Archive for: 釣り

「海釣り1泊2日2日目」

// 2017-10-20 // 釣り

2日目はウタセエビで大物釣りに挑戦です。伊良湖を超えて大山沖まで行きます。師崎から1時間以上かかりました。船の釣り座はすべて私が決めました。ウタセエビでの釣りはやはり船尾が有利です。初日は私が船尾に座っていたのでよく釣れました。船首での釣りの人はたったの2尾でした。ちなみに長谷川君です。船首だから釣れないのか腕なのか…。そこで2日目は公平のために私は船首に座り、長谷川君は船尾に座りました。やはり、船尾から釣れ出しました。70センチぐらいのワラサ(ハマチとブリの間)が釣れます。羨ましいです。しかし、場所ではない、腕で釣るのだと自分に言い聞かせながら釣り続けます。すると2時間ぐらい過ぎて遂に来ました。とっても強い引きです。恐らくブリクラス。ちなみにブリは80センチオーバーを言います。10分ぐらいの格闘の末、遂に上がってきました。ブリではありませんでした。70センチのワラサでしたが何とその下に45センチの真鯛も付いていました。だから、重いはずです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

気分良く続けます。またまたワラサがかかりました。鯛も釣れます。ワラサが釣れると大格闘で腕がつりそうです。下の写真はこの日私の最大の50センチの真鯛です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さて、2日目最大の真鯛は丸仙化学の水野君が釣り上げました。68センチです。
水野君が大物を釣るのは珍しいですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最終的には私は3尾のワラサと3尾の真鯛の大物6尾を釣って終了です。ちなみに船尾の長谷川君は合計5尾だったのでやはり釣り座ではなく腕でしたね。
下の写真、15尾のワラサと15尾の真鯛、そしてハタ1尾が2日目の全釣果です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上の写真前列左から私、真中が2日目一番釣った水野君、白木弁護士、後列右からエスケーテクノの佐溝、介護施設の長谷川君、DUOの渡辺稜太、塚本大地、ささゆり薬局の足立強、中部菱成の横山君です。大満足の2日目でした。

さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)

「海釣り1泊2日初日」

// 2017-10-18 // 釣り

10月7日は1泊2日海釣りの初日です。今回は2日間とも「荒ます」を貸し切っての船釣りです。まず初日はウタセエビで伊良子沖での真鯛の数釣りを選択しました。

釣り開始です。意外に渋く数釣りのはずがあまり釣れません。それでも船中最初の真鯛は私が釣り上げました。可愛いサイズです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

船中では30センチサイズの鯵がかなり釣れ出しました。
私も写真の鯵を釣りました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そんな渋い中で結構強い引きの魚がかかりました。
この強い引きの魚の正体は50センチ弱のハマチでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さて、本命の真鯛です。30センチに満たない真鯛はポチポチ釣れるのですが大鯛が釣れません。そんな中でも初日最大の真鯛はやはり私が釣りました。35センチぐらいですかね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

私は20尾ぐらい釣って初日終了です。9名での釣りでしたが全部で50尾ぐらいでしょうか。さて、終了後はスーパーセントでお風呂に入った後はトレーラーハウス宿泊なのでトレーラーの前でBBQです。下の写真はBBQの準備中です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上の写真は初船釣りでゲロゲロだったDUOの塚本社長、右は大阪から参戦の白木弁護士です。さあ、BBQ開始です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

私の人的繋がりで集まった9名がまずは自己紹介からスタートし、お酒が進むと共に親しくなり、ドンドン盛り上がって行きます。

さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)

「2017年渓流釣りの釣果」

// 2017-10-16 // 釣り

9月末で渓流釣りシーズンが終了しました。今年は釣行日が19日で
イワナ:235尾 アマゴ:195尾 ニジマス:3尾
一日平均:23尾でした。

28年は釣行日23日で
イワナ:184尾 アマゴ:367尾 ニジマス:2尾でした。
一日平均:24尾

27年は釣行日が26日で
イワナ:146尾 アマゴ:182尾 ヤマメ:15尾 ニジマス:2尾
一日平均:13.3尾

26年は釣行日が32日で
イワナ:300尾 アマゴ:253尾 ヤマメ:23尾
一日平均が18尾でした。

今年も釣果はまあまあでしたが、釣行日が3年前の32日から19日に激減してしまいました。ちょっと仕事のしすぎですね。来年はもっと渓流釣りに行くぞ!!

さて、今年の印象に残る写真です。
まずは当然これです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA   1016_2

今年の3月に小坂で釣った50センチのニジマスです。今では強運庵の壁に剥製になって飾ってあります。
下の写真も小坂で6月に釣った尺イワナです。12月頃には剥製となって強運庵に飾る予定です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今年の印象に残ったのは今シーズン初釣行の2月18日、意外に暖かくて釣り開始早々バンバン釣れます。2月にもかかわらず瀬に出て餌を追い掛け回します。
何と、厳寒の2月にもかかわらず大爆釣。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

何と36尾の大爆釣でした。さて、2018年の初釣行も2月18日の予定です。
鬼に笑われようが今からワクワクします。

 

さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)

「今シーズン渓流釣り最終日」

// 2017-10-13 // 釣り

9月30日今シーズン渓流釣り最終日に小坂へ釣りに出かけました。コンビニで釣り餌を購入しようとしますが売り切れでありません。焦ります。サークルK,デーリーヤマザキ3店舗回ってもありません。まずいです。餌がなければ、釣りになりません。最後のコンビニへ行きます。感動でした。冷蔵庫にミミズがあるだけでこんなに感動するとは驚きでした。

気温は何と7度です。よく冷えています。まずい状況、魚の活性が低いのは明らかです。さらに下の写真の通り渇水で水も少ないです。悪条件がすべて揃っていました。でも、新緑が綺麗でしょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

釣り開始です。やはり、全然釣れません。たまに釣れてもイワナの唐揚げサイズです。イワナの唐揚げサイズは珍しいです。川を変えようかと迷いましたがここで勝負をかけることにしました。10時を過ぎたころから20センチを超えるイワナがポチポチ釣れ出しました。でも、尺越えはとても望めません。あまりの冷え込みで大イワナは川の底で震えてジッとしているのでしょう。そこで、食べられる心配のないチビイワナが釣れるんですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

なかなか釣果が上がりませんでしたが7時間釣り続けて魚止めの滝までやってきました。上の写真中央の白いところの新緑の向こうに綺麗な滝があります。綺麗ですよ。

釣果は24センチのイワナを筆頭に14尾しか釣れませんでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

シーズン最終日にしては釣果がさびしかったですが無事今年も怪我もなく終了しました。来年2月半ばまで禁漁です。来年2月半ば下伊那漁協からスタートです。

さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)

「シーズン終盤1泊2日の渓流釣り」

// 2017-09-27 // 釣り

9月17日・18日1泊2日で渓流釣りへ出掛けてきました。台風18号が接近中で釣りができるかどうか不安でしたが17日早朝4時に木曽川漁協管内のA川へと向かいます。到着すると渇水です。釣れない予感がします。2時間釣って、たった3尾しか釣れませんでした。でも、下の写真一番上の24センチで体高のあるアマゴとの格闘は楽しませていただきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あまり釣れないので川を変えて釣り再開です。こちらの川も下の写真の通り渇水です。
それでも小型ですがボチボチ釣れ出しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

下の写真の通り22センチのアマゴを筆頭にアマゴ21尾、イワナ2尾をゲットしました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

17日の深夜に台風が猛威をふるって通過していきました。18日の早朝釣りができるかどうか心配でしたが下伊那漁協管内のS川へ行きました。濁りもあり増水していましたが何とかできそうでした。

釣り開始です。増水しているので細心の注意を払いながらの釣りです。出だしからバンバン釣れ、大爆釣の予感。ところが長く続きません。水が冷たくて魚の活性が低いのです。2時間釣って24センチのイワナを筆頭にイワナ4尾、アマゴ3尾です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この川で更に釣りを続けました。下の写真の通り、23センチの体高の高いアマゴ2尾を筆頭にアマゴ11尾、イワナ2尾でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最後の川へと移動です。下伊那漁協管内のA川です。ここでも水が冷たいためになかなか釣れませんでしたが28センチのイワナを釣りました。大格闘がとても楽しいです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

1泊2日の渓流釣りの締めはやはり強運庵でした。

さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)

「お盆休み1泊2日の渓流釣り」

// 2017-08-28 // 釣り

お盆休みに丸仙化学の水野社長と1泊2日の渓流釣りに行ってきました。
私の全釣果を公開します。まずは小坂の谷です。一つ目のB川です。

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

水量も多く大爆釣のはずが並みでした。
下の写真の通り、イワナ1尾とアマゴ7尾でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

小坂の別のY川へ移動です。かなりの傾斜で沢登りをします。ここでは結構釣れました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

釣果はアマゴ2尾、イワナ12尾、ニジマス3尾でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コテージに泊まって、BBQをして、翌日の釣り開始です。

下伊那漁協のS川です。水も多く笹濁りなので大爆釣の予感がまたもあまり釣れません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

下の写真の通り、イワナ3尾、アマゴ6尾でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

川を変えてY川の堰堤だけを狙います。
ここでは効率よく良型を含む4尾のアマゴをゲットです。

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして、隣のS川で終了です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最後は26センチのイワナ、23センチのアマゴを含む、イワナ1尾とアマゴ4尾でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

結局、2日間合計でアマゴ23尾、イワナ17尾、ニジマス3尾の合計43尾でした。
今回は水野社長に数で20尾の大差で負けてしまいました。次回はリベンジするぞ。

さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)

「真夏の海釣り」

// 2017-08-16 // 釣り

7月29日に海釣りへ行きました。狙いは「イサキ」です。イサキシーズンも終盤です。6月は尺越えのイサキも混じりましたが、シーズン終盤は型が小さくなります。ウリ坊も混じります。それでもバンバン釣れると楽しく、そして、イサキは食べるのが最高ですね。刺身、塩焼き、煮付けなどすべて美味しいです。

釣り開始です。最初は渋かったですが8時頃からバンバン釣れます。10時過ぎには私だけでも20尾を超え、同行者全員で100尾は超えてきました。捌くのも食べるのも大変なので10時30分でイサキ釣り終了です。下の写真が全員の釣果です。サバもかなり釣れましたね。シメサバが最高です。

0816_1

イサキ釣りを終了後はアジや小サバを釣って、それを生き餌にして泳がせ釣りをすることにしました。

私は一投目から何とヒラメを釣り上げました。60センチ近くある良型でした。下の写真、左から谷口さんが55センチのヒラメ、真中が私で、右が120センチのシーラを釣り上げた早川君です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さあ、帰ってから大変です。大漁の魚の捌きがあります。前回のイサキは刺身、昆布締め、塩焼き、煮付けで食べましたが、今回は燻製にも挑戦してみました。

まずは開いて、一晩、お酒入りの塩水につけて半日ネットで乾かしました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

その後、燻製器に入れて燻します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

燻し出して、3時間ぐらいで出来上がりました。イワナやアマゴに比べて半分ぐらいの時間で仕上がりです。やはり、海の魚は川魚ほど水っぽくないので早く仕上がりましたね。

さて、イサキの燻製のお味は?美味しいけど少しパサパサしていましたね。

 

さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)

「飛騨川水系で渓流釣り」

// 2017-08-07 // 釣り

7月22日飛騨川水系の川へ渓流釣りに出掛けました。さあ、早朝4時過ぎに到着しましたがまだ少し暗いので20分ほど夜明けを待って準備をします。

川へ降りて釣り開始です。私は川を下って釣ります。開始早々イワナがバンバン釣れます。しかし、川を上った同行の2名は何故か全然釣れません。上りはかなり攻められていて魚が擦れてしまったかも?さあ、同行の十九田陶業の小島社長がカエルの写真を送ってくれました。可愛いですね。

untitled

下の写真は滝の前で釣っている私です。渓流釣りは1石4鳥です。釣って楽しく、食べて美味しく、川のせせらぎでリラクゼーション、ハードな沢登で運動になるという優れものの趣味です。

untitled

上の写真は滝の前で釣りをしている私です。とっても綺麗でしょう。さあ、この川での釣果はイワナ11尾でした。6尾が25センチ以上という大イワナが釣れました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

川を変えて、大きな淵で釣り開始です。超渇水状態なのでイクラを巻きまくって魚の活性を上げます。それでも、なかなか釣れません。更にイクラを打ちます。すると大きなアタリが来ました。久しぶりのアマゴです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この淵では24センチのアマゴと20センチのイワナを釣ってこの日は納竿しました。

 

さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)

「若狭で1泊2日の海釣り」

// 2017-07-26 // 釣り

7月15日・16日と若狭で1泊2日の海釣りをしました。船はマルイ不動産のコアラ社長のクルーザーです。まずはアジ釣りをして、その活きたアジで泳がせ釣りをします。泳がせ釣りでブリ、大真鯛、ヒラメなどを狙います。

最近不調だったアジを大量に釣ることが出来ました。

0726_1

アジ釣りの後は少しキス釣りで遊んで、陸に上がって昼食のバーベキューです。

0726_2

昼食にはサザエやアワビの刺身で食べました。絶品でした。

0726_3

上の写真左からマルイ不動産の関連会社REの大野さん、私、東濃信用金庫元専務の松本さん、丸仙化学の水野社長で、写真を撮っているのがコアラ社長です。水野社長は釣りたてのキスの天ぷらをフライパンで揚げているところです。これも絶品でした。

午後からは泳がせ釣りで大物を狙います。

活きアジで泳がせ釣り開始です。最初のうちは全く当たりがありません。ところが30分ほどして怪しい動き、活きているアジが暴れています。アジの近くに大物が近寄っている証拠です。そして、いきなりド~ンと竿が引き込まれます。素早く合わせて巻き上げます。上がってきたのは45センチの超高級魚あこうです。ハタの仲間で刺身が絶品の根魚です。

0726_4

二日目もほぼ同じ工程で釣りをしました。結局、2日間で大物はあこう3尾という今一の釣果でしたが、二日間釣り三昧でとっても楽しみました。

そして、多治見に帰ってきたら当然、強運庵で釣果を楽しみます。下の写真には大野さんの手にはアジがいます。これも塩焼きで食べます。

0726_5

 

さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)

「大イワナ釣り」

// 2017-07-17 // 釣り

大イワナを釣るために小坂へ行ってきました。早朝1時半に起きて小坂に着いたのが4時過ぎ、着替えて釣り場まで移動して5時ごろから釣り開始です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上の写真の通り、前日の雨で火山灰が入って川が少し濁っています。水量も多く大爆釣の予感です。さて、やはり、一投目から水野君が大きなイワナを釣りました。それ以降もバンバン釣れます。

途中であまりにもビグが重くなってきたので少しでも軽くするために鰓と内臓を出すことにしました。この時点で既に12尾(水野君は11尾)です。
8尾が25センチ以上です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

続いて釣り開始です。相変わらずバンバン釣れます。あまりの大きさに糸が痛んで切れることもしばしばありますが釣れ続けます。

またまたビグが重いので鰓と内臓を取ります。私は新たに12尾追加しまして合計24尾(水野君は18尾)です。もう、ビグが一杯でイワナが入らなくなってきました。しかし、これが釣り師の性で、またまた釣ってしまいます。

でも、あまりにも釣れるのでなかなか魚止めまで到達しないし、ビグも一杯なので途中でやめることになりました

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

更に上の写真の通り4尾追加で私は合計28尾、水野君は24尾で私の勝利でした。
しかし、この日最大の29センチのイワナを釣ったのは水野君でした。

本当に大きなイワナばかりで20センチくらいの塩焼きサイズが52尾中5尾しかいませんでした。23センチから25センチが8尾、残りの39尾が25センチ以上でした。驚きの川です。

さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)