「小宮一慶氏との会食」 

// 2019-03-11 // 日常, 経営

東新町にある中華割烹「ひさだ」で小宮一慶氏と会食をしました。小宮さんの最近の著書「なれる最高の自分になる」を読んでみましたがとても分かりやすく面白い本でした。小宮さんにこの感想を伝えたら「面白い本と言われるより、ためになる本」と言って欲しいと言われました。ためになるかどうかはもう少し時間が経たないとわからないと答えました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「ひさだ」は中華なのに日本料理っぽい美味しさです。スタートは前菜です。クラゲや鴨料理など美味しい味付けで最高です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この日はスパークリングワインを飲んで、紹興酒、そして、山崎ハイボールを飲みました。下の写真はウニと白魚のスープです。これも最高です。中華料理のギトギトした油っぽさがなくあっさり飲めます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして、料理が変わる度に箸も変わります。中華料理なのに箸に凝っているのです。箸を見ているだけでも楽しめますよ。下の写真の箸はラメ入りで綺麗です。そして、先の3センチだけがラメ入りがなく通常の箸です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして、最後の杏仁豆腐です。ひさだの杏仁豆腐は最高ですよ。私は杏仁豆腐は嫌いですがひさだの杏仁豆腐だけは大好きです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)

社長ブログランキングに参加しております。
応援していただける方はクリックお願いします。