「After コロナ」

// 2020-06-15 // 経営

コロナショックでビジネススタイル・ライフスタイルが大きく変わりました。外食をしない、ステイホームで巣ごもり生活など、一変しました。

しかし、先行経営(MAS監査)で中小企業経営者と話をすると変化していない人が数多くいます。変化の中でじっと何もせず耐えていれば、元に戻ると信じているおめでたい経営者です。環境が変化しているのに自分だけ変わらなくて何とかなるのと思っているのです。

世間を見ていると飲食店でお客様が来ないのでテイクアウト食を低価格で提供しているのが変化をしない典型です。本人たちはテイクアウト食の提供でコロナショックに適応しているつもりでしょうが、全く変化していないのです。それはコロナショックが終息したらテイクアウト食を平気で止めて、元の来店型に戻るつもりなのです。

この姿勢には腹が立ちます。苦しいから小遣い稼ぎにテイクアウト食を作っているのです。さみしい限りです。

どうせやるなら、もっと品質の高いテイクアウト食をやるべきです。来店型で5000円の食事を提供していたならば、テイクアウト食も5000円相当(サービスが無いので4000円ぐらいかも)にして、来店と同質のテイクアウト食を提供することです。

テレビでやっていたのが「オンラインレストラン」です。一流のフレンチレストランが調理方法の書かれた紙と一緒に食材とソースを宅配で各家庭に送ります。そして、各家庭で調理をします。午後6時、zoomでオンラインレストランの開始です。シェフが料理の説明をします。そして、産地の農家の人もzoomに参加して作り手の思いを伝えます。更にピアニストもzoomで参加して演奏をします。これこそ、After コロナの典型ですね。

コロナショック前では考えられないオンラインレストランです。これを実行すれば、オンラインレストランの来店客は日本中、いや、世界中が市場になるのです。そして、店舗も従業員も必要ありません。

さあ、読者の皆さん、コロナショックでどのように変化しましたか? Afterコロナは変身した企業になっていましょう。

今日の所感:ダーウィン「強い者が生き延びたのではない。変化に適応したものが生き延びたのだ。」

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
SMCグループが渾身の力を込めて運営している「キャッシュを増やすヒケツ」サイトを見てくださいね。
キャッシュを増やすヒケツ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正

社長ブログランキングに参加しております。
応援していただける方はクリックお願いします。