「麻弓とはせ川寿司」 

// 2019-08-21 // 日常

東京でリクルートに勤めながら結婚生活をしている三女の麻弓が名古屋出張の時に自宅に泊まっていました。その間に体調を崩して入院、3週間近く、自宅で療養していました。そして、ほぼ全快したので快気祝いに多治見のはせ川寿司へ行ってきました。7年ぶりでしょうか?とにかく移転してから初めてです。

190821_01

店舗はとても綺麗で新鮮でした。今回はカウンターに座りました。下の写真右から奥さん、麻弓、私です。

190821_02

まずは多治見で一番美味しいタコから食べます。タコはアナゴの煮汁で煮ているから美味しいそうです。それにしても美味しいですね。その後もトロ、ウニ、赤貝、シメサバ、アナゴなどを次々に食べ行きます。

190821_03

飲み物は最近は芋焼酎のソーダ割りです。意外にさわやかで美味しいんですよ。
しかし、寿司屋は刺身ばかりでやはり飽きてきます。煮魚や焼き魚がもっと豊富にあると良いですね。でも、蜂の子(へぼ)はありました。
いずれにしても三女麻弓が全快して良かったです。
さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)

社長ブログランキングに参加しております。
応援していただける方はクリックお願いします。