My Writings. My Thoughts.

「アフターコロナの外食方法」

// 2021-04-09 // 日常

新型コロナショック前は1ヵ月のうち28日仕事で外食、2日自宅で食事という生活が正反対に一変しました。今は28日自宅で食事(自宅でのオンライン懇親会が15日ぐらいありますが)、2日を外食という感じです。しかも、外食は基本的に家族とです。
さて、この家族との外食は感染対策を徹底しています。家族で食事に行くお店は個室かその店を貸し切りにするようにしています。
さて、大好きなフレンチのシェブラウゼです。今年、3度目の貸し切りにしていただいて行ってきました。まず、シェブラウゼを貸し切りで予約します。そして、シェブラウゼへ行く家族を募ります。

上の写真の様に、この日はC-POWERの肥田社長夫妻、社労士法人とうかいの久野夫妻、丸仙化学の水野夫妻、KRSの清野夫妻、そして、曽根家は私夫婦と長女江莉果と三女麻弓と孫の蒼生君の13名での参加です。

上の写真の様に各夫婦が各テーブル座って夫婦同士が会話をして、たまに声をかけるぐらいで乾杯も無く個々にプライベートの時間を楽しむという趣向です。
この日は前回も参加してもらった水野夫妻・肥田夫妻・久野夫妻から蒼生君が三輪車のプレゼントをいただきました。蒼生君も三輪車が大のお気に入りで三輪車に乗っているときはご機嫌です。

今日の所感: 変化したアフターコロナを楽しみましょう。

SMCグループの「キャッシュを増やす塾」を是非体験してください。
この塾に参加すればドンドンキャッシュが増えて良い会社になっていきますよ。
cashbnr

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正

社長ブログランキングに参加しております。
応援していただける方はクリックお願いします。

岐阜、愛知を中心に、中小企業を総合支援する
税理士法人SMCホールディングスのサイトはこちら。

「加藤製作所経営計画発表会」

// 2021-04-07 // 経営

加藤製作所の経営計画発表会には10年近く毎年参加して激励の言葉を話させていただきました。
しかし、新型コロナ禍では100名くらいの社員が参加して、来賓も参加する形態はとれなくなりました。そこで、加藤製作所では社員を食堂に集めて3密にならないように3回に分けて開催されました。(下の写真は加藤社長から頂きました。)

さて、経営計画発表会に先立って加藤社長から激励の言葉をビデオレターでいただきたいとの要望がありましたので、事前にビデオレターをお送りしました。下の写真も加藤社長から送ってもらいました。写真右のモニターに映っているのは私ですが想像以上に髪の毛が減っているのにショックを受けました。

新型コロナショックで世の中が変化したにもかかわらず、変化しない会社・変化しない社員は取り残されますよという趣旨のことはビデオレターに込めてました。
事実、新型コロナ前に比べて売上が2割以上落ち込んでいる会社は社会の変化に着いていっていない絶滅危惧種です。そして、これらの絶滅危惧種の共通点は大きく世の中がこの一年で変化したにもかかわらず何も変化せず惰眠をむさぼりながら早くコロナが収まらないかなあとお目出度い希望を持っている3流アホ経営者です。
さて、後日、加藤社長から送っていただいた経営計画書です。

素晴らしい経営計画書です。これが達成できればアフターコロナでも加藤製作所は成長を続けることが出来るでしょうね。

今日の所感: 会社は変化し続けなければ生き残れません。

SMCグループの「キャッシュを増やす塾」を是非体験してください。
この塾に参加すればドンドンキャッシュが増えて良い会社になっていきますよ。
cashbnr

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正

社長ブログランキングに参加しております。
応援していただける方はクリックお願いします。

岐阜、愛知を中心に、中小企業を総合支援する
税理士法人SMCホールディングスのサイトはこちら。

「強運読書19」

// 2021-04-05 // 読書

「太上は天を師とし、其の次は人を師とし、其の次は経を師とす」言志録(佐藤一斎)
毎週月曜日は強運読書ブログです。私が読んで良かったと思う書籍を毎週ご紹介していこうと思います。是非、このブログの書籍画像をクリックしてアマゾンで書籍を購入してくださいね。
今回ご紹介する書籍は藤由達蔵氏の『結局、すぐやる人がすべてを手に入れる』です。

この本のカバーの裏側に「本書はこんな人に最適です」とあります。

   ▼いつも考えているうちにチャンスを逃す
   ▼「やらなきゃ」と思っているのに腰が上がらない
   ▼面倒くさくて、つい先送りにしてしまう
   ▼いつもギリギリにならないと動けない
   ▼口だけでなかなか行動できない

本当にその通りだと思います。しかし、これらの人は私がこの書籍をお勧めしても先送りしてどうせ読まないんですよね。
しかし、この書籍を素直に読んで行動に移せば、書籍の題名の通り、「すべてを手に入れる」ことが可能になると思います。

私は思い立ったら行動しないと居ても立っても居られない性格なのでこの書籍で言っていることは殆どができています。

自分の人生中で感じていることがあります。「すぐやる人が仕事ができる」ということです。期限までに時間があるからといって、すぐ仕事に手を付けない人はギリギリになって仕事をやりだすので何かあると期限に間に合わなかったり、バタバタして自分だけが大変な雰囲気になります。
こういう人はすぐやる人に比べて仕事をこなす量も少ないので能力もすぐやる人に比べて伸びません。忙しそうにしている人は先送りした結果です。

すぐやる人は能力が高く、すぐやらない人は能力が低くなるということです。

今日の所感:すぐやる人は能力が高い!!

SMCグループの「キャッシュを増やす塾」を是非体験してください。
この塾に参加すればドンドンキャッシュが増えて良い会社になっていきますよ。
cashbnr

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正

社長ブログランキングに参加しております。
応援していただける方はクリックお願いします。

岐阜、愛知を中心に、中小企業を総合支援する
税理士法人SMCホールディングスのサイトはこちら。

「絶不調の海釣り」

// 2021-04-02 // 釣り

私は1ヵ月に3回渓流釣りへ行き、1回は海釣りに行くようにしています。渓流釣りはドンドン進化して好調なのに、海釣りは絶不調です。
3月27日に5時集合で海釣りに出かけました。最近は海釣りは釣れない予感がしてあまりワクワクしません。
さあ、出船です。1時間以上かけて大山沖へと向かいます。

11名乗りの船を6名で貸し切って三蜜を避けての釣行です。波も無く天気も良さそうです。途中で朝日も登り、絶好の釣り日和です。

さあ、大山沖について、釣り開始です。活きたイワシで泳がせ釣りです。やってみますが全く当たりがありません。今日も嫌な予感がします。
1時間ほどしてアタリがありましたが魚がのりません。イワシに歯型の傷がつくだけです。恐らくヒラメだったんでしょうね。
そして、釣り開始3時間でやっと強烈な当たりがあり、やっと魚がのりました。しかし、何となく簡単に上がってくるので魚は小さそうです。
上がってきました。待望のヒラメです。しかし、小さいです。計測してみると35センチしかありませんでした。

この日の海釣りはこの1枚のヒラメで終了となりました。6名のうち坊主が2名、私を含めた3名が1尾、何と美人の曽我さんだけが4尾も釣りました。やはり、船頭の言うことを忠実に守っているから釣れるのかな? それとも魚も美人が好きなの?

今日の所感: 船宿を変えてみようかな?

SMCグループの「キャッシュを増やす塾」を是非体験してください。
この塾に参加すればドンドンキャッシュが増えて良い会社になっていきますよ。
cashbnr

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正

社長ブログランキングに参加しております。
応援していただける方はクリックお願いします。

岐阜、愛知を中心に、中小企業を総合支援する
税理士法人SMCホールディングスのサイトはこちら。

「第1回生産性向上塾」

// 2021-03-31 // 経営

第1回生産性向上塾がスタートしました。全3回で行います。この企画は社労士法人とうかいの久野社労士と私のコラボ企画です。塾生は社会保険労務士と税理士・公認会計士のみです。25事務所が参加されています。生産性に対する意識が高いことが分かります。

さて、生産性の定義は
生産性 = 売上高(売上総利益) ÷ 労働時間
です。

社労士も会計事務所も殆どが売上=売上総利益なので、生産性を上げるためには売上を増加させるか労働時間を下げるしかありません。
まずは私の講義からです。テーマは「生産性を倍増させたPDCA」です。

SMCグループは経営計画を作ってPDCAの経営サイクルを回しだして売上の増加が倍増しました。更にPDCAの経営サイクルのチェックを外部のコンサルタントに依頼したらまたまた売上の増加が倍増しました。私にとってはPDCAの経営サイクルは売上は4倍速にする魔法のツールだと思っています。
続いて、久野社労士です。

久野社労士は独立開業前から経営計画を作って私が外部のチェック者として経営の伴奏をしています。だから、社労士法人とうかいはスタート時から4倍速で売上増加を続けています。
PDCAの経営サイクルのことを知っている経営者は多いですが実際に経営サイクルを回している人はほんのわずかです。それだけPDCAの経営サイクルを回すのは難しいのです。
是非、PDCAの経営サイクルをSMCグループの伴奏で回してみませんか?

今日の所感: PDCAの経営サイクルは経営の魔法の杖です。

SMCグループの「キャッシュを増やす塾」を是非体験してください。
この塾に参加すればドンドンキャッシュが増えて良い会社になっていきますよ。
cashbnr

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正

社長ブログランキングに参加しております。
応援していただける方はクリックお願いします。

岐阜、愛知を中心に、中小企業を総合支援する
税理士法人SMCホールディングスのサイトはこちら。

「強運読書18」

// 2021-03-29 // 読書

「太上は天を師とし、其の次は人を師とし、其の次は経を師とす」言志録(佐藤一斎)

毎週月曜日は強運読書ブログです。私が読んで良かったと思う書籍を毎週ご紹介していこうと思います。是非、このブログの書籍画像をクリックしてアマゾンで書籍を購入してくださいね。
今回ご紹介する書籍は安藤広大氏の『伸びる会社は「これ」をやらない!』です。

以前紹介した「リーダーの仮面」の著者と同じです。3年11ヵ月で上場会社を作った安藤広大氏の経営に対する考え方である「識学」の考え方がよくわかる書籍です。安藤氏の経営に対する考え方は本物です。
書籍の帯には「組織パフォーマンスを最大化するマネジメント手法」とあります。更に

①現場に口を出さない
②結果重視! プロセスは一切評価しない
③社員はほめて育てない
④部下と一緒に飲みに行かない
⑤部下のモチベーションなど気にしない

とあります。

私の32年の経営の経験ですでに実践しているのが

②結果重視!プロセスは一切評価しない
③社員はほめて育てない
④部下と一緒に飲みに行かない

の3つです。特に③の社員はほめて育てないはとても重要だと思っています。巷に三流人事コンサルタントはほめて社員を育てろと言いますが、私はほめて育った社員は一人も見たことがありません。
さて、この2冊の書籍を読んで、私は組織運営を識学で行うことを意思決定しました。まずは高額の識学コンサルをスタートさせました。

今日の所感:識学で組織運営をしていきます。

SMCグループの「キャッシュを増やす塾」を是非体験してください。
この塾に参加すればドンドンキャッシュが増えて良い会社になっていきますよ。
cashbnr

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正

社長ブログランキングに参加しております。
応援していただける方はクリックお願いします。

岐阜、愛知を中心に、中小企業を総合支援する
税理士法人SMCホールディングスのサイトはこちら。

「初孫蒼生君日記」

// 2021-03-26 // 日常

久しぶりに初孫蒼生君ネタです。週末、土曜日は渓流釣り、日曜日は午前中、このブログなどを書いて昼食後、蒼生君と三女の麻弓と奥さんと4人でお出かけをしています。
まずは名古屋港水族館です。シャチの水槽の前でベビーカーに乗った蒼生君は大きな声を出して喜んでいました。6カ月の赤ちゃんでも楽しいんですね。

続いて、愛・地球博の跡地のモリコロパークです。蒼生君と私のツーショットですが全く興味が無い様子です。

さあ、続いて、瑞浪市の化石博物館に隣接してる公園です。三女の麻弓と蒼生君が滑り台に乗っていますが、蒼生君は何となく迷惑そうですよね。

次はセントレアに行ってきました。空港は新型コロナショックで空いているだろうという予測で昼食でも食べに出かけました。予想通り、セントレアは殆ど人がいません。3密が避けられて喜んでいましたが、何と食事をするお店も殆どが休業中でした。
それでも矢場とんが開いていたので矢場とんでトンカツを食べました。

さて、月に2度ほど、家族で外食をしています。コロナ感染が恐ろしいので個室の店かお店自体を貸し切り状態にして外食をしています。下の写真は多治見の「真心」です。美味しい活きていた剣先烏賊の刺身を食べました。

今日の所感: 休日は家族で過ごしましょう。

SMCグループの「キャッシュを増やす塾」を是非体験してください。
この塾に参加すればドンドンキャッシュが増えて良い会社になっていきますよ。
cashbnr

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正

社長ブログランキングに参加しております。
応援していただける方はクリックお願いします。

岐阜、愛知を中心に、中小企業を総合支援する
税理士法人SMCホールディングスのサイトはこちら。

「危機感の欠如」

// 2021-03-24 // 経営

SMCグループの差別化商品である先行経営(MAS監査)での出来事です。危機感の欠如で会社倒産へ驀進している会社の例です。

よく、「現状維持で良いんだ」「何故、成長しなければならないの?」と言われますが、成長しないのに社員の給料をどうやって上げていくの?毎年、成長する社員はどうしたら良いの?などなど、成長しない会社はいずれは消えてなくなる存在です。

私の親しいお客様でここ3年間ほとんど現状維持でも利益が出ていたので何もチャレンジをしない会社がありました。

ところがコロナショックで遂に2カ月連増赤字になました。何もチャレンジしてこなかったツケが来ました。私は「対応策を早急に考えなければヤバイですよ」と伝えました。すると、人事異動しただけの小手先の対応で「後は様子を見ます。」というお目出度い回答が来ました。まるで患者に他人事の様に言うドクターの言葉のようです。経営者としての能力の無さを痛感します。問題点は①3年間、何もチャレンジせず現状維持のみで満足してきたこと(ジリジリ利益は減少傾向にありました ) ②2カ月連続赤字にもかかわらず様子見という極楽トンボのような対応!!  会社倒産へ驀進していることが理解できていないです。

こんな状況であれば、次々と考えられる施策を打ち続ける必要があるのにビックリする対応で驚きました。真の経営の勉強をしていないとこんなことになるんですね。

基本的に経営の勉強不足が原因ですね。本人は勉強しているつもりでも真の経営の勉強をしていないからこの危機的状況がわからないのです。そして、周りにイエスマンばかりおいて厳しいことを言う人を排除してきたが原因です。裸の王様になってしまいましたね。

私の強運経営者塾に入る必要がありますね。

今日の所感: 敏感に危機感を持ちましょう。

SMCグループの「キャッシュを増やす塾」を是非体験してください。
この塾に参加すればドンドンキャッシュが増えて良い会社になっていきますよ。
cashbnr

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正

社長ブログランキングに参加しております。
応援していただける方はクリックお願いします。

岐阜、愛知を中心に、中小企業を総合支援する
税理士法人SMCホールディングスのサイトはこちら。

「強運読書17」

// 2021-03-22 // 読書

「太上は天を師とし、其の次は人を師とし、其の次は経を師とす」言志録(佐藤一斎)
毎週月曜日は強運読書ブログです。私が読んで良かったと思う書籍を毎週ご紹介していこうと思います。是非、このブログの書籍画像をクリックしてアマゾンで書籍を購入してくださいね。
今回ご紹介する書籍は本田健氏の「人生の目的」です。

私は本田健さんの「ユダヤ人大富豪の教え」を読んで感動しました。この本で大富豪の考え方が理解できた気がします。その後に「ユダヤ人大富豪の教え」の続編を続々出版されましたが殆ど意味が無い書籍ばかりです。最初に出版された「ユダヤ人大富豪の教え 幸せな金持ちにある17の秘訣」を読めば充分ですね。

さて、今回の「人生の目的」です。書籍の題名からすると難しそうに感じますが読んでみるととてもライトな感覚で読めます。少し諄いほど人生の目的の探し方が書かれています。そして、陥りやすい過ちなどがふんだんに書かれています。
人生の目的が見つからない人は是非、気軽な感覚で読んでみると、もしかして人生の目的が見つかるかも?
私は既に人生目的はあるので特に気楽に読めました。

今日の所感: 人生の目的を見つけましょう。

SMCグループの「キャッシュを増やす塾」を是非体験してください。
この塾に参加すればドンドンキャッシュが増えて良い会社になっていきますよ。
cashbnr

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正

社長ブログランキングに参加しております。
応援していただける方はクリックお願いします。

岐阜、愛知を中心に、中小企業を総合支援する
税理士法人SMCホールディングスのサイトはこちら。

「SMCグループ名古屋本社大改装」

// 2021-03-19 // 経営

昨年末からSMCグループ名古屋本社の改装に着手してやっと完成しました。まずは受付です。全体をコーディネートしていただいたのがエクシィズの笠井社長で。施工ははすのこ~むです。大改装のテーマは地元多治見のタイルをふんだんに使うことです。

上の写真が入り口の受付です。真ん中下あたりに受付電話があります。右に検温計があります。そして、SMCグループのロゴがあり、そのバックがいぶし銀のタイルです。私の釣り仲間の水野君の丸仙化学の製品です。高級感あふれて素晴らしいです。

そして、この受付を通ると通路です。その通路の右の壁が下の写真です。白いタイルの中に4つの小さい青色のタイルがあしらわれています。とても品があって良いですね。

そして、会議室(ZOOMルーム)の扉です。扉の真ん中に小さいタイルがちりばめられて縦長の棒状で貼られています。下の写真がピンクの部屋(実際には部屋の名前はまだ決まっていません)です。

そして、下の写真がブルーの部屋です。この他にもホワイト・パープル・グリーンなどがあります。

しかし、折角大改装しても、とても残念なのが新型コロナ禍で来客が少ないことです。更に私は殆どがテレワークなので名古屋本社に行かないことです。

今日の所感: 改装で気分が大きく変わります。

SMCグループの「キャッシュを増やす塾」を是非体験してください。
この塾に参加すればドンドンキャッシュが増えて良い会社になっていきますよ。
cashbnr

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正

社長ブログランキングに参加しております。
応援していただける方はクリックお願いします。

岐阜、愛知を中心に、中小企業を総合支援する
税理士法人SMCホールディングスのサイトはこちら。