Archive for: 4月 8th, 2016

「ヒラメ釣り」

// 2016-04-08 // 経営

 3月26日に海釣りへ出かけきました。
十九田陶業の小島社長と丸仙化学の水野社長と一緒です。

この時期、本来は「手繰り釣り」をやります。
活きた小女子をつけて手繰って釣りをするのです。
しかし、今年は小女子が少ないため手繰り釣りはできませんでした。
そこで、今回も生きたイワシをつけてのヒラメ釣りになりました。

 ヒラメ釣りは坊主の可能性があるので、とてもプレッシャーがかかります。
さて、8時前から釣りをスタートして9時過ぎにはヒラメを1枚あげたのでプレッシャーからは解放されました。
下の写真58センチのヒラメです。肉厚はこの時期とてもありますね。

0406_0

その後、カサゴ、このいちなどを追加していきました。
11時過ぎに強烈な当たりがありドンドン引き込まれていきます。
大きなブリです。
ところが途中で外れてしまいました。
とても残念です。

 さて午後1時前、船頭から最後の一投の声がかかりました。
さて、最後の一投で今回も強運の私はやはり、大きなブリがかかりました。
ブリが泳ぎ回るために船に同乗しているほかの8人すべてを巻き込んでの釣りになりました。
何と、30分近く格闘し、船頭にも手伝っていただき84センチのブリを釣り上げました。
長さは過去に88センチを釣り上げていたので新記録になりませんでしたが多分超デブなブリでしたので重さは最高だったと思います。

0406_1

 さあ、海釣り終了後は恒例の強運庵で釣果を楽しみます。
ブリは水野社長に捌いてもらいます。

0406_2

上の写真を見てください。真ん丸と太ったブリを。
さて、水野社長に捌いていただいて、身はすべて刺身と昆布締めです。
内臓は焼いて食べました。

0406_3

上の写真手前がブリカマです。
あとはミノ(胃)、ハツ(心臓)、レバ(肝臓)、卵などを焼いて食べました。
ブリの内臓は牛より美味しいですよ。

さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)