「10年ぶりに飲みました」

// 2018-03-09 // 経営

久しぶりにR&Cエンタープライズの山中社長と飲みました。何と10年ぶりです。場所は名古屋市伏見の高級料亭の「鯛めし楼」です。流石は山中社長です。下の写真の通り、大都会に和風のシックな創りのお店でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

私はハイボール、山中社長は熱燗です。熱燗は何と多治見の造り酒屋の三千盛です。糖尿病の私も少しいただいてしまいました。
さて、山中社長と私のどちらが若く見えるかで勝負しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まずは上の写真のように笑顔で勝負です。私の100万ドルの笑顔は最高ですね。
次は瞼の弛みをとって大きく目を見開いての勝負です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上の写真の通り、私の方が大きな目になりました。さて、店の女将に判定しもらいます。とっても40代後半には見えない可愛い女将です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さて、勝敗は山中社長54歳、曽根52歳で私の方が勝ちました。山中社長、髪が薄いのが致命傷ですね。
鯛めし楼は当然鯛がメイン料理ですが、ヒラメや貝の刺身も絶品でした。特にうなぎの白焼きに感動です。関東のように蒸かしたセコイうなぎ料理ではなく、生から焼いたとっても美味しいものでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

是非、次も行ってみたくなる店でした。

さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)

社長ブログランキングに参加しております。
応援していただける方はクリックお願いします。