎です。火傷しないでくださいね。

190626_04

さて、どの料理も凝っていて最高でした。日本酒も最高でした。
そして、最後に奥さんと二人のツーショットです。奥さんから還暦祝いにもらったコーチの赤い帽子をかぶっておそろいの作務衣での写真です。

190626_05

とっても楽しい旅行でした。

さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)

「森先生夫妻と多治見の軽井沢」

// 2019-06-17 // 日常

森先生は昨年足の大手術をされボルトを入れられました。そのボルトが取れたとのことで先生の快気祝いをさせていただきました。多治見の軽井沢の「シェ・ブラウゼ」です。さて、新緑の中の「シェ・ブラウゼ」は最高ですよ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

大好きな「シェ・ブラウゼ」がミシュランガイドに選ばれて掲載されました。凄いです、でも、これだけ美味しいから当たり前ですね。滝上シェフとのツーショットです。滝上シェフちょっと成長し過ぎですかね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さあ、いつも通り、白州ハイボールを飲みながらコース料理を食べます。スタートはいつも通り、ホタテとズワイガニ入りのグレープフルーツの窯焼きです。絶品です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして、魚メインのオマールエビとアワビです。アワビの肝ソースも最高ですよ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さあ、森夫妻とのショットです。奥さんはいつもお綺麗です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

森先生の前のデザートプレートにはチョコレートで快気祝いのメッセージが書かれています。料理だけでなく、シェ・ブラウゼのお気遣いも最高です。

さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)

「恒例の夏野菜」 

// 2019-06-14 // 日常

毎年、ゴールデンウイークに夏野菜を植えます。そして、初夏から収穫していきます。場所は下の写真の強運庵と自宅の間の路地です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さて、下の写真はゴールデンウイーク5月6日の植えたときの写真です。キュウリが3苗、茄子が1苗植えました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

それが6月1日現在ここまで成長しています。もう、黄色い花を咲かせています。ただ、気になるのは左のきゅうりの一番下の葉がウドン粉病になっていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さて、今度は路地の奥の方です。5月6日に植えたときの写真です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ネギの向こうから茄子、ミニトマト、ミニトマト、ピーマンです。
この苗が6月1日現在は下の写真の通りです。茄子には紫の花、ミニトマトには黄色い花が既についていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

6月末には収穫できそうです。とても楽しみです。

さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)

「九頭竜川支流の渓流釣り」 

// 2019-06-05 // 日常, 釣り

今年初めて福井での渓流釣りへ出かけてきました。夜中の2時半に自宅を出発です。向かうは九頭竜川支流です。5時前に到着して、着替えて川へ入ります。
最初から釣れました。少しゆるい流れ込みで、水野君と二人で20尾以上のイワナをゲット。場所的には竿抜けでしょうか?しかし、その後は人の入った気配もあり、全然釣れなくなりました。それ以降は大きな淵で極秘釣法をするも釣れません。しかし、粘りに粘ると20分ぐらい経過してから釣れだして爆釣となります。かなりの釣り師が入っているようで釣れませんが私達の極秘釣法で釣果が上がります。
そして、最後の堰堤です。ここまででビグの中はイワナでパンパンです。30尾は越えてそうです。

190605_01

この綺麗な水のカーテンの堰堤で29センチのイワナを2尾ゲットです。丸々と太ったイワナです。尺イワナと思いましたが残念、泣き尺でした。

190605_02

しかし、このサイズのイワナを2尾ゲットの堰堤のポテンシャルは凄いです。
さて、上の写真以外のイワナの撮影です。34尾います。下の写真の一番上のイワナも29センチあります。

190605_03

上の写真と合わせて合計35尾のイワナをゲットして終了です。
最終的に水野君と二人で何と70尾ゲットです。終了後は強運庵へ戻って釣果を賞味します。
29センチのイワナは刺身にして食べました。水野君の料理の腕は凄いです。

190605_04

イワナをこんな食べ方ができるのも釣り師の特権ですね。さて、もう一尾の29センチイワナは森均先生にプレゼントしました。
さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)