Archive for: 8月, 2014

「船井総研で創業百年企業セミナー」

// 2014-08-06 // 経営

 7月25日、東京丸ノ内の船井総研で創業百年企業セミナーの講師をさせていただきました。船井総研のシニア経営コンサルタントの片山さんからお声をかけていただきました。当日は部品加工業経営研究会のメンバー30名強の方々を対象にお話をさせていただきました。

IMGP3700

 参加者の方々はメーカーの方が多く、どちらかと言うと職人タイプの方が多く大人しい人たちが多いですよと片山さんから聞いていました。昨年も片山さんから声をかけていただいて大阪の船井総研で機械工具商の方々を対象に創業百年企業セミナーをさせていただきました。片山さんからその時の参加者より今回は大人しい方々が多いですよと何度も聞いていました。恐らく前回よりテンションを落として話すように言われていると思っていました。

私は今何位でしょう?
社長ブログランキング クリックして応援お願いします。

 最初は少し大人し目にセミナーをスタートさせました。ところが15分もするといつも通りフルテンションに上がって「三流アホ経営者」「外車に乗るダメ経営者」「くず、かす、・・・・」などの暴言が連発していきました。

IMGP3704

 それでも、結構反応も良く楽しく話すことができました。セミナー終了後の名刺交換も多くの方々とさせていただきました。こんなに物事をハッキリ言う講師は初めてでしたと言われました。私はお褒めの言葉と受け止めていますけどね。本当は嫌味だったかも?

 さらに私の歴史に残る名著「自分の会社を100年続く企業に変える法」も10冊以上売れる大盛況でした。

 私も船井総研のコンサルを受け、会計事務所経営研究会にも所属していますがどの業種でも船井総研の会員企業のレベルはとても高いですね。

さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)

「マナー研修」

// 2014-08-04 // 経営

 7月23日と24日はSMCグループのマナー研修でした。講師は後藤千幸先生です。もう、後藤先生とは10年近くのお付き合いになります。当初は毎月、後藤先生の指導を受けていました。そして、ある程度のレベルになってから年1回のマナー研修になりました。後藤先生にはマナーの研修だけではなくマナーの指導ができる社員を育成して欲しいとお願いしてありました。現在ではマナーの指導者、SMCグループではSA(スマイル・アドバイザー)と呼んでいます。SMCグループには現在SAが5名います。

 下の写真はSAの菱刈、大野、小鹿の3名が後藤先生の厳しい指導を受けているところです。後藤先生は美人ですが、結構、恐ろしいところもあります。

IMGP3695

 さて、SMCグループではマナーのレベルの低い社員に対して、毎月ロープレをやってレベルアップをしていました。ところが最近はロープレをやらなくなっていましたら、やはりマナーのレベルが低くなっていきました。

私は今何位でしょう?
社長ブログランキング クリックして応援お願いします。

 さらに今年から私が別の部屋に移ってしまったためにさらにマナーのレベルが落ちていきました。挨拶の声が小さいどころか、何と挨拶もしない社員が出てきました。
これはSAはじめ、幹部社員が注意をしないどころか、その本人たちが挨拶をしなくなっているではありませんか。10年かけて築き上げたSMCのマナーのレベルも意識の低いSAと幹部社員の最低のマナーレベルでたったの半年でここまでマナーレベルが落ちるのかと驚きました。

 やはり、上に立つ者のレベルで組織が大きく変わることを実感しました。

 このレベルの低い社員たちを徹底的にロープレでマナーのレベルを上げるように指導していきたいと思います。

さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)

「歌舞伎初体験」

// 2014-08-01 // 経営

 7月21日、生まれて初めて歌舞伎を見に行きました。一生に一度ぐらい見ておこうと思って行った歌舞伎でしたが意外や意外、とても楽しく見ることができました。
人間国宝の中村吉右衛門を筆頭に中村芝雀、中村錦之介、中村歌六など豪華な顔ぶれの講演でした。

IMGP3691

 演目は「双蝶々曲輪日記」「三代目中村又五郎、四代目中村歌昇襲名披露口上」、「傾城反魂香」の3つです。時間にして三時間半。

私は今何位でしょう?
社長ブログランキング クリックして応援お願いします。

 歌舞伎は初めてなのでそれぞれの演目の内容は事前に予習をして臨みました。しかし、少し不安だったのでイヤホーンガイドを700円で借りて聞くことにしました。これはすごく良かったですね。特に「傾城反魂香」では感動で涙が出そうになりました。歌舞伎って意外に面白い。病み付きになりそうです。

 この歌舞伎は奥さんと二人で見に行きました。

IMGP3692

 会場の多治見市文化会館の会場に入ると歌舞伎に最も不釣り合いな男を見つけました。それは水野将也弁護士です。奥さんと奥さんのお母さんと来たそうです。でも、立派ですね。家族サービスをする水野弁護士は。ついでに私もね。

 奥さんとのツーショットを誰にとってもらおうか考えていましたが、ちょうど良かったので水野弁護士に撮っていただきました。

 一生に一度の歌舞伎のつもりでしたが、また、行きたくなりました。機会があれば次も行きますよ。

 歌舞伎の後は奥さんと志ば仙で美味しいご馳走とお酒をいただきました。

さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)