「人の人相」

// 2016-09-23 // 経営

 初対面の人に会って、その人の「人となり」は大凡想像がつきます。
人の好い人は人の好い顔を、犯罪者は犯罪人なりの顔をしています。
何故、人相で人の人格まで想像できてしまうのでしょうか?
それは人の顔はその人の心を表わすからだと思います。顔はその人の心を表わすと共にその人が送ってきた人生そのものも表しています。

 ところが初対面の時の印象と実際に付き合ってみると違うことがあります。
でも、それは初対面の時の印象とは違う側面を見ることがあるだけです。初対面の時には想像もつかなかったとても良い面を見たり、逆に悪い面を見たりするだけです。
大凡の人格は初対面どおりです。私はその人の人格が初対面で8割方は想像がつくと思っています。

 その人相ですが、心を反映しているので心が変われば人相も大きく変わるはずです。
さあ、こまわり君で検証してみましょう。

0923_1

上の写真は2009年のモーニングセミナーでの写真です。
見苦しい茶髪、汚い髭、覇気もなく締まりもないぬめーっとした顔・・・
スピーチの内容は良かったですが顔はだめでした。

0923_2

上の写真は2015年のSMCのBBQの時の写真です。
私の次女の詩央里と写っています。

 髪の毛は少し薄くなりましたが黒色です、
髭もなく、スッキリしています。少し太っていますが人相が全然違います。
大きく心が変化したんでしょうね。
この6年の間にC-POWERも成長して、こまわり君も一人前の経営者になりました。この間に様々な苦労を重ねて心も器も大きくなったんでしょうね。

 さて、こまわり君に彼女ができ、結婚して、子供出来れば、さらに大きく成長して人オスも大きく変わるはずです。
これももう間近な予感。楽しみですね。
詳しくは・・・。

さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)

社長ブログランキングに参加しております。
応援していただける方はクリックお願いします。