My Writings. My Thoughts.

「サムライズとのオンライン懇親会」

// 2020-10-23 // 経営

毎年、サムライズさん(川越)とは一緒に旅行をしていました。更にお互い川越と多治見の交互を行き来してお酒と食事で懇親を深めてきました。しかし、新型コロナで旅行も川越もいけませんでした。そこで、今回はサムライズの林ご夫妻の好意で川越料理を送っていただいてオンライン懇親会を開くことになりました。

201023_01

参加者は上のZOOM画面上の左から林ご夫妻、私と妻、浅田、下の段左から菱刈、水野君、石田さんです。水野君は林ご夫妻に多治見にお越しいただいたとき料理長として大活躍したので今回の参加となりました。
まずは贈っていただいたビールです。「COEDOビール」です。6本贈っていただいてすべて味が違うビールです。ヨーロッパビールのようにワインぽいビールで深みがあってとても美味しいです。

201023_02

さて、その他に川越名物黒豚(サツマイモを食べて育った黒豚だそうです。)・サツマイモ・ポークウインナーなどです。

201023_03

上の写真の一番奥が黒豚バラ肉のしゃぶしゃぶです。絶品です。そして、手前の丸い黄色の食べ物は大鯛のユッケです。私が釣った55センチの鯛ですよ~。
さあ、下の写真右下は美人の石田さんとご主人です。ご主人とは初対面です。お~イケメンですね。

201023_04

今日の所感: リアルも良いけど、オンライン懇親会もまた楽し!!

SMCグループの「キャッシュを増やす塾」を是非体験してください。
この塾に参加すればドンドンキャッシュが増えて良い会社になっていきますよ。
cashbnr

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正

社長ブログランキングに参加しております。
応援していただける方はクリックお願いします。

岐阜、愛知を中心に、中小企業を総合支援する
税理士法人SMCホールディングスのサイトはこちら。

「SMCグループの相続サービス」

// 2020-10-21 // 経営

SMCグループの目標に「創業百年企業を作ること」があります。我々のSMCグループの商品群「税務顧問・先行経営・経理代行・経理派遣・あんしん相続など」すべて、創業百年企業を1社でも多く作るためのサービスです。

創業百年企業を創るためには2つの条件があります。
 ①潤沢なキャッシュを保有して、キャッシュを枯渇させないこと
 ②円滑な事業承継と相続を行うこと

上記①の実現を支援するためのサービスが先行経営です。
そして、②の実現を支援するためのサービスが「あんしん相続」です。
SMCグループのあんしん相続は単に相続税の申告をしたり、相続税対策をするだけではなく、遺言、任意後見、家族信託など相続手続きなどの支援も行っています。
そこで、SMCグループの多治見事務所には「相続幟」を作って雨の日以外は立てています。

201021_01

白赤と白青の幟です。少し地味な気がしますね。
そこで、今回はSMCグループの各社を載せていた看板を相続看板に変えました。それも超派手な看板です。何と黄色と赤です。白色が無いのでよく目立ちます。

201021_02

SMCグループには各種に専門化された税理士が何と11名もいます。この中の相続専門の税理士があなた会社の事業承継・相続のお手伝いをします。
いつでもお気軽にご相談下さいね。フリーダイヤル:0120-459-964

今日の所感: 相続・事業承継の相談はSMCグループへ

SMCグループの「キャッシュを増やす塾」を是非体験してください。
この塾に参加すればドンドンキャッシュが増えて良い会社になっていきますよ。
cashbnr

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正

社長ブログランキングに参加しております。
応援していただける方はクリックお願いします。

岐阜、愛知を中心に、中小企業を総合支援する
税理士法人SMCホールディングスのサイトはこちら。

「初蒼生君日記」

// 2020-10-19 // 日常

蒼生君も生まれて2カ月を過ぎました。最近では声も出すし、笑顔にもなります。手で色々なものを握ります。そして、明らかに人の顔を見分けることができるようになりました。

201019_01

前にもブログにアップしましたが上の写真は蒼君が私の顔を見て「このおじさん誰?」という表情をしています。3日に1回ぐらいしか抱っこをしないので私の顔を覚えていないんでしょうね。奥さんや長女が抱っこすると笑顔になります。
さあ、下の写真は最近の写真です。私が抱っこをすると常に両手をグーにして緊張している様子です。奥さんや長女が抱っこすると手の平は開いているのにです。更にやはり「このおじさん誰?」という顔をしています。

201019_02

でも、日々赤ちゃんを見ていると成長しているのがよくわかります。

201019_03

最初はおじさん顔だった蒼生君もお父さん・お母さん(下の写真)のように段々目がパッチリしてきました。

201019_04

今日の所感: やはり、子供は親に似ます。

SMCグループの「キャッシュを増やす塾」を是非体験してください。
この塾に参加すればドンドンキャッシュが増えて良い会社になっていきますよ。
cashbnr

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正

社長ブログランキングに参加しております。
応援していただける方はクリックお願いします。

岐阜、愛知を中心に、中小企業を総合支援する
税理士法人SMCホールディングスのサイトはこちら。

「評価制度・給料体系実践塾第2回」

// 2020-10-16 // 経営

10回コースの評価制度・給料体系実践塾の第2回目をオンラインで開催しました。今回も16社が全員参加です。

201016_01

この塾は自ら評価制度と給料体系を作成する実践塾です。私もこの機会にSMCグループの評価制度と給料体系を完成させるつもりです。多くの会社がコンサルタントや社労士に依頼して評価制度や給料体系を作成しますが、私は上手くいった会社を見たことがありません。会社のことをよく知らないコンサルタントや社労士に依頼しても一般的な制度しかできません。会社のことを一番知っている社長自ら四苦八苦して評価制度・給料体系を作るしかありません。そして、ベストの制度は出来ないのです。その時点でベターな制度を作って徐々にブラッシュアップしていきます。しかし、ブラッシュアップした頃には環境が変化しているので更にブラッシュアップしなければなりません。このようにブラッシュアップは社長自らやるしかないのです。外部のコンサルや総務がやることではありません。
さて、久野社労士の講義です。レジュメが多すぎますが話の内容はわかりやすいです。

201016_02

レジュメが多いのは自分の話に自信が無い証拠です。下の写真はレジュメを画面共有しているところです。

201016_03

講義終了後はブレイクアウトセッションで実習です。そして、私のSMCグループの事例発表後もまたまたブレイクアウトセッションで実習です。
何と13時スタートで18時までやります。そして、その後、オンライン懇親会で20時ぐらいまで盛り上がります。

今日の所感: 評価制度・給料体系は社長自ら作りましょう。

SMCグループの「キャッシュを増やす塾」を是非体験してください。
この塾に参加すればドンドンキャッシュが増えて良い会社になっていきますよ。
cashbnr

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正

社長ブログランキングに参加しております。
応援していただける方はクリックお願いします。

岐阜、愛知を中心に、中小企業を総合支援する
税理士法人SMCホールディングスのサイトはこちら。

「久しぶりの海釣り」

// 2020-10-14 // 釣り

10月から渓流釣りが禁漁となったため、海釣りへ行ってきました。9名定員の船ですが3密を避けて釣りメンバーは6名です。車も4台で行き、3密を避けます。
今回は活きたウタセエビで真鯛狙いです。最初から小型の真鯛がポチポチ釣れます。

201014_01

上の写真は食べごろサイズの40センチぐらいの真鯛です。だいたいが30センチ前後の真鯛ばかりが釣れます。すると強い引きです。ハマチでした。
更にドラッグが出るくらいの引きです。この日最大の55センチの真鯛でした。(下の写真下) この真鯛は刺身、昆布締め、ユッケで美味しくいただきました。

201014_02

さて、上の写真の上の魚は鰺です。何と47センチの鰺です。このサイズの鰺を3尾も釣りました。何と鰺なのにドラッグが出ていくのです。こんな鰺は今まで見たことありません。
あまりにも大きかったので1尾は自分で捌きましたが残りの2尾はお裾分けしました。さて、この鰺は刺身、昆布締め、ナメロウ、叩きにして美味しくいただきました。

201014_03

上の写真は強運経営者塾ミズ組のオンライン懇親会でのおつまみです。左からハマチ・鰺の昆布締め、右が鯛の刺身と昆布締めです。真ん中が水野君が釣った特大(60センチ)アコウの刺身です。すべて、この海釣りの釣果です。いずれにしても海の魚は色々な料理ができて楽しく、そして、美味しいですね。 
今回の最終釣果は真鯛(11尾)・ハマチ(1尾)・鰺(3尾)・メバル(1尾)でした。

今日の所感: 魚釣りと料理は最高の趣味です。

SMCグループの「キャッシュを増やす塾」を是非体験してください。
この塾に参加すればドンドンキャッシュが増えて良い会社になっていきますよ。
cashbnr

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正

社長ブログランキングに参加しております。
応援していただける方はクリックお願いします。

岐阜、愛知を中心に、中小企業を総合支援する
税理士法人SMCホールディングスのサイトはこちら。

「2020年渓流釣り総括」

// 2020-10-12 // 釣り

今シーズンも渓流釣りが終了しました。今回は今シーズンの釣果を総括したいと思います。まずは過去2年の釣果です。
平成30年:イワナ327尾・アマゴ620尾・ニジマス13尾・ヤマメ17尾・アメマス29尾・オショロコマ11尾・サクラマス1尾 釣行32日 合計1018尾 1日平均32尾
令和元年:イワナ498尾・アマゴ1172尾・アメマス46尾・ニジマス32尾・オショリコマ20尾・ヤマメ18尾・サクラマス5尾 釣行38尾 合計1791尾 1日平均47尾
さて、今年です。
令和2年:イワナ510尾・アマゴ1430尾・アママス34尾・ニジマス12尾・オショロコマ5尾・ヤマメ23尾・サクラマス9尾 釣行38日 合計2023尾 1日平均53尾
今年の釣果は数は申し分ない結果でした。トータル2000越え、1日平均50越えは素晴らしいです。しかし、今年は北海道以外で尺上(30センチ以上)を釣ることができませんでした。原因は色々考えられます。一番の原因は同じ川へ行き過ぎて魚が大きくなる前に釣りすぎているのではと思っています。
さて、今年の一番の思い出はやはり北海道釣行でしょうね。コロナを避けてのコテージ宿泊、楽しい釣果を自炊で賞味しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして、50センチのアメマスを釣ったことですね。下の写真、左上から2番目が50センチのアメマスです。チャンチャン焼きで美味しくいただきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さらに今までで最大の25センチのオショロコマを釣ったことです。刺身で美味しくいただきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今年も渓流釣りを堪能させていただきました。来年も2月16日下伊那漁協解禁から楽しみますよ。シーズンオフは海釣りを楽しみます。

今日の所感:渓流釣り、毎年進化しています。

SMCグループの「キャッシュを増やす塾」を是非体験してください。
この塾に参加すればドンドンキャッシュが増えて良い会社になっていきますよ。
cashbnr

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正

社長ブログランキングに参加しております。
応援していただける方はクリックお願いします。

岐阜、愛知を中心に、中小企業を総合支援する
税理士法人SMCホールディングスのサイトはこちら。

「経営は経験Ⅱ」 

// 2020-10-09 // 経営

経営はどんどんチャレンジして経験して能力を身に付けていきます。しかし、人間誰でも1日24時間しかないので経験する時間には限界があります。だから、多くの経験を積むために経営者は朝早くから夜遅くまで長時間労働して多くの経験を積むことができます。

「太上は天を師とし、 其の次は人を師とし、 其の次は経を師とす」 言志録(佐藤一斎)

佐藤一斉は一番良いのは天を師とする:つまり、自分の人生での経験を師とすることと言っています。しかし、前述のとおり、経験するには1日24時間という制限があるので自ずから限界があります。

そこで、次は人を師とする:自分で経験するよりは劣るが人から学ぶことも有効であると言っています。セミナーや講演会で学ぶ、メンターなどから学ぶ、とても大事で効果もあると思います、しかし、人から学ぼうとすると時間や時代、場所を合わせなければ学ぶことができません。やはり、人から学ぶことにも限界があります。

さあ、最後は経を師とする:経とは書籍つまり本から学ぶことです。本はいつでもどこでも読むことができます。そして、3000年前の孔子の教えをも学ぶこともできます。時代や時間・場所も選びません。本からはいつでもどこでも学ぶことができます。

経験は自分で体験することが一番優れていますが、1日24時間という時間に限界があるので、人から体験を直接教えていただく、しかしこれにも限界があるので、本から学ぶのです。

だから、経営の能力はどれだけ本を読んだか、そして、それに基づいてチャレンジしたかで決まります。

今日の所感:週1冊は本を読みましょう。

SMCグループの「キャッシュを増やす塾」を是非体験してください。
この塾に参加すればドンドンキャッシュが増えて良い会社になっていきますよ。
cashbnr

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正

社長ブログランキングに参加しております。
応援していただける方はクリックお願いします。

岐阜、愛知を中心に、中小企業を総合支援する
税理士法人SMCホールディングスのサイトはこちら。

「経営は経験Ⅰ」

// 2020-10-07 // 経営

私は経営の能力は経験で身に付けるしかないと思っています。ところが多くの人は経営は才能と思っているんではないでしょうか? スポーツや芸術などは10代の天才少年・少女がいます。しかし、10代の天才経営者あるいは20代の天才経営者がいますか?現実にはいないのです。経営は才能ではなく、経験なのです。

やはり、10代や20代では経営者としての経験が足りなので優秀な経営者はいないのです。「経営にとって最も大事なことは経験なのです。」
さて、それでは「経験」はどのようにすると積むことができるのでしょうか?私の40年近い公認会計士としての経験からすると60才を過ぎても経験が足りなくて3流アホ経営者のままの人もいれば、30代で多くの経験を積んで優秀な経営者がいるのを知っています。
特に地場産業の2代目・3代目は殆どが3流アホ経営者ばかりです。単に無駄に年齢だけを重ねたどうしようもないアホ経営者ばかりです。

さて、それではどうすると経営に役立つ経験ができるのでしょうか?それは「チャレンジ=挑戦」することです。
経営者としての経験はどれだけチャレンジするかで決まります。チャレンジして成功するか失敗するかは関係ありません。いや、むしろ失敗の方が多くを学べるので失敗する方が良い経験がでるかもしれません。
優秀な経営者になるためには多くのチャレンジをして、多くの失敗をすることが大切なのです。

今日の所感:どんどんチャレンジして、失敗しましょう。

SMCグループの「キャッシュを増やす塾」を是非体験してください。
この塾に参加すればドンドンキャッシュが増えて良い会社になっていきますよ。
cashbnr

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正

社長ブログランキングに参加しております。
応援していただける方はクリックお願いします。

岐阜、愛知を中心に、中小企業を総合支援する
税理士法人SMCホールディングスのサイトはこちら。

「家族で魚関」

// 2020-10-05 // 日常

三女の麻弓が出産後、初めて家族で外食に行きました。まずは家族全員が大好きな魚関です。新型コロナ感染を防ぐために個室を予約しました。

201005_01

右手前が長女の江莉果、その奥が麻弓と孫の蒼生君です。左奥が私で手前が次女の詩央里です。写真を撮っているのが奥さんです。

201005_02

さて改めて、上の写真、左手前が自撮りをしている麻弓で奥が江莉果、右手前が私で、次が詩央里、一番奥が奥さんです。

さあ、魚関の食事です。最初は魚関の村手の配慮で器の蓋を開けると「福」の文字が書かれたイクラとうなぎの肝です。

201005_03

次が絶品のうまきです。オリベの器に黄色が映えますね。

201005_04

そして、村手が最近開発したウナギのべっこう焼きです。下の写真は白焼きではありませんよ。色が黄金色ですよね。香ばしくて最高です。

201005_05

飲み物は詩央里と一緒に白州ハイボールを堪能しました。この他にも、うなぎの白焼き、長焼き、うなぎの肝、ウナギの骨揚げなどもいただきました。久しぶりの魚関を堪能しました。

今日の所感:たまには家族で贅沢をしましょう。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
SMCグループの「キャッシュを増やす塾」を是非体験してください。
この塾に参加すればドンドンキャッシュが増えて良い会社になっていきますよ。
cashbnr
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正

社長ブログランキングに参加しております。
応援していただける方はクリックお願いします。

岐阜、愛知を中心に、中小企業を総合支援する
税理士法人SMCホールディングスのサイトはこちら。

「渓流釣りも後1回」

// 2020-10-02 // 釣り

9月の連休に下伊那漁協管区へ1泊2日の渓流釣りへ出かけました。最近の晴天続きで渇水状態です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

チビアマゴばかりが釣れます。それでも、時々20センチオーバーの体高のあるアマゴが楽しませてくれます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上の写真は上が25センチのイワナで、下が23センチのアマゴです。ともに刺身でいただきました。

201002_03

そして、初日最後に20センチから22センチのアマゴ3尾を連発しました。上の写真のようにパーマークが黒く刺青のような柄でした。これらも刺身で食べました。

2日目は晴天です。この日もチビばかり釣れます。それでも最後は23センチのイワナと20センチのアマゴを釣りました。これらは昆布締めで食べました。

201002_4

2日で116尾をゲットしました。刺身、昆布締め、炙り、塩焼き、唐揚げ、開き、燻製で美味しくいただきました。そして、卵と白子は漬けでいただきました。

今年の渓流釣り予定は38日でした。既に(このブログを書いているのは9月22日)37日渓流釣りへ行きました。最後の釣行は9月26日です。この37日で渓流魚を1939尾釣りました。最後に61尾釣れば、何と何と2000尾達成です。顔晴るぞ!!

今日の所感:趣味は命がけ。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
SMCグループの「キャッシュを増やす塾」を是非体験してください。
この塾に参加すればドンドンキャッシュが増えて良い会社になっていきますよ。
cashbnr
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正

社長ブログランキングに参加しております。
応援していただける方はクリックお願いします。

岐阜、愛知を中心に、中小企業を総合支援する
税理士法人SMCホールディングスのサイトはこちら。