「優良企業の条件」

業績の良い優良企業と業績の悪い企業で何が違うのだろうかと考えてみました。

<優良企業>

  1. 日々、当たり前のことを当たり前のようにやり続ける
  2. 他人のアドバイスを素直に聞いてチャレンジをする
  3. 今やれることは今やる、今止められることは今止める
  4. 企業は成長するものと思っている

<業績の悪い企業>

  1. 当たり前のことを当たり前のようにやり続けられない
    優良企業の経営者が当たり前と思っていることが業績の悪い経営者当たり目前と思えていないのが一番の原因。例えば、早起きをする、時間を守る、約束を守る、社員を大切にする、読書をするなどなど
  2. 業績の悪い企業の経営者は素直でない
    アドバイスをすると「ハイ」と言うけれど実行しない、実行するのは自分の好きなことだけ。ここでタチが悪いのは本人は素直で実行しているつもり.一生治らない不治の病です
  3. 今やれることも嫌なことは色々言い訳をして後回しにする
    今すぐ止められることも先延ばしにして止めない、事業からの撤退など早ければ早いほど被害が少ないのに先延ばしにして被害を拡大させる
  4. 自社も成長したいと思っているが環境のせいで成長できないと思っている
    成長できないのは自分の能力が無いせいなのに。しかし、自分が能力が無いことを薄々感づいているけれども認めたくない
今日の所感: あなたの会社は優良企業ですか?

Youtubeチャンネルを作成しました。私の経験上、多くの経営者が悩んだり、間違った意思決定をしている項目に焦点を合わせて解説しています。
チャンネル登録、Goodボタンよろしくお願いしますね。
youtubebnr


さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正

社長ブログランキングに参加しております。
応援していただける方はクリックお願いします。

岐阜、愛知を中心に、中小企業を総合支援する
税理士法人SMCホールディングスのサイトはこちら。

経営
シェアする
soneをフォローする
曽根康正の経営塾
タイトルとURLをコピーしました