「お盆恒例の1泊2日の渓流釣り」

// 2019-08-30 // 釣り

今年もお盆に1泊2日の渓流釣りに出かけてきました。まずは木曽漁協管区のS川へと向かいます。5カ月ぶりです。
期待は大きかったですが、2時間釣ってボウズです。極秘釣法も効きませんでした。川を変えます。I川です。ここは小さな川ですが魚影は濃いはずです。釣り始めると川は小さいですがバンバン釣れます。ある流れ込みでは8連荘でした。下の堰堤がこの川の最終でした。この川で何と37尾ゲット。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

川を変えてA川の支流へと入ります。下の堰堤がこの支流の最終です。ここで8尾のアマゴをゲットです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして、この日最後のW川で釣ります。素晴らしい渓相です。下のプールで何とアマゴを30尾ゲットです。釣り堀状態でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この日の釣果は75尾でした。この日の宿泊は平谷のフィッシングスポットのロッジです。下の写真はロッジで本日釣ったイワナとアマゴを塩焼きにしているところです。奥に見えるのが寝室です。布団があるので快適です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さて翌日は下伊那漁場管区のS川へと向かいます。水量はいつもより少し多めです。魚の活性はとても高いです。開きサイズの15センチくらいのアマゴがバンバン釣れます。容赦なく釣っていきます。6時間ほど釣って最終のプール(下の写真)へ来ました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

このプールで26センチのイワナと21センチのアマゴを釣って終了です。この川での釣果は何と95尾でした。
そして、今回の釣行の最後の川はM川です。ここで12尾のアマゴを追加して終了です。2日目の釣果は何と107尾でした。新記録です。2日間合計が182尾です。
すべて、唐揚げ、塩焼、開き、燻製、昆布締め刺身で美味しくいただきます。

さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)

社長ブログランキングに参加しております。
応援していただける方はクリックお願いします。