「泊りの渓流釣り2日目」

// 2018-05-14 // 釣り

さて、4時に起きてM川へと向かいます。M川は急勾配で大きな岩があり小さなプールが連続するイワナが釣れそうな川です。ところが過去の経験上、イワナは全く釣れなくてアマゴしか釣れません。やはり、今回もアマゴだけでした。
さあ、釣り開始です。水野君はアマゴをバンバン釣って行きます。ところが私は全く釣れません。昨日も水野君はアマゴを多く釣ったのに対して私はイワナばかりでした。アマゴ釣り師の水野、イワナ釣り師の曽根という感じです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

結局、私は上の写真のようにアマゴ2尾でした。対する水野君は12尾で昨日の8尾の差を大逆転されました。
さて、川を変えてH川へ移動です。全く釣れないので別のM川へ移動です。この川で大爆釣をします。まずは堰堤横で竿を出します。コツッとアタリがあります。ここから怒涛の大連ちゃんです。私も水野君もバンバン釣れます。更に移動して下の写真の堰堤の上で釣ってもバンバン釣れます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

大きさは23センチのイワナ、22センチのアマゴをはじめに何とこの川で一気に20尾釣りました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

水野君が15尾でしたので2日合計で私が48尾、水野君が45尾で私の勝利でした。しかし、今回も二人で100尾には届きませんでした。
さあ、終了後は釣り仲間の長谷川君を呼んで強運庵で釣果を賞味します。刺身の昆布締め、塩焼き、唐揚げ、そして、前回の釣果の一夜干しを食べます。下の写真が一夜干しを囲炉裏の炭で焼いているところです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さて、楽しい泊りの渓流釣りも終了です。

さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)

社長ブログランキングに参加しております。
応援していただける方はクリックお願いします。