「日の丸」

// 2014-03-17 // 経営

 『「日本」という言葉が「太陽の昇る国(日ノ本)」という意味から来ており、日本の国旗は太陽を模した赤い丸が白地の真ん中に書かれた物になっている。
645年の大化の改新以後、天皇による親政が行われる頃には朝廷行事において太陽を象った旗を使用するようになった。国旗として扱われるようになったのは江戸時代末期からで、明治維新後はそのまま明治政府に引き継がれ、明治3年布告の商船規則により「御國旗」として使用されるようになった。』とあります。世界の中で月や星を国旗に使っている国は多いのですが太陽を国旗に使っている国は少ないのです。

 さて、私は普段ブレザーの左の襟には誇り高きSMCグループのSMCバッチを付けています。(下の写真)

IMGP3233

 一方、右の襟には日の丸バッチを付けています。(下の写真)

IMGP3232

 日の丸バッチを付けていると面白いことがあります。

 まず、街を歩いていると私の右の襟を見て、日の丸バッチを確認すると私の顔を見ます。そして、その瞬間、私はその人の目を見ます。お互いの視線が合うとハッとびっくりしたような顔をして視線を必ず外します。そして、足早に去っていきます。

 一方、初めて会って、名刺交換をすると絶対に右襟に視線をもっていきません。恰も日の丸バッチが無いかのように振る舞います。今まで、初対面の人に何故、日の丸バッチを付けているのですかと聞かれたことが一度もありません。不思議です。

私は今何位でしょう?
社長ブログランキング クリックして応援お願いします。

 話は変わって、私の車はトヨタのマークXジオです。ジオの後ろにも日の丸シールが貼ってあります。(下の写真)ちなみに私の車の隣に少し写っている車は土岐内科クリニックの長谷川先生のビール瓶色のフェアレディZです。(ちょっとセンスが悪いですよ 笑)

IMGP3201

 これがまた面白いですよ。高速道路の追い越し車線を走っていて、後ろからベンツなどの高級車が猛スピードで迫ってきて、真後ろに付いた途端、すっと車間距離を取るのです。そうなんです。私の車の日の丸シールを目にした途端、やばいと思って離れるのです。何か変ですよね。

 まあ、いずれにしても、自国の国旗を見て、目をそらしたり、やばいと思う国民が日本人以外にいるでしょうか?

 私は何故、国旗を付けているのですか?と聞かれると日本が好きだからと答えます。でも、3年間の間に一度しか聞かれたことがないですけどね。

 なお、当然、祭日には玄関に奥さんが国旗を掲揚します。日本人だから当たり前です。

さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)

社長ブログランキングに参加しております。
応援していただける方はクリックお願いします。