Archive for: 3月 31st, 2017

「50センチの渓流魚ゲット」

// 2017-03-31 // 経営

3月は恒例の1泊2日で渓流釣りへ出かけました。岐阜県小坂です。
宿泊はいつも通り素晴らしいお湯がある奥田屋です。

初日は水が冷たく魚の活性が全く上がりません。でも、大きな淵で続けさまに大きなアマゴをゲットしました。少し痩せていますが何と25センチもあります。
その後、堰堤などでイワナやアマゴが釣れまあまあの釣果となりました。少しサビが入っていますが真中の大きな黒いアマゴが25センチあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これらの多くの魚を下の写真の堰堤下の淵で釣りました。綺麗でしょう。
堰堤は水のカーテンのようで素晴らしいです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

場所移動をして、どこで釣ろうか迷っている時、何故か小坂で成魚放流しているところで釣ってみようと思いました。今まで5年以上通っていて絶対に釣らない場所です。
でも、何故かこの日は誘われるようにこの場所で釣ることにしました。それが下の場所です。結構広い本流です。全く、アタリもなく今日はダメかなと思っていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

もうやめようかと思っていたとき、ぐ~ぐ~と強い引き、何事が起ったのか一瞬わかりませんでした。しかし、何か大きな魚がかかったことはわかりました。魚は上へ登って行きます。私とのパワーゲームです。しばらくの間膠着状態で、上にも下にも動きません。しばらくして、私の勝利です。魚が私の引きに負けて横に向きました。
大きな銀色の巨体にオレンジの色が見えました。あまりにも大きいので何故か「錦鯉」を釣ってしまったと思いました。一緒にいた水野君がニジマスで~すの一声で理解しました。何度か失敗しながら何とか岸に寄せて水野君のタモに50センチのニジマスを収めることが出来ました。下の写真が立派なオスのニジマスです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

早速、剥製にするように手配しました。半年後には強運庵でこのニジマスの雄姿を見ることが出来ます。

さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)