「夏のアマゴ」

// 2018-08-10 // 釣り

小坂へ渓流釣りに行きました。最近の渇水で魚の活性が低いだろうとの予測で厳しい釣りを想定しておりました。川へ行ってみるとそこそこ水があって行けそうな感じです。釣り始めると場所によって釣れる場所と釣れない場所が大きく分かれていました。しかし、7月ともなるとアマゴが瀬に出ていきなり餌を持っていきます。凄いパワーと迫力で最高です。下の写真が24センチと22センチのアマゴです。丸々と太っていて美味しそうです。刺身で食べられそうです。

0810_1

さて、川を変えて釣り再開です。次の川はあまり釣れないので、極秘釣法を実行です。すると釣れ出しました。下の写真のように綺麗な渓相のところで釣りをするのでリフレッシュできるのです。この水の中に何匹のイワナ・アマゴがいるかと想像するだけでワクワクします。

0810_2

この川で釣った魚が下の写真です。一番上が26センチのイワナです。2番目が22センチのアマゴです。よく太って美味しそうです。

0810_3

結局、イワナ10尾、アマゴ23尾が最終釣果でした。
さて、釣り終了後は恒例の強運庵で釣果を賞味します。まずは太ったアマゴの刺身です。昆布締めで食べます。

0810_4

甘くてとても美味しいです。
下の写真は炭火で焼くイワナ・アマゴです。備長炭の遠火で焼く塩焼きは絶品ですよ。

0810_5

今年は極秘釣法で大爆釣が続いております。私も仲間も尺越えをバンバン釣っています。8月・9月が楽しみですね。

さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)

社長ブログランキングに参加しております。
応援していただける方はクリックお願いします。