「新春大日落語会」

// 2018-03-07 // 経営

2月23日に今年初めての大日落語に行ってきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

場所もいつもの通り、世代交代をして料理も良くなり更にお値打ちになった松正です。

0307_2

さて、今回の噺家は柳家甚語楼師匠です。大日落語の主催者の山村君が東京まで見に行ってとっても良かったと言うことでお呼びした師匠です。前評判からとっても楽しみにしていました。
スタート前の司会の説明は高木県議の秘書か山村の秘書かよくわからない田島君です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

台本を読みながらもカミカミの司会でした。
さあ、落語スタートです。最初のさわりの内は写真をとっても良いとのことでしたので急いでブログ用の写真を撮りました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今までは二人の落語家が出られていたのに今回は一人だけです。そして、通常値段が安くなると思いきや高くなっているのです。ビックリです。そのために通常は2つの演目を話すところを柳家甚語楼師匠は何と3目も話していただきました。
落語終了後、今回も松正の料理と美味しいハイボールを飲みました。そして、毎回ゲットしている色紙を今回もゲットしましたよ。

さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)

社長ブログランキングに参加しております。
応援していただける方はクリックお願いします。