Archive for: 釣り

「久しぶりの海釣り」 

// 2019-07-19 // 釣り

久しぶりに海釣りへ行ってきました。今回も釣り船は「荒ます」です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回は貸し切りで定員一杯の9名です。
さて、今回は旬の魚「イサキ」釣りです。毎年、6月と7月はイサキ釣りです。イサキはどんな食べ方をしても美味しいです。
さあ、釣り開始です。イサキは2メートルぐらいの幅の層に群れでいます。この層に餌が入らないと全く釣れない難しい釣りです。逆にこの層に入りさえすれば大爆釣できます。
最初からバンバン釣れます。例年に比べて、数は釣れませんが大きさは過去最高です。40センチ近くあります。そして、丸々と太っています。食べるのが楽しみですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上の写真の通り、イサキは目がクリクリでとっても可愛いです。小さなイサキはウリ坊のように縞々があるんですね。
ボツボツと釣れます。下の写真は2時間ぐらいで釣った5尾のイサキです。全部大きいイサキです。今年は引きも愉しめて楽しいです。しかし、大きいがゆえに口切れして外れる魚が相次ぎます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして、最終的には9人でイサキは100尾尺そのほかにも30センチくらいの真鯛、カツオ、サバなどが釣れました。

190719_04

イサキは刺身、昆布締め、塩焼、酒蒸しで美味しくいただきました。
さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)

「今シーズン4尾目の尺イワナ」 

// 2019-07-15 // 釣り

小坂へ渓流釣りに行って来ました。適度な水量で爆釣の予感です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

やはり、スタートの堰堤からバンバン釣れます。そして、途中の小さめの淵で良型のアマゴとイワナをゲットしました。これも極秘釣法でアマゴとイワナを引きづり出しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上の写真、一番上が28センチのイワナ、すぐ下が27センチのイワナです。丸々と太っています。下の写真の真ん中のブクブクと太ったのは24センチのデブアマゴです。ビックリするぐらい太っています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして、最後の堰堤で何と今季4尾目の尺イワナをゲットしました。この尺イワナは同行者の水野君の仕掛けで釣りました。水野君には感謝、感謝、大感謝です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この堰堤は午前中に来たら、先行者がいたので諦めました。そして、午後から行くところがなかったので、ダメもとで釣ってみました。これも極秘釣法で尺イワナをゲットしました。
そして、強運庵で釣果を賞味しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上の写真、朴葉にのっている左の刺身が28センチイワナで、右が24センチのデブアマゴです。最高の贅沢ですね。
さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)

「還暦祝い渓流釣りと尺イワナ」

// 2019-07-01 // 釣り

奥さんと6月8日・9日と昼神温泉へ行ってきました。その合間に園原で渓流釣りをしました。
まず、初日です。奥さんを玄竹へ送ってから釣り開始です。一人でののんびりの釣りです。前日の雨で増水気味なので大物が釣れる予感です。

190701_01

最初に入った川があまり釣れません。そして、得意の堰堤へと向かいます。極秘釣法でスタートです。最初から25センチのイワナをゲットです。その後、強烈な当たりがありましたが針を切られてしまいました。無念です。するとすぐ直後に再び強烈な当たりです。5分ほどの格闘の末、大イワナを釣り上げました。何と31センチあります。尺イワナです。

190701_02

この堰堤での釣果は大イワナばかり6尾でした。(下の写真)

190701_03

何と今年3尾目の尺イワナです。初日の釣果はイワナ8尾アマゴ11尾でした。
さあ、翌日は4時30分に温泉旅館を出て8時までの釣りを楽しみます。曇り空で今一の天気ですが、釣れそうな雰囲気です。下の写真はキャンプ場横の川です。ここも大イワナがいる川です。

190701_04

しかし、あまり釣れません。ポツポツです。そして、昨日の堰堤へ行きますが2尾釣れただけです。約3時間の釣りの釣果はイワナ3尾、アマゴ8尾でした。

190701_05

さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)

「九頭竜川支流の渓流釣り」 

// 2019-06-05 // 日常, 釣り

今年初めて福井での渓流釣りへ出かけてきました。夜中の2時半に自宅を出発です。向かうは九頭竜川支流です。5時前に到着して、着替えて川へ入ります。
最初から釣れました。少しゆるい流れ込みで、水野君と二人で20尾以上のイワナをゲット。場所的には竿抜けでしょうか?しかし、その後は人の入った気配もあり、全然釣れなくなりました。それ以降は大きな淵で極秘釣法をするも釣れません。しかし、粘りに粘ると20分ぐらい経過してから釣れだして爆釣となります。かなりの釣り師が入っているようで釣れませんが私達の極秘釣法で釣果が上がります。
そして、最後の堰堤です。ここまででビグの中はイワナでパンパンです。30尾は越えてそうです。

190605_01

この綺麗な水のカーテンの堰堤で29センチのイワナを2尾ゲットです。丸々と太ったイワナです。尺イワナと思いましたが残念、泣き尺でした。

190605_02

しかし、このサイズのイワナを2尾ゲットの堰堤のポテンシャルは凄いです。
さて、上の写真以外のイワナの撮影です。34尾います。下の写真の一番上のイワナも29センチあります。

190605_03

上の写真と合わせて合計35尾のイワナをゲットして終了です。
最終的に水野君と二人で何と70尾ゲットです。終了後は強運庵へ戻って釣果を賞味します。
29センチのイワナは刺身にして食べました。水野君の料理の腕は凄いです。

190605_04

イワナをこんな食べ方ができるのも釣り師の特権ですね。さて、もう一尾の29センチイワナは森均先生にプレゼントしました。
さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)

「日曜日の渓流釣り」 

// 2019-05-29 // 日常, 釣り

いつもは渓流釣りは土曜日に行きます。しかし、今年はカゴスエの長谷川君と8回渓流釣りへ行くので長谷川君の休みに合わせて日曜日に行っています。5月12日も日曜日です。長谷川君のホームグラウンドの南木曽へ行きました。大きな期待にもかかわらず最初の川は今一です。そして、2本目の川へ移動します。下の写真の通り、ちょっと水が綺麗すぎますね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

大きな落ち込みのプールで25センチのアマゴを釣りました。このアマゴは昆布締めではなく刺身で食べましたが脂がのって絶品でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さあ、今度は下伊那漁協管区の川へ移動です。やはり、水が透き通っています。それでも、ここでも28センチのイワナをゲットです。丸々と太っています。薄いパーマークがあるのでアマゴとの混血?このイワナは昆布締めで美味しくいただきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

このイワナを釣った川の堰堤です。水のカーテンと新緑が綺麗ですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回の釣果はイワナ11尾、アマゴ11尾でした。今回も必須のダブルスコアーでの勝利でした。
渓流釣りは一石四鳥です。①釣りを楽しんで ②山登りのような運動が出来、③緑と水の中でのリラクゼーション ④釣果を食して美味なのです。
あなたも渓流釣りを始めてみませんか?

さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)

「GWイベント Ⅲ」

// 2019-05-20 // 日常, 釣り

恒例の1泊2日の渓流釣り旅行へ行ってきました。丸仙化学の水野社長と一緒です。2日間で二人で100尾目標でスタートしました。そして、今回は新しい川の開拓も目標です。初日は下伊那漁協のいつもの川からスタートです。早朝は寒くて渋かったですが、日中は20度を超え、活性が上がりました。何と午前中に30尾ゲットです。
さて、初めての場所へ移動です。最上流域なので川がとても細いです。上流域なのでイワナが釣れると思っていたら、アマゴが釣れます。意外ですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

結局、1時間ぐらい釣って7尾です。結構釣れますね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして、初日の宿泊場所、蘭キャンプ場へと移動します。蘭キャンプ場でも釣りをしましたが、意外に釣れましたね。水野君は24センチのアマゴをゲットです。ビックリです。
さて、キャンプ場のケビンで今日の釣果を賞味します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さて、翌日も南木曽で釣りをします。いつもの場所で釣ったのちに初めての場所で釣りをします。
意外に釣れます。下の写真が最後の堰堤です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここで26センチのイワナを釣りました。(下の写真一番上です。)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

結局2日間で68尾ゲットです。何と、水野君も同数の68尾です。二人で136尾ゲットなので今年初めてイワナ・アマゴの一夜干しを作ることにしました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

実際には2夜干しにします。その方が旨味が増します。是非、強運庵へ食べに来てくださいね。

さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)

「GWイベント Ⅱ」 

// 2019-05-17 // 日常, 釣り

またまた、一人で渓流釣りに行ってきました。前回同様、雨でした。私が一人で渓流釣りに行くと雨が降ります。私は雨男?意外です。
さて、今回はまずは園原です。花もも祭りをやっているので昼間は混むので早朝のみ釣りをするつもりで5時ごろには到着しました。花ももが綺麗です。下の写真の赤の花ももが綺麗ですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

5時頃は人はいませんでしたが、5時半ぐらいになるとちらほらと人が来ました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上の写真、赤の花もも以外にもピンク、白の花ももも綺麗ですね。この写真は早朝6時ですが手前の私のマークXGIO以外にも6台の車がいます。皆さん早いですね。
釣りをしていると、もの珍しそうに見られます。そして、中には花ももと一緒に私も撮影する人が出てきました。とても、釣りに集中することが出来ないので近くの川へ移動することにしました。ここでは型は小さめでしたが18尾ゲットして、大きく川を移動します。
今度は南木曽の川に来ました。ちょくちょく雨が降っていたので水量は十分あります。
釣り開始です。警戒心が強くてなかなか釣れません。小さな魚ばかり釣れます。最大で22センチです。ちょっとガッカリです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上の写真の堰堤で4尾釣って終了です。この川で17尾釣って、合計35尾です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

サイズは今一でしたが、数は今シーズン最高でした。極秘釣法のお陰ですね。
今シーズンの他の渓流釣り師は殆ど釣れていないとのことです。今年はミミズやバイオでは全く釣れませんよ。
さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)

「かなえ経営 IN 強運庵」

// 2019-05-13 // 日常, 経営, 釣り

NO.1実践塾で知り合ったかなえ経営の白木君と芽衣ちゃんにSMCグループ多治見事務所へ来ていただき打ち合わせ後、強運庵で懇親を深めました。ちなみに下の強運庵の文字は強運の持ち主のマルイ不動産のコアラ社長に書いていただきました。

190513_01

さて、強運庵の前で記念撮影です。下の写真左からかなえ経営のトップ佐野先生、私、そして、イケメンの白木君です。

190513_02

さあ、強運庵での懇親会スタートです。最初はビールからスタートして全員ハイボールです。ガンガン進みます。料理は私が釣った渓流魚のアマゴ・イワナの燻製です。燻製作りは2日間かかります。とっても美味しんですよ。是非、一度、食べに来てくださいね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

話は盛り上がりお酒も進みます。私の最近の感動書「信長の原理」の「2:6:2」理論を話しました。「ドベはドベの役割がある」など結構受けましたね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上の写真、左手前が佐野先生、奥が白木君、右手前が私、奥が美人の芽衣ちゃんです。美人の隣でドキドキしますね。
さあ、とっても楽しい時間を過ごさせていただきました。芽衣ちゃん・白木君、強運庵へまた来てね。

さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)

「厳しい渓流釣り」

// 2019-05-06 // 日常, 釣り

今年は渓流釣りが厳しいです。渇水と朝の冷え込みがきついためでしょうか。さて、木曽漁協管区へ2年ぶりに行きました。やはり、朝は4月にもかかわらず0度です。雪も残っています。今回は水もそこそこありますが冷たすぎます。あまり釣れません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

それでも良型のイワナ・アマゴがポツポツ釣れますが続きません。下の写真で最大なのが24センチです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さあ、川を変えて釣りますがここもあまり釣れません。そこで大きく下伊那漁協管区に移動しました。小さな川に入ります。

この小さな川で昨年、尺アマゴを釣っています。この日はやはり大渇水です。釣れる気がしません。しかし、ある石の下のポイントで大きなあたり。ビックリです。5分位の格闘の末、釣り上げました。尺イワナか?
測定してみると29センチでした。泣き尺でした。残念。1か月後に釣れば尺イワナになっていたでしょうね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さて、このイワナは昆布締めにして刺身で食べます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

脂がのって、最高ですね。
さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)

「極寒の渓流釣り」

// 2019-04-12 // 釣り

前日に雨が降って、増水気味なので大爆釣の予感です。小坂に到着です。メチャ寒いです。水は多いのですが、滅茶苦茶水が冷たいです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

嫌な予感がします。さあ、第1投目、アタリがあります。行けそうだと思いましたが、1尾釣った後は全くアタリも無くなってしまいました。
今日も今年のパターン通り、冷たくて釣れません。昨年の釣果の半分ぐらいですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

6時間釣って、釣果は10尾でした。上の写真は左側がアマゴ6尾で、右がイワナ4尾です。黒い魚がいますがサビていると言います。水が冷たいので岩の下でじっとしているので黒くなります。その魚を引きづり出して釣ったものです。
次の川も釣れそうもないので堰堤のみを狙います。すると雪が降ってきて吹雪になってきました。堰堤の水飛沫が体中にかかります。心が折れそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

極秘釣法でトライしますが、全然釣れません。結構粘っていると小さいアタリがあり、アマゴが釣れました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

このアマゴはブクブク肥っていて刺身にしました。
しかし、今年はとても水が冷たくて難しいです。何か次の手を考えなければね。
さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)