「初孫蒼生君日記」

// 2020-12-30 // 日常

今年最後のブログです。多治見のフレンチでまだまだ知らないところがあるんだなあと思いました。
今回初めて行ったのは「BISTRO HICOT」です。とても分かりずらいところで、かつ、最後の坂の急さ加減は半端でありませんでした。

201230_01

今回は初孫蒼生君、奥さん、長女の江莉果、三女の麻弓と一緒に行ってきました。

201230_02

さて、メニュー表が来て選ぼうとするとディナーなのにランチのような値段なのです。「おい、この店、大丈夫か?」と思いましたが、もう注文するしかありません。4000円のセット料理を注文しました。まずはサラダです。これに美味しくてビックリです。更にスープです。ごぼうスープです。お~、これは美味しい、メインディッシュの魚とお肉が楽しみになりました。

201230_03

お肉はサーロイン(フィレ肉の方が高級みたいですが、私は油肉があるサーロインの方が好きです。)、魚はスズキ(マダカ)のムニエルです。どちらも最高でした。コストパフォーマンスはとても高いですね。大満足でした。
最後に食事中、ずっと寝ていた「おりこうさん」の蒼生君の写真です。

201230_04

今日の所感: 意外に知らないお店があるんだなあ!!

SMCグループの「キャッシュを増やす塾」を是非体験してください。
この塾に参加すればドンドンキャッシュが増えて良い会社になっていきますよ。
cashbnr

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正

社長ブログランキングに参加しております。
応援していただける方はクリックお願いします。