Archive for: 6月, 2020

「今年の誕生日プレゼントの特徴Ⅱ」

// 2020-06-29 // 日常

今年の誕生日プレゼントにはもう一つの特徴がありました。それは個別感です。まずは肥田君からもらったプレゼントです。まずは突然私の家の前に来ていきなり「ハッピバースデイ トゥーユー♪♪♪♪♪♪」と歌いだしました。結構、近所迷惑でした。そして、誕生日プレゼントは「カズチー」です。セレブ好みの高級おつまみです。チーズの中に数の子が入っているのです。普通のカズチーに私と奥さんの写真が貼ってあって「のぶチー」と書かれています。ちなみに私の奥さんの名前が「伸子」だからですね。その他にも色々なシールが貼られたカズチーがりあました。

200629_01

次がQGMの渡辺君と安田さんからです。左はバランタイン15年物です。右が革張りのメモ帳で下に「Y.sone」とあります。特別感がありますね。

200629_02

そして、SMCグループの埼玉支店の内田さんからのプレゼントです。夫婦カップです。「康正」「伸子」と書かれています。

200629_03

さて、これ以外にも素敵なポロシャツ、ラルフローレンのトランクスなどなど、素敵なプレゼントを有難うございました。

今日の所感:個別感のあるプレゼントは最高です。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
SMCグループが渾身の力を込めて運営している「キャッシュを増やすヒケツ」サイトを見てくださいね。
キャッシュを増やすヒケツ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正

「今年の誕生日プレゼントの特徴Ⅰ」

// 2020-06-26 // 日常

6月8日は私の誕生日です。今年で61才です。お客様から「2度目の1歳の誕生日おめでとうございます。」といただきました。

今年の誕生日プレゼントの特徴Ⅰは「リモートワーク」にかかわるものが多かったことです。

200626_01

上の写真、丸い輪っかがLEDスタンドです。zoomカメラの照明用です。その下が炭酸水サーバーです。Zoom懇親会の時のハイボールに最適です。その下がお米と海苔です。これが凄いです。私は糖尿病なので節制するために昼はおにぎりとゆで卵だけです。毎日、自宅でおにぎりを食べるのでお米と海苔なのです。有難いです。

200626_02

上の写真がお酒とおつまみです。お酒も焼酎・ウイスキー・日本酒と様々です。これもzoom懇親会で活躍をしています。

そして、七笑いの「蔵の隠れ酒」6本です。これもzoom懇親会で飲んでいます。

200626_03

そして、最後がヘッドセットです。このヘッドセットは外からの音が遮断されて最高です。でも、夏は少し暑いかもです。

200626_04

今年も多くのプレゼントを有難うございました。

今日の所感:誕生日プレゼント、感謝・感謝です。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
SMCグループが渾身の力を込めて運営している「キャッシュを増やすヒケツ」サイトを見てくださいね。
キャッシュを増やすヒケツ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正

「人間の能力」

// 2020-06-24 // 経営

私は過去に5000人以上の経営者と知り合ってきました。これらの人はやはり経営者だけあって様々な特徴を持っています。特徴というより能力と言った方が良いかもしれません。ところがこの自分の能力に気が付いている人が少ないのです。あるいはこの能力を欠点と思っている人もいます。

先日、NHKの「ダーウィンが来た」を見ていたら、人工飼育したヤンバルクイーナが野生に放たれて、ツガイになって子育てをしていました。このヤンバルクイーナが初だそうです。そして、ヤンバルクイーナが人工飼育しているときの一番の特徴が「超臆病」だったそうです。この臆病という一見欠点に見える特徴が野生では命を守る長所に代わるんですね。

さて、本題です。臆病という特徴は本来、長所でも短所でもないのです。単に臆病という中立の特徴なのです。ところが臆病という特徴はある局面では長所になり、別の局面では短所になるのです。つまり、自分をどのような状況に置くかで変わるのです。もし、そうであるならば、自分の特徴を常に長所となる様な状況に身を置けば、人生は豊かになります。

例えば、強運経営者塾の塾生の肥田君です。特徴は「気が小さい、あるいは器が小さい」です。一見短所のように見えます。これが短所になるときは、組織でトップの役割ではないどうでもよいことが心配になって口を出してしまうことです。これでは社員が自分で意思決定して行動しなくなります。すべてトップに聞けばよくなってしまいます。一方、この特徴は新規事業や採用には長所となって現れます。気が小さいため慎重なのです。肥田君は気が小さいのにチャレンジ精神が旺盛なのです。しかし、過去、新規事業で殆ど失敗をしていません。これは気が小さいことが長所となっているからでしょう。経営者としてやるべきことだけをやっていれば、この特徴も長所となって現れます。

200624_01

こまわり君、禿ています。

読者の皆さんも自分の短所と思っているところが身を置く場所を変えることによって長所になるんですよ。

今日の所感:自分の能力を活かしましょう。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
SMCグループが渾身の力を込めて運営している「キャッシュを増やすヒケツ」サイトを見てくださいね。
キャッシュを増やすヒケツ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正

「洗車」

// 2020-06-22 // 日常

釣りに行くときにコロナショック前は水野君か長谷川君の車に同乗させていただいていました。ところがコロナショックで3密を避けるということで車の同乗も止めることにしました。そして、自分の愛車マークXジオで毎回行くことになりました。殆ど週一で釣りに行くので愛車の中がだんだん魚臭くなると同時に外観もだんだん汚れてきました。

そんな時に土曜日が一日空いたので20年ぶりに自力で洗車することにしました。

200622_01

この愛車は3年落ちの中古車でもう11年乗ってるので既に14才です。でも、よく走るしとても調子良いですね。

さて、自宅の向かいにイエローハットがあるので洗車用のシャンプーと液体ワックスとガラスコートを購入してきました。 まず、シャンプーで洗車して、水で洗い流し濡れた状態で液体ワックスを噴霧して乾いたタオルで拭くだけでワックスが完了です。20年前は固形ワックスを一所懸命塗り込んで乾いたらタオルで一生懸命拭いて筋肉痛になったものです。ところがこの液体ワックスは楽ちんでした。

愛車のバックには日本国旗のシールがあります。決して右翼ではありません。日本国が大好きなだけです。

200622_02

車の車内も綺麗に清掃して芳香剤も置きました。すると不思議です。手をかけただけ車に愛着が沸きますね。ドンドン愛車が愛おしくなります。今では釣りから帰ってくると真っ先に愛車の車内を清掃するようになりました。

米田モータースの故米田社長が選んでくれた愛車です。米田社長の形見と思って大切にしています。

今日の所感:物を大切にすればするほどそのものに愛着が湧きます。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
SMCグループが渾身の力を込めて運営している「キャッシュを増やすヒケツ」サイトを見てくださいね。
キャッシュを増やすヒケツ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正

「充実したリモートグッズ」

// 2020-06-19 // 経営

4月上旬から始まったリモートワークも2カ月近くになりました。当初は机・椅子を購入し、その後、ルーターを買い替え、Wi-Fi環境も改善、パソコンも買い替えて、ドンドン備品が充実していきました。

さて、5月後半に緊急事態宣言が解除され、SMCグループも出勤OKとなりましたが、私はリモートワークを継続しています。そして、更にリモートグッズを充実させています。

200619_01

上の写真、左の椅子はゲーマーチェアーです。凄いですよ、レーシングカーのシートのように体にぴたりとフィットします。リモートワークで毎日8時間近く椅子に座っているのでこの椅子で腰痛解除です。さて、右の丸いライトは社労士法人とうかいの久野社労士と石黒君から私の誕生日祝いにといただいたライトです。とても明るいですが、大きすぎるかな。

200619_02
 
上の写真、パソコン画面の前にあるのがヘッドセットです。アマゾンでヘッドセットを購入しようとするとお値打ちなものはすべて売り切れでしたので何と6千円のものを購入しました。そして、パソコンの上にある黒い物体はi-phoneをつけるホルダーです。

私は1ヵ月のうち、先行経営の面談は基本的に24社ありますが22社はzoomで、1社がメッセンジャーで、そして残りの1社がface timeです。このface timeの時にこのホルダーを使います。 これらのオンラインシステムには一長一短がありますが、一番安定しているのがface timeですね。

さて、今後もリモートワークはずっと継続していくつもりなので快適なグッズがあればどんどん購入していきたいと思っています。

ところで世の中には変化を嫌う人間と変化の楽しめる人間がいます。世の成功者は変化を楽しめる人間です。新型コロナショック前には決して戻ることは出来ないのです。

今日の所感:変化を楽しみましょう。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
SMCグループが渾身の力を込めて運営している「キャッシュを増やすヒケツ」サイトを見てくださいね。
キャッシュを増やすヒケツ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正

「コロナ倒産」

// 2020-06-17 // 経営

テーコクデータバンクが6月1日13時30分までに「新型コロナウイルス関連倒産が200件に到達した。」ことを確認しました 200件を分析すると、都道府県別では「東京都」(43件)、「北海道・大阪府」(各17件)、「兵庫県」(13件)、「静岡県」(12件)の順で39都道府県で発生。業種別では「ホテル・旅館」(39件)、「飲食店」(24件)、「アパレル・雑貨・靴小売店」(16件)が上位を占め、負債額は5億円未満が全体の72.8%となっている。 

しかし、本当にコロナ倒産でしょうか?私は倒産の原因はコロナでは無いと思っています。ドラッカーは「現在の利益(資金)は将来の経費(資金)のためにある」と言っていました。これを言い代えれば「平常時の利益(資金)は緊急時のために貯めておく」と言って良いでしょう。平常時に少し利益が出たからといって節税したり、贅沢品を購入したりすれば資金が流出してしまい、緊急時に資金不足で困ることになります。

現在のコロナショックがこの緊急時なのです。私は言いたい、「何故、平常時に資金を蓄えていなかったのですか?」「三流会計事務所に唆されて、くだらない節税や贅沢品を購入していたのではないですか?」、資金を潤沢に持っていれば、コロナショックで2~3カ月ぐらいで倒産するのはコロナショックではなく、もともと経営内容が悪かった証拠です。

私は常に災害や非常事態などの緊急時に売上がゼロとなっても、人件費などを支払ってどれぐらいの期間持つのだろうかと考えながら経営をしています。以前、芝寿司の梶谷さんが東日本大震災の後「うちは売上ゼロでも3年は持つ」と言われました。この言葉を聞いて、事務所へ帰って決算書を調べてみるとSMCグループは2ヵ月しか持たないことが分かりました。

あまりの衝撃にもっともっと強い財務体質を作らないといけないと心に誓いました。それでも、現在でも売上がゼロだと6ヵ月しか持ちません。早くこの期間を1年以上にしたいと持っています。

今回のコロナショックで緊急時は資金が大事だと身に染みた方も多いと思います。是非、平常時にはこの本「大倒産時代の会社にお金が残る経営」(明日香出版社)を是非、読んでみてください。そして、あなたの経営の軸足を資金中心に変えてみましょう。

200617

今日の所感:緊急時に最も大事なのは資金です。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
SMCグループが渾身の力を込めて運営している「キャッシュを増やすヒケツ」サイトを見てくださいね。
キャッシュを増やすヒケツ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正

「After コロナ」

// 2020-06-15 // 経営

コロナショックでビジネススタイル・ライフスタイルが大きく変わりました。外食をしない、ステイホームで巣ごもり生活など、一変しました。

しかし、先行経営(MAS監査)で中小企業経営者と話をすると変化していない人が数多くいます。変化の中でじっと何もせず耐えていれば、元に戻ると信じているおめでたい経営者です。環境が変化しているのに自分だけ変わらなくて何とかなるのと思っているのです。

世間を見ていると飲食店でお客様が来ないのでテイクアウト食を低価格で提供しているのが変化をしない典型です。本人たちはテイクアウト食の提供でコロナショックに適応しているつもりでしょうが、全く変化していないのです。それはコロナショックが終息したらテイクアウト食を平気で止めて、元の来店型に戻るつもりなのです。

この姿勢には腹が立ちます。苦しいから小遣い稼ぎにテイクアウト食を作っているのです。さみしい限りです。

どうせやるなら、もっと品質の高いテイクアウト食をやるべきです。来店型で5000円の食事を提供していたならば、テイクアウト食も5000円相当(サービスが無いので4000円ぐらいかも)にして、来店と同質のテイクアウト食を提供することです。

テレビでやっていたのが「オンラインレストラン」です。一流のフレンチレストランが調理方法の書かれた紙と一緒に食材とソースを宅配で各家庭に送ります。そして、各家庭で調理をします。午後6時、zoomでオンラインレストランの開始です。シェフが料理の説明をします。そして、産地の農家の人もzoomに参加して作り手の思いを伝えます。更にピアニストもzoomで参加して演奏をします。これこそ、After コロナの典型ですね。

コロナショック前では考えられないオンラインレストランです。これを実行すれば、オンラインレストランの来店客は日本中、いや、世界中が市場になるのです。そして、店舗も従業員も必要ありません。

さあ、読者の皆さん、コロナショックでどのように変化しましたか? Afterコロナは変身した企業になっていましょう。

今日の所感:ダーウィン「強い者が生き延びたのではない。変化に適応したものが生き延びたのだ。」

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
SMCグループが渾身の力を込めて運営している「キャッシュを増やすヒケツ」サイトを見てくださいね。
キャッシュを増やすヒケツ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正

「コロナショックによる業績悪化」

// 2020-06-12 // 経営

4月、5月のお客様の業績を見ていて、あまり落ちていないとの印象を受けています。日経新聞の上場会社の業績を見ていると利益が4割減・5割減は当たり前、8割・9割減の会社も多くあります。

しかし、中小企業は飲食・スポーツジム・エステなど3密業種を除くと売上で1割から2割程度しか落ちていないのです。中には巣ごもり生活にマッチした業種では売上が伸びている会社もあります。

そして、やはり中小企業には三流アホ経営者が溢れているのが良くわかります。緊急事態宣言が解除されて、これから業績が回復するのではと期待している頭の中がお花畑のような経営者がいるのです。呆れかえるばかりです。中小企業の業績は上場会社より半年ほど遅れて悪化してきます。特に製造業や建築業は5月くらいまでは以前の受注残があったので何とかなってきましたがこれからは大変ですよ。つまり、中小企業の業績はこれから最悪状態を迎えるはずです。8月~12月ぐらいが底なのです。中小企業の皆さん、これからが正念場なんです。日本政策金融公庫、商工中金。民間の金融機関から可能な限り、資金調達をしておきましょうね。

そういえば、最近こんな問い合わせが多くあります。「うちの顧問税理士は資金調達や助成金の問い合わせをしても、返答が無い。」「忙しくて、対応できない。」などなどで困っている中小企業が多くあります。まあ、税金計算しかできない三流会計会計事務所が世の中には溢れていますので当たり前と言えば当たり前です。

言い換えれば、どのような会計事務所と付き合っているかで中小企業の明暗が決まるのです。 

そんな三流会計事務所と付き合っている中小企業の経営者の皆さん、資金で困ったら下記の相談窓口で相談してみてください。SMCグループの元金融機関勤務で中小企業診断士のスタッフが親身に相談に乗ります。

<SMCグループオンライン資金繰り相談窓口>

今日の所感:どんな会計事務所と付き合うかであなたの会社の命運が決まります。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
SMCグループが渾身の力を込めて運営している「キャッシュを増やすヒケツ」サイトを見てくださいね。
キャッシュを増やすヒケツ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正

「5月のある日の所感」

// 2020-06-10 // 経営

本日もリモートワーク(zoom対応)実施。午前、先行経営(MAS監査)1件:運送会社。コロナショックの影響は軽微な様子。特にSMCグループの先行経営を受け宿題で新規営業の取り組みをやってきたのでまだ大丈夫。しかし、4月以降は新規の営業面談ができていないので6月以降の売上は一気に減少する恐れがあります。そこで、一気に売上が下がったときの可能な限りの対応策を考えることを宿題にしました。更に対応策に優先順位をつけてどのような状況になったら、対応策を実施するのかを検討。

午後も先行経営1件:会計事務所。ここ数年、あまり新規の活動をしていないので売上は減少傾向。しかし、先行経営で新規獲得の努力をしているために何とか現状維持をしています。しかし。今後はコロナショックの影響がもろに出るため、確実に売上は下がりそうです。新規の税務顧問を獲得する複数案を実施する宿題を出しました。とにかく新規の営業活動は会計事務所といえども必須ですね。

午後17時から強運経営者塾ヒ組を行いました。下の写真の通り、参加者は13名でした。

200527_03

吉田松陰名言集の感想文発表、一倉定さんの経営心得実践事項2名発表、そして、経営心得の次の2項を私から解説。今回の塾では「平生」という言葉の話をしました。大切な客だけを特別扱いしているようでは経営者は一流になれない、誰でも分け隔てなく付き合うことをコンコンと言いました。大切な客だけを特別扱いする経営者は三流アホ経営者のですね。地場産業のアホ経営者はその者です。
そして、今宵もzoom懇親会です。参加者は10名です。

今日の所感:日々勉強している経営者は成長の余地がある。勉強していない経営者は三流アホ経営者への道をまっしぐら!!

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
SMCグループが渾身の力を込めて運営している「キャッシュを増やすヒケツ」サイトを見てくださいね。
キャッシュを増やすヒケツ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正

「FF」

// 2020-06-08 // 日常

今日6月8日は私の61回目の誕生日です。なんの感慨もありませんがね。
以前、丸仙化学の水野君から誕生日にいただいた「Fish Figure」がテレワークのために棚などの整理をしていたら出てきました。下の写真のように川魚10種がいます。

202008_01

さあ、この10種を一目見て、その魚の名前を言えたのはたった6種です。自称川魚釣り師としてはガッカリでした。
一度、figureを確認しながら魚種を見ていきましょう。まずは我々の釣りのターゲットからです。

200527_02

上の写真右からアマゴ(ただし、朱点が白点になっています、色の付け忘れ?)、イワナ、ヤマメ、イトウ、サクラマスです。この中でイトウだけを釣ったことがありません。イトウは北海道に生息していて最大で1メートル以上になる日本最大の川魚です。一生のうち一度は釣ってみたいものです。
さて、続いて、我々のターゲットではない川魚です。

200527_03

上の写真右からドジョウ、オイカワ、アユ、カジカ、ウグイ(マルタ)です。ドジョウは釣ったことはありませんが小学校の頃に抄ったことはありますね。オイカワ(土岐ではババカと言ってました)は手づかみで獲っていました。アユはまだアユ掛けをやっていないので釣ったことがありません。カジカは渓流釣りでたまに釣ります。ウグイは何度も釣ったことがあります。招かざる客ですね。
さて、このfigureを日替わりで下の写真のようにパソコンラックにおいて楽しんでいます。この日はサクラマスの日でした。

200527_04

恐らくウグイの日は永久に来ないでしょうね。
さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)