Archive for: 釣り

「GWイベント Ⅲ」

// 2019-05-20 // 日常, 釣り

恒例の1泊2日の渓流釣り旅行へ行ってきました。丸仙化学の水野社長と一緒です。2日間で二人で100尾目標でスタートしました。そして、今回は新しい川の開拓も目標です。初日は下伊那漁協のいつもの川からスタートです。早朝は寒くて渋かったですが、日中は20度を超え、活性が上がりました。何と午前中に30尾ゲットです。
さて、初めての場所へ移動です。最上流域なので川がとても細いです。上流域なのでイワナが釣れると思っていたら、アマゴが釣れます。意外ですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

結局、1時間ぐらい釣って7尾です。結構釣れますね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして、初日の宿泊場所、蘭キャンプ場へと移動します。蘭キャンプ場でも釣りをしましたが、意外に釣れましたね。水野君は24センチのアマゴをゲットです。ビックリです。
さて、キャンプ場のケビンで今日の釣果を賞味します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さて、翌日も南木曽で釣りをします。いつもの場所で釣ったのちに初めての場所で釣りをします。
意外に釣れます。下の写真が最後の堰堤です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここで26センチのイワナを釣りました。(下の写真一番上です。)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

結局2日間で68尾ゲットです。何と、水野君も同数の68尾です。二人で136尾ゲットなので今年初めてイワナ・アマゴの一夜干しを作ることにしました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

実際には2夜干しにします。その方が旨味が増します。是非、強運庵へ食べに来てくださいね。

さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)

「GWイベント Ⅱ」 

// 2019-05-17 // 日常, 釣り

またまた、一人で渓流釣りに行ってきました。前回同様、雨でした。私が一人で渓流釣りに行くと雨が降ります。私は雨男?意外です。
さて、今回はまずは園原です。花もも祭りをやっているので昼間は混むので早朝のみ釣りをするつもりで5時ごろには到着しました。花ももが綺麗です。下の写真の赤の花ももが綺麗ですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

5時頃は人はいませんでしたが、5時半ぐらいになるとちらほらと人が来ました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上の写真、赤の花もも以外にもピンク、白の花ももも綺麗ですね。この写真は早朝6時ですが手前の私のマークXGIO以外にも6台の車がいます。皆さん早いですね。
釣りをしていると、もの珍しそうに見られます。そして、中には花ももと一緒に私も撮影する人が出てきました。とても、釣りに集中することが出来ないので近くの川へ移動することにしました。ここでは型は小さめでしたが18尾ゲットして、大きく川を移動します。
今度は南木曽の川に来ました。ちょくちょく雨が降っていたので水量は十分あります。
釣り開始です。警戒心が強くてなかなか釣れません。小さな魚ばかり釣れます。最大で22センチです。ちょっとガッカリです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上の写真の堰堤で4尾釣って終了です。この川で17尾釣って、合計35尾です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

サイズは今一でしたが、数は今シーズン最高でした。極秘釣法のお陰ですね。
今シーズンの他の渓流釣り師は殆ど釣れていないとのことです。今年はミミズやバイオでは全く釣れませんよ。
さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)

「かなえ経営 IN 強運庵」

// 2019-05-13 // 日常, 経営, 釣り

NO.1実践塾で知り合ったかなえ経営の白木君と芽衣ちゃんにSMCグループ多治見事務所へ来ていただき打ち合わせ後、強運庵で懇親を深めました。ちなみに下の強運庵の文字は強運の持ち主のマルイ不動産のコアラ社長に書いていただきました。

190513_01

さて、強運庵の前で記念撮影です。下の写真左からかなえ経営のトップ佐野先生、私、そして、イケメンの白木君です。

190513_02

さあ、強運庵での懇親会スタートです。最初はビールからスタートして全員ハイボールです。ガンガン進みます。料理は私が釣った渓流魚のアマゴ・イワナの燻製です。燻製作りは2日間かかります。とっても美味しんですよ。是非、一度、食べに来てくださいね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

話は盛り上がりお酒も進みます。私の最近の感動書「信長の原理」の「2:6:2」理論を話しました。「ドベはドベの役割がある」など結構受けましたね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上の写真、左手前が佐野先生、奥が白木君、右手前が私、奥が美人の芽衣ちゃんです。美人の隣でドキドキしますね。
さあ、とっても楽しい時間を過ごさせていただきました。芽衣ちゃん・白木君、強運庵へまた来てね。

さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)

「厳しい渓流釣り」

// 2019-05-06 // 日常, 釣り

今年は渓流釣りが厳しいです。渇水と朝の冷え込みがきついためでしょうか。さて、木曽漁協管区へ2年ぶりに行きました。やはり、朝は4月にもかかわらず0度です。雪も残っています。今回は水もそこそこありますが冷たすぎます。あまり釣れません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

それでも良型のイワナ・アマゴがポツポツ釣れますが続きません。下の写真で最大なのが24センチです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さあ、川を変えて釣りますがここもあまり釣れません。そこで大きく下伊那漁協管区に移動しました。小さな川に入ります。

この小さな川で昨年、尺アマゴを釣っています。この日はやはり大渇水です。釣れる気がしません。しかし、ある石の下のポイントで大きなあたり。ビックリです。5分位の格闘の末、釣り上げました。尺イワナか?
測定してみると29センチでした。泣き尺でした。残念。1か月後に釣れば尺イワナになっていたでしょうね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さて、このイワナは昆布締めにして刺身で食べます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

脂がのって、最高ですね。
さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)

「極寒の渓流釣り」

// 2019-04-12 // 釣り

前日に雨が降って、増水気味なので大爆釣の予感です。小坂に到着です。メチャ寒いです。水は多いのですが、滅茶苦茶水が冷たいです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

嫌な予感がします。さあ、第1投目、アタリがあります。行けそうだと思いましたが、1尾釣った後は全くアタリも無くなってしまいました。
今日も今年のパターン通り、冷たくて釣れません。昨年の釣果の半分ぐらいですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

6時間釣って、釣果は10尾でした。上の写真は左側がアマゴ6尾で、右がイワナ4尾です。黒い魚がいますがサビていると言います。水が冷たいので岩の下でじっとしているので黒くなります。その魚を引きづり出して釣ったものです。
次の川も釣れそうもないので堰堤のみを狙います。すると雪が降ってきて吹雪になってきました。堰堤の水飛沫が体中にかかります。心が折れそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

極秘釣法でトライしますが、全然釣れません。結構粘っていると小さいアタリがあり、アマゴが釣れました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

このアマゴはブクブク肥っていて刺身にしました。
しかし、今年はとても水が冷たくて難しいです。何か次の手を考えなければね。
さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)

「一人での渓流釣り」 

// 2019-04-05 // 釣り

3月21日春分の日、時間が出来たので一人で木曽へ渓流釣りに行ってきました。あいにくの雨でしかも寒いです。でも、雨なので魚の活性が上がって大爆釣を期待して出かけました。
さあ、川に着いて入川します。最高のポイントからスタートです。極秘釣法で釣りますが全く反応がありません。う~ん、嫌な予感がします。今日は全然だめかも?前日よりかなり気温、水温が下がっているようです。
さて、それでも、ぼちぼちとチビアマゴが釣れだしました。そして、1時間ぐらいしてド~ンとアタリがあり、20センチのアマゴが釣れました。ここからアマゴが釣れだして最終的には24尾ゲットです。
下の写真がこの川の最終の堰堤です。この堰堤で何と6尾ゲットです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

雨が降っているので、釣っている間にもドンドン水量が増えていきます。しかし、滝の下の真っ白の白泡の下にも意外にも魚が潜んでいるのです。おも~い、錘で狙うと釣れますね。下の写真の通り、上の方のアマゴは丸々と太っています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

下の方のアマゴは真っ黒です。寒くて岩の下に隠れているものを無理やり引きずり出して釣ったものです。大雨でベタベタになり、心が折れそうになりながらの釣行でした。
続いて、大きく川を変えて釣り開始です。やはり、水が冷たくてなかなか釣れません。しかし、堰堤で強烈な引きです。尺アマゴの予感、期待しましたが、25センチのアマゴでした、下の写真を見てください。本当に真ん丸に太っています。強い引きのはずです。水は冷たいけど、気温は高かった日が続いたので餌は豊富にあるんでしょうね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この、デブデブのアマゴは昆布締めにして食べました。
さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)

「雪の中の渓流釣り」

// 2019-04-01 // 釣り

カゴスエの長谷川君と渓流釣りに出かけました。長谷川君との数釣り勝負は120%勝つ自信があるので楽しく釣りができます。
さあ、木曽漁協管区内に到着です。気温もマイナス5度、かなり寒いです。さあ、小さな堰堤からスタートです。いきなりこの堰堤でアマゴ3尾、イワナ3尾ゲットです。絶好調の予感、しかし、続きません。雪が降って手がかじかみます。何と取り込み用のタモが凍ってしまって機能しません。とっても焦りました。
下の写真、大きな淵ですが雪が降っています。素晴らしい淵ですが、全く釣れませんでした。

190401_01

結局、この川では15尾でした。まあまあの大きさの魚なので刺身でも食べれそうです。

190401_02

さあ、川を変えますが全く釣れません。そこで、大きく川を変えて下伊那漁協管区内へ移動です。
ここもやはり雪です。下の写真、最後の小さな堰堤でアマゴを釣って納竿です。

190401_03

最終的にはアマゴが5尾です。

190401_04

さて、私20尾、長谷川君8尾で私の完勝でした。前回が私35尾、長谷川君13尾でしたのでダブルスコアー以上の連続勝利でした。さて、下の写真は悲愁漂う長谷川君の後姿です。

190401_05

さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)

「1泊2日の渓流釣り」

// 2019-03-22 // 釣り

毎年、3月に1泊2日で渓流釣りに行っています。今年も9日・10日の2日間です。今年は渇水で水も冷たいので解禁以来、釣果は今一です。さあ、今回は如何だったでしょうか?
川に到着です。やはり、寒いです。水も冷たいです。何と、竿が凍ります。竿が凍るのは初めてです。それでも下の写真の通り、堰堤の水はカーテンのようで素敵です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

魚の食いは渋く初日は大苦戦でした。それでも17尾ゲットして初日は終了です。下の写真の通り、数だけではなく大きさも今一でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

宿泊は恒例の奥田屋です。何と、400年近い歴史があるそうです。下のパンフレットには「湯谷温泉と共に三百余年」とあります。とっても良い温泉ですよ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

昨日の小坂は渋かったので翌日は大きく木曽へと川を変えました。吉と出るか凶と出るか。さあ、釣り開始です。しかし、やはり木曽の川も冷たくて渇水で全くアタリがありません。それでも、無理やり岩の下から引きづり出して釣ります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上の写真、白泡の下から15分かけてやっと1尾のイワナを釣りました。何とかサイズ25センチでした。食いは渋いですが釣った魚は丸々と太っています。刺身にすると美味しそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さあ、2日間の釣り終了後はいつもの強運庵で釣果を賞味します。下の写真は丸々と太ったイワナの刺身です。甘くて絶品でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さて、雨が降って水の量が増えないと今後も厳しい釣りが続きそうですね。
さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)

「またまた尺イワナ」

// 2019-03-18 // 日常, 釣り

今年3回目の釣行です。長谷川君と木曽川漁協管内へと釣りに出かけました。結構温かくて釣れそうな予感です。私は最初からバンバン釣れます。長谷川君は今一です。そして、最初の堰堤です。滅茶苦茶凄いアタリと共に堰堤を暴れまくります。ハヤ竿椿なので全く制御が効きません。5分位格闘しましたが姿を見ることもなく岩の下に入られて万事休すでした。とっても残念です。35センチ以上のイワナだったと思います。
さて、気を取り直して、釣りを続けます。そして、最後の堰堤に来ました、

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

イクラを投げての第一投目、あっという間に糸を切られてしまいました。この時、尺イワナが何と3尾見えました。気を取り直して再投入です。今度はキッチリかかり、主導権を魚に渡さないようにやり取りします。そして、タモに入れて計測して見ると32センチです。今シーズン2尾目の尺イワナです。この冬は暖かいので餌が豊富で尺イワナのお腹はパンパンでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この堰堤で長谷川君も尺イワナをかけましたが予想通り外れてしまいした。
さて、この川での釣果はイワナ17尾、アマゴ14尾でした。アマゴも大きなアマゴが多くいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

もう1本川を変えてイワナを4尾追加してこの日は終了でした。さて、水野君を呼んで強運庵でアマゴの昆布締めを賞味しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上の写真共にアマゴの刺身ですが上の刺身が白、手前がピンクです。手前のピンクがサクラマスぽくって美味しかったですね。
さあ、今年は何尾尺を釣るのでしょうか?目標は背中が膨らんだオスの尺アマゴです。
さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)

「昨年の尺アマゴ」

// 2019-03-04 // 日常, 釣り

昨年釣った尺アマゴが剥製になってきました。アマゴはとっても綺麗ですね。しかし、メスなので迫力が今一です。今年は迫力のあるオスの尺アマゴを釣りたいですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さて、強運庵に飾りました。下の写真、一番の下の左です。現在、10尾の剥製があります。今年、32センチのイワナを釣ったのでこれで11尾です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さて、初釣行の1週間後に今シーズン2度目の釣行に出かけました。大爆釣を期待です。まずは最初の大淵で27センチのイワナを初めに4尾をゲットこれで大釣果の予感です。ところがその後が全く続きません。アタリも殆どないのです。そして、4時間釣っても結局この4尾で終了でした。下の写真、下から2番目が27センチです。しかし、残りの3尾もそこそこの大きさです。

190305_03

すべて、刺身か燻製にします。
このあと川を変えて6尾追加して終了です。イワナ7尾、アマゴの3尾の小釣果でした。2018年の最小が13尾でしたのでそれを下回ってしまいました。
さて、初回と今回で結構大きな魚が釣れたので今年初の燻製作りをしました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

燻製作りは丸2日間かかるので大変ですがとっても美味しいので頑張れます。出来上がりは強運庵の炭火でジックリ食べるのが楽しみです。
さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)