「トラフグ釣り?」

// 2016-12-12 // 経営

 11月26日に海釣りに出かけました。
5名で「荒ます船」を貸し切りました。ウタセエビでの真鯛釣りです。
乗船すると船頭から「一か八かの大物真鯛釣り」か「型は小さいが真鯛の数釣り」かどちらにすると聞かれました。
迷いに迷った挙句、数釣りにすることにしました。最初はなかなか釣れませんでしたが途中から結構釣れるようになりました。真鯛が3本針の仕掛けにダブルでかかることもしばしばありました。
私は最終的には20尾を超える釣果となりました。

 下の写真は午前11時ごろの私の水槽です。
一杯いますでしょう。水槽の中を良く見てください。真中より左に黒く太った魚がいます。上から見ているのでこんなに肥った真鯛はいません。

1212_1

 この魚の正体は「トラフグ」です。超高級魚の外道でした。
トラフグがかかった時は大きな手応えで大型真鯛と思っていましたが、途中から真鯛ではないと思いながら釣り上げてみると特大のトラフグでした。
何と3キロもあります。船頭が8千円はするぞと言われたので、近所の八百屋さんで捌いていただいて、刺身で美味しくいただきました。

1212_2

さて、最終的には5人で52尾を釣って大満足でした。下の写真中央にトラフグが乗っています。

1212_3

上の写真左手前が唯一の50センチオーバーの真鯛です。
でも、この真鯛は船頭が釣ったものでした。私の最高は40センチでした。

さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)

社長ブログランキングに参加しております。
応援していただける方はクリックお願いします。