Archive for: 経営

「新刊 & キャッシュを増やす塾」

// 2019-09-11 // 経営

190911_01

今年の7月16日に明日香出版から出版した「大倒産時代の会社にお金が残る経営」を出版しました。この書籍の内容を私が講義して、参加者がディスカッションする塾が「キャッシュを増やす塾」です。2カ月に1回、東京八重洲で開催しています。(https://www.smc-g.co.jp/cash/)名古屋でも開催していますよ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回8月は塾生6名とお試し参加(初回は無料です)4名でした。この日の私の講義は「人件費は投資か? コストか?」でした。私の講義はいつも上から目線で強い口調で話します。聞いている人は叱られているように感じるみたいです。下の写真のように説教空手チョップも頻繁に炸裂します。これも熱意の現れですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さて、会社にとってお金は命です。お金が無くなれば、会社は潰れてしまいます。しかし、このキャッシュの重要性を知っている経営者が如何に少ないことか。この危機的状況を見て、私は「キャッシュを増やす塾」を開講すると共に「大倒産時代の会社にお金が残る経営」を出版しました。どちらも是非、体験してみてくださいね。

さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)

「東京第10期・名古屋第9期NO.1実践塾スタート」 

// 2019-09-09 // 経営

東京第10期NO.1実践塾スタートがスタートしました。6会計事務所が参加しています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

NO.1実践塾第1稿はMAS監査で最も重要な「商品定義」です。この商品定義を守らないために「何でもやりMAS」になってしまって、月額20万円や30万円だと言って「作業MAS」をやることになります。膨大な議事録を取ったり、資料作成の代行などをして20万円・30万円のMAS監査獲得などと言っているお目出度い事務所もあります。
そんな成果の出ない作業MASをやらないようにするために商品定義をきっちり決めます。
東京第10期には加藤忠男先生の事務所が何と6名で参加されています。何とかMAS監査で中小企業を良くしていただきたいですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして、NO.1実践塾の第1稿は各事務所がNO.1実践塾5回の期間に何件MAS監査を取得するかの目標設定をして、色紙に手形を押すイベントを行いました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さて、続いて、名古屋第9期NO.1実践塾です。名古屋は4事務所の参加です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

下の写真はこの5カ月でMAS監査を何件獲得するかを事務所ごとで相談しているところです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

このイベントもとっても盛り上がりますね。さあ、12月の最終回までに是非、目標を達成していただきたいですね。

さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)

「強運後継者塾 第6講」 

// 2019-08-28 // 経営

前回からの宿題が、現在の社長の良いところを30個ピックアップして、それを社長の前で読み上げることでした。塾生はこの宿題を嫌がっていましたが、やってみると意外と良い効果があったみたいです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上の写真は博石館の岩本君が宿題の発表をしているところです。
さて、今回の講師はエクシィズの笠井社長です。テーマは「挑戦者たれ」でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

笠井社長は20年ほど前に創業され、現在後継者に事業を引き継ぎつつあるところです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

笠井社長はSMCグループの先行経営を受けてから会社の業績が良くなったといつも言っていただきます。中小企業家同友会や商工会議所などでも講師をされ、先行経営の宣伝をしていただいているお陰で笠井社長の紹介で先行経営がドンドン増えていっています。
1時間40分の講義はあっという間に終わりました。とても、勉強になりました。
そして、最後は塾長である私の講話と宿題確認です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回の宿題は自分の将来年表を作って、それを現在の社長に伝えることです。この宿題も楽しみですね。
さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)

「チームTassei」 

// 2019-08-23 // 経営

7月29日に品川でチームTasseiを開催しました。今回の参加は37名です。下の写真は冒頭の私の挨拶です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

現在のチームTasseiはMAS監査勉強会で、①2カ月間の取組の結果報告 ②参加事務所事例発表 ③私の講義:この日はMAS監査の成果の出し方 ④この先2カ月間の取組 ⑤インターフェイスの樋口社長の講評 となっています。現在の参加事務所は27事務所です。
今回の参加事務所事例発表はSMCグループの美人菱刈です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

続いて、グル-プに分かれての取り組み発表です。しかし、MAS監査への取り組みをきっちりやっている事務所とやっていない事務所に分かれてしまいますね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

やはり、行動しない事務所は成果が出ませんね。そして、成果の出ない事務所は落ちこぼれていきます。行動しない理由は殆どが他責です。
 さて、最後はインターフェイスの樋口社長の講評です。いつも鋭い講評で流石、樋口社長です。
 そして、この後は同じ会場で懇親会です。最近は懇親会の参加が少ないのですが、私にとってはこの時間の方が有効のように思いますね。
さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)

「16歳で公認会計士になった男」 

// 2019-08-16 // 経営

7月22日は森均先生のやる気講座第3講でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

参加者は約30名です。今回もとてもやる気が出る講義でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

森先生は何百人の教え子がいるので様々なエピソードをお持ちです。その話を面白おかしくお話しされ、聞き終わってみるととっても元気になってやる気が出るのです。森先生の「やる気マジック」ですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

森先生は中卒の子を早期に育成して税理士や公認会計士の資格を取得させています。その中でもピカ一の速さが16歳で公認会計士試験に合格した長谷川君です。森先生自慢の若者です。現在は25歳で既に10年近くの実務経験があります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上の写真一番手前が長谷川君、そして森先生、私です。とっても素晴らしい青年でした。今は独立してコンサルタントとして生きていくそうです。とても楽しみですね。
さて、この日は森先生の行きつけの「まきの」での食事でしたが、私と丸仙化学の水野君が北海道で釣ったアメマスを料理していただきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

朴葉で素焼きにしてキノコ入りの味噌をつけて食べます。美味しかったですね。

さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)

「NO.1実践塾卒業式」 

// 2019-08-12 // 経営

3月に始まったNO.1実践塾も7月で5回目を迎え卒業式です。まずは名古屋第8期です。今回はMAS監査に関する悩み相談も行いました。 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上の写真、正面奥の右が私で左が怪しいQGMの渡辺です。
さて、卒業式です。下の写真は卒業証書を私からみらい経営の鬼頭さんと武田さんに渡しているところです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

続いて、石井会計の樋野津さん(下の写真右)が卒業証書を手に成果発表をしているところです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

名古屋第8期は4事務所参加で4事務所がMAS監査を獲得されパーフェクトでした。おめでとうございます。
さて、続いて、東京第9期です。ここでも悩み相談を行いました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

下の写真はA&Kさんに卒業証書を渡しているところです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さて、東京第9期は4事務所の参加でMAS監査獲得は3事務所で1事務所は留年となりました。
さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)

「強運人事塾 最終回」 

// 2019-08-05 // 経営

強運人事塾も最終回の第5講を迎えました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山口社労士と私のコラボ塾の強運人事塾も最終回になってしまいました。
山口先生は人事労務のトラブルについてお話を頂きました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山口社労士は人事労務のトラブル解決のプロ中のプロだと思います。そして、自己満足のパワポ資料もとっても良いですね。
そして、続いて私の講義です。私は経営者としてのあるべき姿を話しました。基本は社員から惚れられるような経営者にならなければならないことをお伝えしました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

言いたい放題言わせていただいた5回の人塾でしたが、とっても楽しく、しかも、有意義な塾でした。
今は労働者の権利が守られる経営しなければ社員の雇用すらできません。経営者は人事労務を勉強してどこまでがOKでどこからがアウト何のかをよく理解して経営する必要があります。
さて、次回は番外編の強運人事塾の打ち上げを強運庵で行います。
さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)

「強運後継者塾 第5講」 

// 2019-08-02 // 経営

強運後継者塾第5講を開催しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回は着物の尾東の元社長の吉本さんに講師をしていただきました。吉本さんは尾東を他人から事業承継をして、他人に事業承継をされた少し変わった経歴をお持ちです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

吉本さんの話はとても面白く楽しくわかりやすかったですね。
さて、塾長の私が毎回30分程度、講話をします。特に厳しく言うのは時間を守ること、約束を守ることです。5回のうち3回も懇親会をドタキャンしたりした塾生がいました。仏の顔も三度までです。この塾生を今回で首にしました。時間を守れず、約束もキャンセルするような後継者はどんなに教育しても無駄です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さて、吉本さんの講義終了後は質疑応答です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上の写真は超美人の広畑さんが吉本さんに質問をしているところです。広畑さんは勉強熱心で、将来はとっても素晴らしい経営者に必ずなります。
さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)

「10年ぶりの出版」

// 2019-07-31 // 経営

7月16日に10年ぶりの著書「大倒産時代の会社にお金が残る経営」を出版しました。

190730_01

今回は考え方が意気投合した白木智巳弁護士との共著です。何を意気投合したかというと著書の中にも紹介されていますが「税理士が決算書を読むことが出来ていたならば、倒産会社の60%は救われていた」と言うことです。
一般の人は税理士であれば決算書を読むことが出来ると思っています。ところが多くの税理士が決算書を読むことが出来ず、単に税金計算ばかりしているのです。だから、決算書を読むことのできない税理士に経営の相談をしたりするから会社がおかしくなるのです。
今回の新著でこの辺りを明確にしています。原稿段階では「決算書を読めない三流会計事務所が会社を潰す節税提案をし、税金を支払いたくない三流アホ経営者が節税対策をする」と書きましたが、流石に、明日香出版社の原稿チェックで「アホ」が獲られてしまいました。
下記のように日経新聞にもど真ん中に広告を掲載していただきました。

190730_02

さて、この書籍をドンドン読んでいただきたいと思います。是非、アマゾンや書店でお買い求めいただいて読んでくださいね。
そして、10冊以上をご注文の方は下記のチラシでお申し込みください。

190730_03

さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)

「久しぶりのSMCグループ事務所見学会」

// 2019-07-29 // 経営

今回の見学会は8事務所のご参加を頂きました。SMCグループの「e―ラーニング」「情報共有」、メインの「MAS監査」を見ていただきました。今回は「MAS監査」についてはSMCグループの卒業生 渡辺率いるQGMのスタッフニモ参加してもらいました。
まずは私と渡邉がMAS監査担当者の選択と育成について話しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

続いて、SMC/QGMのスタッフの失敗談の話のあとは、SMCグループの事務所を見ていただきました。事務所の説明は今年高校を出たばかりの響ちゃんです。少し詰まりましたが大きな声で素晴らしかったですね。超美人なので得ですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さて、次は今回のメインのMAS監査スタッフによるパネルディスカッションです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

パネラーは上の写真左からQGMの山田君、平野さん、安田さん、SMCの菱刈、詩央里、浅田です。コーディネーターは私です。パネラーには事前に10個の質問を渡して準備するように伝えてありましたが、その質問をその通りしたのではつまらないので、事前に無い質問をドンドンしてパネラーを困らせて楽しませていただきました。しかし、みんな多くのMAS監査を担当されているので発言に重みがあります。
さて、是非、NO.1実践塾に参加して、中小企業を良くするMAS監査を実践していただきたいですね。
さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)