「会計事務所仲間との勉強会」

// 2014-10-10 // 経営

 9月29日に東京中野のMAP経営の会議室を借りて「MAS監査事業化勉強会」を開催しました。主催者はSMCグループの私と今年SMCから独立したQGMの渡邉君です。

IMGP3974

 現在、SMCとQGMではMAS監査(先行経営)のお客様が100社以上あります。ところが全国の会計事務所でMAS監査を行っている事務所は多くありますが何故か事業化がうまくいきません。

私は今何位でしょう?
社長ブログランキング クリックして応援お願いします。

 我々が事業化できて他の会計事務所ができない理由を我々はわかっているのでそれを伝えるために勉強会を開催しました。当初10社目標に参加者を募集しましたが集まっていただいた会計事務所は7社でした。結構濃いメンバーでした。一番奥に座っているのがMAP経営の手塚さんです。私たちの勉強会を見学してもらっています。

984204_711352275611294_4041768061429095765_n

 テーブルを囲みながら勉強会が進んでいきます。事前に宿題を提出していただいていましたので議論が活発に行われていきます。

 第1回目は「MAS監査実施のための組織体制とMAS監査の商品定義」です。各会計事務所が事業化できない原因の一つに「MAS監査の商品定義」ができていないことです。これは大きな原因です。今回の勉強会で商品定義を真剣に考えていただきました。

 さて、勉強会終了後は大懇親会です。この懇親会も盛り上がりました。

 次回は「MAS監査の拡大方法」つまり、営業です。拡大方法が間違っているのも事業化できない原因の一つなんですね。

さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)

社長ブログランキングに参加しております。
応援していただける方はクリックお願いします。