「夏野菜の現状」

// 2016-08-15 // 経営

 5月のゴールデンウイークに植えた夏野菜がピークを過ぎて終盤を迎えています。

0815_1

夏野菜は上の写真のように強運庵と自宅の間の路地に植えました。
今はゴーヤの緑のカーテンでとっても綺麗です。

0815_2

 キュウリは上の写真の通り枯れてしまいました。
全盛期には1日4~5本のキュウリがなって、浅漬けなどで美味しくいただきました。

0815_3

 ナスは上の写真の通り枯れてはいませんが勢いは衰え、実も小さくなってきました。
でも、ナスも今年は多くなり、浅漬けなどで美味しくいただきました。

 今年の失敗はズッキーニとミニトマトでした。
ともに最初のころに少し採れただけで後は全くダメになってしまいました。

 さて、このお盆でもまだまだ勢いが良いのはピーマンとゴーヤです。

0815_4

 ピーマンは上の写真の通り、まだまだ白い花が咲いてピーマンの実は沢山成りそうです。
ピーマンは生でも炒めても焼いてもとても美味しいですよね。

 さて、問題のゴーヤです。

0815_5

 ゴーヤもまだまだ黄色い花を咲かせながら実もバンバン成っています。
一日5個以上のゴーヤがなって曽根家では毎食ゴーヤ料理です。奥さんからこのままではゴーヤになってしまうと苦情が出ています。
しかし、夏のゴーヤは夏バテ防止にとっても良いです。ゴーヤはゴーヤチャンプル、天ぷら、刺身、煮付けなどなどとっても美味しいですよね。
私は自宅ではたまにしか食べないのでとっても美味しく感じますけどね。

さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)

社長ブログランキングに参加しております。
応援していただける方はクリックお願いします。