「恒例のイサキ釣り」

// 2018-07-13 // 釣り

毎年、6月・7月はこの時期旬のイサキ釣りに出かけます。今回も荒ますを貸し切って8名でイサキ釣りをしました。

0713_1

まずはトランプくじで釣り座を決めます。私は3番クジでしたので左前を選びました。結果論ですがこの日は後ろの席の方がよく釣れました。
イサキは2メートルぐらいの幅の中で泳いでいるのでこの層に仕掛けを入れなければ全く釣れないのです。幸いに私は第1投目からこの層に入れることが出来て釣れました。下の写真の通り、目がクリクリしていてイサキはとっても可愛いですよね。

0713_2

さて、順調に釣って行きますが後ろで釣っている山岸にはリードされています。それでも、よく釣れるので楽しく釣りながら焼酎ハイボールも進みます。2時間で10尾ぐらい釣りました。大きさも結構大きいです。強運庵での刺身が楽しみになってきます。

0713_3

結局、終了してみると8人で約200尾の大爆釣でした。私は25尾で平均値でした。
さあ、8名の釣り人と200尾のイサキとのショットです。

0713_4

さて、終了後は強運庵で釣果を賞味しました。まずは刺身、脂がのって最高です。小さめの魚は塩焼きです。そして、家へ6尾持ち帰って、昆布締め、刺身、そして、昆布・白ネギ・シメジ・生姜で酒蒸しにしました。というか、奥さんに作ってもらいました。
その後、4日間、毎日昆布締めを食べました。4日連続でも飽きないですね。
さあ、7月末にも再びイサキ釣りに行きます。今度はイサキの大物釣りです。

さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)

社長ブログランキングに参加しております。
応援していただける方はクリックお願いします。