Archive for: 10月, 2016

「こまわり君のお祝い」

// 2016-10-31 // 経営

 10月15日はこまわり君こと肥田君のお祝いです。今年の1月の強運経営者塾新年会でこの日は決定していました。
当初は結婚祝いになるはずでした。ところが根性のないこまわり君は結婚まで至りませんでした。かと言ってダメかというとそうでもなさそうです。肥田君らしくちっさく中途半端です。

 いずれにしても10月15日が来てしまいました。とにかくお祝いです。
10月は肥田君の誕生日なのでとりあえず、名目はともあれ「肥田君のお祝い」がスタートしました。
参加者からは結婚祝いなの?誕生祝なの?と聞かれます。実際よくわかりません。
企画運営はSMCの榎木と詩央里です。

1031_1

このお祝いに参加した人数は何と21名です。強運経営者塾の塾生はじめ多くの方々に参加していただきました。
詩央里の発案で全員がお祝いの為に尖がり帽を被っています。

まずは肥田君の挨拶です。
肥田君はあまりにも頭がデカいために尖がり帽がうまくかぶれません。帽子というより、鬼の角のようになっています。

1031_2

さあ、車いすをジャッキアップして挨拶がスタートです。
予想通り、涙涙の挨拶でした。ところがなかなか肝心の結婚の話が出てきません。岩村から「それでどうした、結論を早く言え!!」の言葉が飛びます。結論は上手く行っているみたいです。来年春にはゴールインできそうです。
でも、世の中は何が起こるかわかりませんけどね。

さあ、今回のパーティには全員が肥田君にお祝いのプレゼントを持ってきています。
それぞれがコメントしながら肥田君に渡していきます。ドンドン盛り上がって行きます。私も途中から記憶がありませんでした。

1031_3

さて、最後の締めは今回の肥田君の仲人役のコアラ社長の挨拶です。
肥田君を結婚する気にさせたのは私ですが、結婚できるところまで導いたのは小原社長です。小原社長は肥田君を弟のように可愛がっています。私は肥田君を奴隷のように可愛がっています。

肥田君、幸せになってね!!

さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)

「強運後継者塾第4回ランチェスター戦略」

// 2016-10-28 // 経営

 10月11日に強運後継者塾第4回を行いました。
メイン講師はランチェスター戦略のコンサルタント川端康浩氏です。

 強運後継者塾第2期は9名の参加で行っています。

1028_1

 さて、まずは前回の宿題の発表です。
前回の講師は100年企業の加藤製作所の加藤景司社長でした。宿題の発表は毎回2名を指名しています。
今回、その内の一人はセキュリティハウスの古賀聡君です。古賀君はいつも真面目に宿題をやってきます。内容もとても素晴らしいです。父親を超える素晴らしい経営者になれるものと思っています。

1028_2

さて、メインの川端先生の講義開始です。当然ランチャスターの営業戦略の話です。

1028_3

中小企業はランチェスター戦略の中の弱者の戦略をとる必要があります。
地域戦略、一点集中、接近戦などなどとっても勉強になります。

1028_4

今回の宿題の課題図書は上の写真の川端先生の著書をとさせていただきました。
塾終了後はいつものお店で懇親会です。
第2期の塾生は講義中はおとなしく、懇親会になると元気に出る塾生です。講義中も元気を出して欲しいですね。

さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)

「恵那・中津川経営革新カンファレンス2016」

// 2016-10-26 // 経営

 昨年に続いて10月10日に恵那・中津川経営革新カンファレンス2016に行ってきました。場所は東美濃ふれあいセンターの歌舞伎ホールでした。
 今回もメイン講師はドラッカーの後継者といわれるハーマン・サイモン氏です。
そして、学習院大学の上田教授、歴史小説家の童門冬二氏の講演もセットです。

1026_1

上の写真が当日のテキストです。
 今回のハーマン・サイモン氏の講演テーマが「利益をもたらすプライシング」です。
とっても興味のあるテーマです。京セラの稲盛氏が著書の中で言われている「値決めは経営」と通じるものがあると期待していました。

さあ、サイモン氏の講演です。

1026_2

身振り・手振りでとっても格好良いです。私より上かも?
日本の企業は値決めを軽視しているために84%の企業が価格競争に陥っているとのこと。自力で値決めをするためには差別化された付加価値のある商品・サービスを提供しなければなりません。
サイモン氏はこの付加価値が必要と言っていました。

 ところがこの付加価値を作り出せずに中小企業は苦しんでいるんです。
この付加価値の出し方を教えていただかなければ、実践に移すことが出来ません。

 さて、私の主催する「強運経営者塾」で塾生は自社の「会社の価値」を追求しています。
この会社の価値は殆どの会社が現状は持っていません。これを作り出すことが「利益をもたらすプライシング」になるのです。
知恵を絞って絞って初めて会社の価値を作り出すことが出来るのです。
この会社の価値を作って実践した会社だけが生き残ることが出来るのです。

 最後に、まだ読んでいませんが、ハーマン・サイモン氏の新刊の「価格の掟」を購入しましたので早速読んでみます。
付加価値の作り方が書いてあるかな?

1026_3

さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)

「またまた1泊2日の海釣り」

// 2016-10-24 // 経営

 先週に続いて、またまた1泊2日の海釣りに出かけました。
今回はマルイ不動産のコアラ社長のクルーザーでの釣行です。
マルイグループから小原社長を含む3名と東濃信用金庫の松本専務と私の5名です。

 初日は少し波が高かったですが何とかクルーザーを出すことが出来ました。
小鯵を釣って、その小鯵を生き餌にして大物のハマチやアコウを狙う予定でした。しかし、鯵が全く釣れません。小さなアコウや真鯛が釣れるだけです。
ところが、鯵を釣る私のサビキに大物がかかってしまいました。サビキにハマチがかかったのです。これはまずい、仕掛けの糸が細すぎます。
何とか糸を切られないように繊細なやり取りを繰り返して、何とか奇跡的に釣り上げることが出来ました。
50センチ弱のハマチでした。

1024_1

このハマチは翌日、強運庵で刺身として美味しく頂きました。

1024_2

鯵が釣れなかったのでジギングでハマチなどの大物を狙うことにしました。
するとREの井戸君がシーラを釣り上げました。
私も同じようにシーラがかかるのですが何度も外れてしまいます。それでも何とかジギングでシーラを釣り上げました。

 ところがずっとサビキでやっていた松本専務にシーラがかかりました。
サビキではシーラはとても上げられないと思っていましたが、何と松本専務はサビキでシーラを釣りあげてしまいました。脅威です。

1024_3

翌日、シーラは強運庵でムニエルと唐揚げにして美味しくいただきました。

1024_4

翌日は強風で海に出ることが出来なかったので岸からハゼ釣りをすることにしました。
ポツポツ釣れて5人で20尾ほど釣って終了です。

ハゼも強運庵で唐揚げで美味しくいただきました。
ハゼの唐揚げは絶品ですね。

1024_5

さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)

「クイックワーカー & 青山事務所」

// 2016-10-21 // 経営

 10月7日、CFO&SMC税理士法人青山事務所へ初めていきました。
下の写真は青山事務所が入っているテナントビルのエントランスです。銀座線の青山1丁目と外苑前の間ぐらいにあります。

1021_1

 3Fに事務所があるので上がって行きます。
扉を開けて中に入るとウエルカムボードがあります。このウエルカムボードは青山事務所常駐の高田が書いてくれました。
1021_2

高田は9月からSMC税理士法人名古屋本社からCFO&SMC税理士法人青山事務所へ転籍して、東京常駐社員となっていました。

早速、中に入ってみると青山らしく元アパレル関係の事務所だったのでとってもおしゃれな雰囲気でした。
下の写真は10月が高田の誕生日なのでSMCグループ40名強の寄せ書きが書かれている誕生日カードと誕生日祝いのお米券(高田希望した誕生日プレゼントです)を菱刈が届けてくれました。

1021_3

 青山事務所はまだ高田一人しかいません。
早く、スタッフを入れて、ドンドン大きくしていきたいですね。

 さて、この日の夜は平成25年にSMCグループがMAS監査を受けていたクイックワーカーの富山先生と会食をします。
青山を4時過ぎに出て新宿へ向かいます。

新宿の居酒屋で4名で会食をします。
下の写真、前列左が超美人の富山先生で、右が12月にMAP経営で私と一緒にセミナーをする鈴木大樹君です。

1021_4

後列左がSMCの美人マドンナ菱刈と右が私です。
MAS監査でSMCグループの師匠であるクイックワーカーのお二人と2時間余り情報交換をしているとアッという間に時間が過ぎてしまいました。
でも、MAS監査のトップランナーから得た情報は我々にとってとっても有意義でした。
来年には富山先生・鈴木大樹君にはSMCグループの研修講師をお願いしました。
とても楽しみです。

さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)

「恒例の1泊2日の海釣り」

// 2016-10-19 // 経営

 渓流釣りが禁漁になった10月初めに毎年1泊2日で海釣りに出かけています。
今回はプルデンシャル生命営業NO.1の中原さんと竹雅さんを招いての釣行となりました。総勢、6名です。

 まず、初日は坂崎丸を貸し切ってワラサ・ブリ・真鯛を狙います。
ところが、小さな真鯛が釣れるだけでなかなか大物がかかりません。そんな時に突然、ガ~ンと大きなアタリ、強い引きが来ました。
これは青物の大物です。ブリかワラサです。グイグイ引き込まれながらも何とかゲットしました。
70センチ位のワラサ(ぶりとハマチの間)が釣れました。

1019_1

さて、釣行終了後はセントレアの温泉に入って、その後はトレーラーハウスでバーベキューです。

1019_2

上の写真はバーべキューの真っ最中です。
左から中原さん・私・竹雅さんです。自分達で釣ったワラサや真鯛を刺身や塩焼きにして美味しくいただきました。

 さあ、二日目です。
この日は松下丸を貸し切りました。大物の真鯛だけを狙います。ウタセエビで大物を釣ります、

 この日は前日と打って変わって最初から真鯛がバンバン釣れます。最初は型が小さかったのですが段々大物釣れだしました。
下の写真は竹雅さんが釣った60センチオーバーの真鯛です。綺麗な真鯛ですね。

1019_3

私は55センチどまりでした。
しかし、この55センチの鯛の引きは圧巻でした。ドンドン、ドラッグが出ていくのです。姿を見るまでは間違いなく70センチ超だと思っていました。

1019_4

上の写真、手前左が竹雅さんの60センチ超、その右が私の釣った55センチの真鯛です。
上の写真の通り、結構な釣果に恵まれました。
6名で行った1泊2日の海釣り釣行、最後は恒例の強運庵で釣果を賞味しながら懇親を深めました。

さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)

「第4期東京NO.1実践塾2回目」

// 2016-10-17 // 経営

 9月28日に第4期東京NO.1実践塾2回目を行いました。
今回も20名の参加でスタートしました。今回のテーマは「将軍の日の開催」です。

1017_1

 冒頭ではこの5か月間の実践塾の間にMAS監査契約を何件獲得するかの決意表明をしていただきました。
殆どの事務所が「目標3件」というところを、下の写真の東京中央の升田君は何と「15件」と決意を語ってくれました。
頼もしい限りです。大法螺吹きにならないようにね。

1017_2

 下の写真は、獲得件数を色紙に書いて手型を打ってもらい、決意を固めていただきます。

1017_3

 さて、今回の塾では将軍の日を開催してMAS監査を獲得することをメインに講義を進めていきました。
多くの会計事務所が将軍の日を開催すると将軍の日が目的になってしまってMAS監査のクロージングが出来ないのです。
そして、当然、将軍の日に参加すれば参加した客様の満足度が高いために会計事務所側もそれで満足してしまうのです。将軍の日は目的ではなく、手段であること、つまりMAS監査獲得のためのクロージングすることが目的であることをキッチリ認識していただきました。

1017_4

上の写真はSMCグループの将軍の日をDVDで見ていただいているところです。

 さあ、実践塾3回目までの間に将軍の日を開催することが今回の宿題です。
いくつの事務所がMAS監査を獲得されるか、とても楽しみです。

さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)

「結婚30周年」

// 2016-10-14 // 経営

 9月27日で結婚して30年になります。
25周年に続いて、魚関でお祝いの食事をすることにしました。魚関の村手君にすべてをお任せでお願いしました。
いつも通り、とっても素晴らしい料理を食べさせていただきました。

1014_1

 上の写真は頭の薄くなった村手君とのツーショットです。
私の手には村手君が用意してくれたとってもスモーキーなウイスキーのボトルです。
当然、いつも通りハイボールで飲みます。

1014_2 1014_3

上の写真左は箸袋に「祝」の金文字です。
右は赤飯の器を開けると蓋の裏に「福」の文字です。魚関さん料理の味に感動すると共にこの気遣いにも感動です。

 30年といえば、自分の人生の半分以上です。長い間一緒にいたものです。
結婚する前は他人であった二人が30年も一緒に住んでいるなんて何か不思議な気がします。
この30年の間に子供が3人生まれ、その3人が皆、すでに働いています。後は結婚して子供を作るだけです。けれど、このハードルがとっても高そうです。

1014_4

さて、この先、40年、50年と周年のお祝いを魚関さんで出来ればと思っています。

 30周年のお祝いの翌日、魚関の村手君からとっても嬉しいメールが来ました。
「曽根さん  昨夜はありがとうございました。お目でたいせきはこちらも嬉しく思います!幸せのお裾分けを勝手に頂戴いたしました!末長くお健やかに!」
村手君、有難うね。

さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)

「チーム達成(Tassei) SMC事務所見学会」

// 2016-10-12 // 経営

 9月26日にチーム達成(Tassei)のメンバーにSMCグループの事務所見学をしていただきました。
30名近くの方々にSMCグループの名古屋本社に来ていただきました。
今回の見学会はチーム達成(Tassei)のメンバーなので、すべて見学内容はMAS監査(先行経営)についてです。

1012_1

 まずは私の概要説明からスタートしました。
そして、菱刈から先行経営の拡大の経緯などを説明した後、QGMの美人女性安田さんに話していただきました。

1012_2

 安田さんは会計税務に携わったこともなく当然簿記の知識もないにもかかわらず、今年の1月から初めて先行経営に携わって、今では22件を担当しているとのこと。
凄いですね。安田さんのモチベーションの高さにはビックリでした。

 続いて、SMCグループのスーパーパート山本です。
SMCグループの先行経営は山本無くしては全く回らなくなります。
彼女の頑張り、能力に頼り切っているSMCグループの先行経営です。

1012_3

 そして、SMCグループの事務所見学です。
やはり、ペーパーレスとSEに質問が集中します。

1012_4

SMCグループ名古屋本社がはち切れんばかりの人数で超満員でした。

 さて、最後はSMCグループの先行経営先の超優良企業「社労士法人とうかい」久野先生にMAS監査で急成長している体験談を語っていただきました。
主催した私達もとっても勉強になり、そして楽しい見学会となりました。

さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)

「今シーズン渓流釣り釣果分析」

// 2016-10-10 // 経営

9月末で渓流釣りシーズンが終了しました。

今期の釣果は渓流釣行日23日で
  イワナ:184尾 アマゴ:367尾 ニジマス:2尾でした。
  一日平均:24尾の好成績を収めることが出来ました。

27年は釣行日が26日で
  イワナ:146尾 アマゴ:182尾 ヤマメ:15尾 ニジマス:2尾
  一日平均:13.3尾

26年は釣行日が32日で
  イワナ:300尾 アマゴ:253尾 ヤマメ:23尾
  一日平均が18尾でした。

昨年は春先の水温の低下と渇水で一日平均が13.3尾に下がってしまいました。
ところが、今年も渇水は一緒でしたが沢山釣ることが出来ました。最近では20尾を下回ると少ないなあと思うような贅沢になりました。
何故、こんなに釣果が上がるようになったかというと、色々理由は考えられますが、やはりライバルの丸仙化学の水野社長に毎回、釣った魚の数で負け続けているために負けまいとして頑張るからだと思います。
ライバルの存在は必要ですね。
でも、因みに水野社長はちっさいのを釣るのが得意ですけどね (笑)

 さて、今年の想い出はやはり2尾の尺イワナです。

1010_1

1010%ef%bc%bf2

共に下伊那漁協のS川で釣ったイワナです。しかも同じ淵です。
色も形も似ていますよね。上が33センチ、下が31センチです。

1010%ef%bc%bf3

上の写真の剥製は33センチのイワナです。
下の写真のイワナも12月頃には剥製になってきます。
強運庵に飾りますので是非、見に来てくださいね。

 さて、来シーズンも尺越えイワナ・アマゴを狙って釣行を楽しみます。

さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)