「出版最終チェック」 

// 2019-06-12 // 経営

今年7月に出版する予定の書籍の最終チェックに大阪へ行ってきました。今回の出版は白木弁護士との共著です。

DSC_0104

大阪駅から歩いてロータックス法律会計事務所に到着です。午前10時にスタートして昼食をはさんで16時30分まで打ち合わせが続きました。

DSC_0101

今回、何故、白木弁護士と共著にしたかというと私は倒産する企業の多くはレベルの低い税理士と付き合っているからだと思っていたところ、元破産専門の白木弁護士も税理士のアドバイスが良ければ倒産しないですんだ企業が沢山あるとの見解を持っています。
「三流会計事務所と三流アホ経営者が中小企業を潰す」をテーマとして書いています。
書籍内容は白木弁護士は口で言うほど厳しい書き方はしていませんね。私は結構強烈に書いています。「B/Sを読めない三流税理士が節税提案をする、税金を支払いたくない三流アホ経営者がその提案を実行する」このような内容が連発です。しかし、弁護士と医者はよく似ていると痛感しますね。世間の感覚からのズレは相当ですね。
さて、原稿打ち合わせ終了後は梅田でお酒を飲みます。今回もかなえ経営のイケメン白木君と美人の芽衣ちゃんです。この2人は外見に似合わず意外に下品だから好きです。

DSC_0107

上の写真は梅田の韓国料理屋ですが、料理はそこそこにして、ハイボール・サワーの嵐です。何と、韓国料理屋の癖に白州ハイボールがあるではありませんか。記憶にないですが多分、20杯近く飲んだと思います。この2人と一緒にいると元気が出てやる気が起こってきます。最高の大阪出張でした。
さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)

社長ブログランキングに参加しております。
応援していただける方はクリックお願いします。