「エストニア・ラトビア マイナンバー視察旅行 PARTⅡ」

// 2015-10-14 // 経営

3日目はエストニアからラトビアへの移動です。

飛行機で1時間もかかりません。

ラトビアはエストニアと違って、旧ソ連という雰囲気をかなり持っている国でした。

0929_2

さて、私が持っている印象ですが、日本のマイナンバー制度は、

どちらかといえば政府が国民の情報を効率的に補足して、一元管理するためにやっているように思います。

言うなれば、国民不在の政府のためのシステムという気がします。

ところがエストニアは、マイナンバー制度は国民のためにあります。

カード一枚で、何でもできるのです。

電車に乗る・銀行預金・図書館・医者・調剤薬局・お店での支払いなどなど、すべて一枚のカードでできる優れものです。

これであれば、国民は本当に便利でいいですよね。

そして、このカードにはマイナンバーが記載されていますが、他人に見られたりしても全く平気です。

PINやPWを知られなければ、カードのナンバーなんか知っていてもどうしようもないからです。

エストニアのガイドさんや、他の方々も私たちに自分のカードを見せて回していました。

しかし、今の日本はどうでしょうか?

マイナンバーを知られてはいけないと、全く無意味なセキュリティ対策を法律で要求しています。

マイナンバーが知られても全く関係ないのにね。

マイナンバーは、免許証の番号とほとんど変わらないはずです。

我々は、いつも証明するときに免許証のコピーを渡していますよね。それと同じです。

これは政府がマイナンバーリスクをすり替えているのです。

本当のリスクは、政府が構築するマイナンバーのシステムのセキュリティが最も重要なのです。

レベルの低いシステムを構築した韓国などは、既にハッカーに6割以上の情報が盗まれているといわれます。

これによって年金受給の成りすましなどの問題が起こっています。

個々人の、個別データなどを狙う者はいないと思います。

もっと大きなビッグデータを狙うはずです。

例えば、30代の女性だけの情報、60歳以上の人の情報、一手の病気にかかった人の情報などなど、

これらのデータは、一企業のサーバーに入ったところでほとんど意味がないのです。

政府のシステムに入ればあらゆるビッグデータがあります。

自分たちのリスクを押し隠して国民にリスクを押し付けて、さらに恐怖心や不安を先導している節もあります。

日本政府の誤魔化しに騙されてはいけませんね。

だからこそ、我々は冷静にマイナンバー制度に対処しなければなりませんね。

さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)

社長ブログランキングに参加しております。
応援していただける方はクリックお願いします。