Archive for: 釣り

「飛騨川水系で渓流釣り」

// 2017-08-07 // 釣り

7月22日飛騨川水系の川へ渓流釣りに出掛けました。さあ、早朝4時過ぎに到着しましたがまだ少し暗いので20分ほど夜明けを待って準備をします。

川へ降りて釣り開始です。私は川を下って釣ります。開始早々イワナがバンバン釣れます。しかし、川を上った同行の2名は何故か全然釣れません。上りはかなり攻められていて魚が擦れてしまったかも?さあ、同行の十九田陶業の小島社長がカエルの写真を送ってくれました。可愛いですね。

untitled

下の写真は滝の前で釣っている私です。渓流釣りは1石4鳥です。釣って楽しく、食べて美味しく、川のせせらぎでリラクゼーション、ハードな沢登で運動になるという優れものの趣味です。

untitled

上の写真は滝の前で釣りをしている私です。とっても綺麗でしょう。さあ、この川での釣果はイワナ11尾でした。6尾が25センチ以上という大イワナが釣れました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

川を変えて、大きな淵で釣り開始です。超渇水状態なのでイクラを巻きまくって魚の活性を上げます。それでも、なかなか釣れません。更にイクラを打ちます。すると大きなアタリが来ました。久しぶりのアマゴです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この淵では24センチのアマゴと20センチのイワナを釣ってこの日は納竿しました。

 

さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)

「若狭で1泊2日の海釣り」

// 2017-07-26 // 釣り

7月15日・16日と若狭で1泊2日の海釣りをしました。船はマルイ不動産のコアラ社長のクルーザーです。まずはアジ釣りをして、その活きたアジで泳がせ釣りをします。泳がせ釣りでブリ、大真鯛、ヒラメなどを狙います。

最近不調だったアジを大量に釣ることが出来ました。

0726_1

アジ釣りの後は少しキス釣りで遊んで、陸に上がって昼食のバーベキューです。

0726_2

昼食にはサザエやアワビの刺身で食べました。絶品でした。

0726_3

上の写真左からマルイ不動産の関連会社REの大野さん、私、東濃信用金庫元専務の松本さん、丸仙化学の水野社長で、写真を撮っているのがコアラ社長です。水野社長は釣りたてのキスの天ぷらをフライパンで揚げているところです。これも絶品でした。

午後からは泳がせ釣りで大物を狙います。

活きアジで泳がせ釣り開始です。最初のうちは全く当たりがありません。ところが30分ほどして怪しい動き、活きているアジが暴れています。アジの近くに大物が近寄っている証拠です。そして、いきなりド~ンと竿が引き込まれます。素早く合わせて巻き上げます。上がってきたのは45センチの超高級魚あこうです。ハタの仲間で刺身が絶品の根魚です。

0726_4

二日目もほぼ同じ工程で釣りをしました。結局、2日間で大物はあこう3尾という今一の釣果でしたが、二日間釣り三昧でとっても楽しみました。

そして、多治見に帰ってきたら当然、強運庵で釣果を楽しみます。下の写真には大野さんの手にはアジがいます。これも塩焼きで食べます。

0726_5

 

さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)

「大イワナ釣り」

// 2017-07-17 // 釣り

大イワナを釣るために小坂へ行ってきました。早朝1時半に起きて小坂に着いたのが4時過ぎ、着替えて釣り場まで移動して5時ごろから釣り開始です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上の写真の通り、前日の雨で火山灰が入って川が少し濁っています。水量も多く大爆釣の予感です。さて、やはり、一投目から水野君が大きなイワナを釣りました。それ以降もバンバン釣れます。

途中であまりにもビグが重くなってきたので少しでも軽くするために鰓と内臓を出すことにしました。この時点で既に12尾(水野君は11尾)です。
8尾が25センチ以上です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

続いて釣り開始です。相変わらずバンバン釣れます。あまりの大きさに糸が痛んで切れることもしばしばありますが釣れ続けます。

またまたビグが重いので鰓と内臓を取ります。私は新たに12尾追加しまして合計24尾(水野君は18尾)です。もう、ビグが一杯でイワナが入らなくなってきました。しかし、これが釣り師の性で、またまた釣ってしまいます。

でも、あまりにも釣れるのでなかなか魚止めまで到達しないし、ビグも一杯なので途中でやめることになりました

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

更に上の写真の通り4尾追加で私は合計28尾、水野君は24尾で私の勝利でした。
しかし、この日最大の29センチのイワナを釣ったのは水野君でした。

本当に大きなイワナばかりで20センチくらいの塩焼きサイズが52尾中5尾しかいませんでした。23センチから25センチが8尾、残りの39尾が25センチ以上でした。驚きの川です。

さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)

「再び渓流釣りで滝」

// 2017-06-26 // 釣り

森塾で来た滝を目指して再び来ました。森塾の時より水が少なかったので、釣れないのではないかと心配のスタートでした。

さあ、スタートです、第一投目、イワナが早速、かかりました。バラしてしまいましたが魚影の濃さに確信しました。ホッとしました。

ドンドン釣り上がってきます。バンバン釣れます。しかも、大きなイワナばかりです。餌が豊富なんでしょうね。早朝4時半スタートで11時半まで7時間釣りました。魚止めの滝です。5日前より滝の水量も減っていましたが本当に綺麗です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

釣果は下の写真の通り、イワナ17尾です。左の一番上から尺イワナ、28センチ、27センチ、27センチ、26センチの大イワナです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

下の写真が尺イワナで~す。このイワナも剥製にして強運庵に飾ります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さて、渓流釣り終了後は強運庵でイワナ料理を食べます。丸仙化学の水野社長の調理です。下の写真は水野社長が釣った29センチの大イワナの昆布締め刺身です。とても分厚く超贅沢な刺身です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回初挑戦の「やました」でみたイワナの鱧風、湯引きお吸い物と刺身です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

鱧は脂が乗っても味は癖がないですが、イワナの湯引きはイワナ独特の味がしてとっても美味しかったです。この他、イワナの塩焼き、ムニエルと堪能しました。

さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)

「絶不調の海釣り」

// 2017-06-12 // 釣り

今年2月にスタートした海釣り、月に1回のペースで海釣りをしています。今年はブログにアップできる釣果がありません。
4月も調子が悪く、25センチぐらいの真鯛2枚とガシラ1尾でした。あまりの貧釣果のため市場でマダカと石鯛を買って強運庵で食べました。

5月の海釣りはリベンジを誓ってイサキ釣りに出かけました。1時間ほど全く当たりがありません。でも来ました、1尾目のイサキです。下の写真の通り、丸々と太ったとっても可愛いイサキです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さあ、やる気が出てきました。ところが続きません。この後、チャリコを1尾釣って終了となってしまいました。

この日もまたまた市場へ寄りました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上の写真は水野社長が購入した5千円の石鯛が強運庵のまな板の上に乗っているところです。昨年12月に真鯛の大爆釣300尾を釣って以来、海釣りの女神に見放されてしまいました。釣り過ぎたのかな?

さて、翌日はイワナ・アマゴ・真鯛の燻製を作りました。手前2尾が前日釣った真鯛です。ネットで水分を飛ばした後、燻製器で燻します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

下の写真も水分を飛ばすために干している沢庵です。沢庵の燻製を「いぶりがっこ」というそうですが、これが本当に絶品なのです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

出来上がった「いぶりがっこ」は強運経営者塾の塾生と強運庵で堪能しました。

 

 

さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)

「福井で渓流釣り」

// 2017-05-31 // 釣り

今回の渓流釣りは少し遠出をして福井へ行ってきました。午前1時半に起きて2時出発です。九頭竜川の支流に到着したのが4時40分、さあ、準備して釣り開始です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

新緑の中、水も綺麗でとっても気持ちが良いです。まずは22センチのイワナをゲットです。最初は釣れましたが後が続きません。そして、大きな淵へ来ました。ここで、いつもの秘策でトライしました。すると26センチのイワナを筆頭に何と4尾のイワナをゲットしました。

その後、ボチボチと釣れて、堰堤前で大格闘の末に28.5センチのイワナをゲットしました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

4時間ほど釣って、この川は終了です。イワナばかり、11尾ゲットしました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

次に近くの支流に入りましたが全く当たりもなく大きく川を変えます。福井から峠を越えて岐阜県側に入って長良川の支流に入りました。ここは多くの釣り人が入っているハイプレッシャーの川でした。ここでも秘策で次々とイワナを釣りました。

下の写真はこの川の最後の淵です。茶色い岩がとても印象的です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この川もイワナばかり7尾を釣りました。この日はイワナばかり18尾釣って終了です。18尾はすべて20センチ以上でまあまあの釣果でした。

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)

「雨の中の渓流釣り」

// 2017-05-22 // 釣り

5月13日今年初めての雨の中の渓流釣りへ出掛けました。今回は丸仙の水野社長ではなく長谷川君との釣行です。事前に雨が降ることがわかっていたので、とても楽しみにしていました。何故なら、渓流魚は雨が降ると活性が上がって大爆釣の可能性があるからです。ところが当日、気温が前日より10度も下がるとっても冷たい雨のために全く活性が上がっていませんでした。一時間釣っても坊主です。でも、雨が降っても新緑がとっても綺麗です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そんな中で大きな堰堤へ来ました。ここで、いつもの極秘釣法でトライをしてみます。するとミミズでは全く沈黙の大淵でド~ンと大きなアタリ!!釣り上げてみると28センチの大イワナ、続いて22センチのアマゴ、パニックになったイワナ・アマゴが次々と釣れます。結局、この淵だけで13尾釣り上げました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上の写真がその釣果です。
下の写真、ど真ん中の魚が28センチのイワナ、すぐ下が20センチのアマゴです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

気分を良くして釣り再開です。少し気温が上がってきたのかボツボツ釣れ出しました。

流れが弱い所では魚に見切られながら、ボツボツ釣ります。チビアマゴが多い中、たまに20センチ超のパワー満点のアマゴが引きの楽しさを味合わせてくれます。

そして、またまた堰堤です。小さな淵ですが今回はミミズで大きなアタリ、2度、外した後3度目のあたりで大格闘の末、釣り上げました。前の28センチのイワナより大ファイトでした。しかし、計測してみると26センチのイワナでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上の写真、上から26センチのイワナ、下2尾は22センチのアマゴでした。雨の中、厳しい釣りでしたが最終的にイワナ7尾、アマゴ22尾でした。さて、長谷川君の釣果は?長谷川君の名誉のために発表は控えさせていただきます。知りたい人は直接長谷川君に聞いてみてください。

さあ、今日もツイてツイてツキまくり、大成功するぞ!!
西田文郎先生を師と仰ぐ 強運会計士 曽根康正
(私は「西田会」の会員です!!)