「コロナショック後を考える」 

// 2020-05-11 // 日常, 経営

コロナショックで生活が大きく変わりました。テレワーク、お客様の面談はzoomで、飲み会もzoomで、食事は三食自宅で、などなど、本当に生活が一変しました。
まずは毎日パソコンとにらめっこです。長い日は10時間はパソコンと向かい合っています。目が疲れますね。そこで、目薬を購入しました。

200511_01

そして、自宅のWi-Fiがあまりにも遅いので回線をグレードアップすると同時にルーターも新調しました。ノートパソコンも新調する予定です。

200511_02

さらに私は自宅での仕事はあまりしないので普段はコタツでブログを書いたり、セミナーのレジュメを作っていました。ところが毎日毎日テレワークで自宅のコタツで仕事をしていると腰が痛くてたまりませんでした。そこで、机4500円、椅子4000円で清水の舞台から飛び降りる気持ちで購入しました。

200511_03

結構快適に仕事ができますね。
さて、本題です。何故、こんなにも投資をしているかというとコロナショックが収束してもSMCグループはこのビジネススタイルを継続するつもりでいます。このビジネススタイルはとても生産性が高いと思っています。
多くの人はコロナショックが収まれば、コロナショック前のように戻ると思っています。私はそうは思えません。これだけビジネススタイル、ライフスタイルが変わってしまったら、元に戻ることはないでしょう。
我々はこのコロナショックを契機に進化するしかないのです。現在はコロナショック後を見据えてどのような戦略をとるのかをじっと考え抜くことが肝要だと思います。
殆どの三流アホ経営者はコロナショック前に戻ると良いなあと思っているおめでたい人間です。我々はこの機会に進化しましょう。

さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)

社長ブログランキングに参加しております。
応援していただける方はクリックお願いします。